スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)
[Edit]

NEC A-10Ⅱ

NEC A-10 TypeII プリメインアンプ メーカー希望小売価格¥109800(税別) ヤフオク中古価格2-4万円程度 発売1984年

オリジナルA-10でオーディオ界の度肝を抜いたNECが、コスト上の問題から?早々にモデルチェンジして登場した二代目。外観はほとんど同一。

しかしそれでもなお、重量を見てもわかるように価格からは驚くような物量。省略された部分と強化された部分が出てきて、それによる音の変化はマニア間でも意見が分かれるようです。

トランスは3個から2個に、リザーブ電源からリザーブⅡ電源へ、など。

音の評価は最も重視される長岡鉄男のものを見ると、「鉄槌で叩きつけるような力ではオリジナルが上だが、総合的には本機の方が上回っていると思う。」「オリジナルにあった硬さ、ぎこちなさがとれて艶と色気がでてきた。」とありますが、マニアは初代を好んでいるようです。

それは中古価格にも現れていて、初代よりは明らかに安い傾向があります。

音の好みが合うなら初代よりこちらもありなのではないでしょうか。

いずれにしてもメンテは大変でしょうから、誰にでも安易に薦められる機種ではないかもしれません。



ヤフーオークション NECのアンプ

A-10 TypeIIおもな仕様
実効出力(両ch駆動、正弦波連続出力、20Hz~20kHz)
120W+120W(4Ω) 60W+60W(8Ω)
消費電力 230W
外形寸法 幅430×高さ150×奥行430mm
重量 24kg

スポンサーサイト
[ 2011/04/12 20:28 ] ★アンプ NEC | TB(0) | CM(0)
[Edit]

NEC A-10

NEC A-10 プリメインアンプ メーカー希望小売価格¥99800(税別) ヤフオク中古価格10万円以上(完動メンテ品の場合) 発売1983年

発売当時、業界で話題になり、いまだに伝説的名機として語られる機種。

CDの発売に合わせ、CDプレーヤーでオーディオ業界に突然参戦したNECが、今度はCD時代の新たなアンプ像を提示すべく投入した驚くべき意欲作。

独創的な電源、新開発のリザーブ電源を核に、現在の同価格ならありえない物量と音で衝撃を与えました。この価格でこのパワーリニアリティを見るだけでも只者でないことはわかります。

当時としても破格の値付けで、赤字になるから早々に初代をやめ、二代目に移行したとのこと。

いわゆる長岡教徒の好む、ハードでシャープでダイナミック、目の覚めるような切れ込みとパワーという方向の最右翼のひとつとされます。

二代目以降はより繊細でおとなしい方向らしいですが、それを改善と見るか、後退と見るかでも違います。ただ、長岡鉄男も初代だけを誉めているわけではないです。

マニアは初代を求めるようですが、なかなかヤフオクには出ず、しかも古いのでメンテも大変なようです。メンテされた機体も出ます。価格はあきらかに二代目以降より高い傾向。メンテ品だと10万円を超えます。

プリ、メイン独立使用可能なので、便利。



ヤフーオークション NECのアンプ

A-10おもな特徴・仕様
新開発のリザーブ電源を搭載
MCヘッドアンプを搭載
プリアンプ部とパワーアンプ部を独立使用可能
実効出力(両ch駆動、正弦波連続出力、20Hz~20kHz)
120W+120W(4Ω) 60W+60W(8Ω)
消費電力 230W
外形寸法 幅430×高さ150×奥行430mm
重量 20kg
[ 2011/04/12 20:01 ] ★アンプ NEC | TB(0) | CM(0)
[Edit]





上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。