スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)
[Edit]

LUXMAN C-10

ラックスマン C-10 プリアンプ メーカー希望小売価格\1,200,000(税別) 発売1996年

モノラルパワーアンプM-10とペア想定の当時の同社最高級プリ。

同社がスーパーアルティメイトアッテネーターと呼ぶ大規模で高精度なボリュームを積んでいるのが最大の売りでした。

58ポイントの固定音量をそれぞれ独立した抵抗分圧回路で設定、高精度な456本の固定抵抗を切り替える4連スーパーアルティメート・アッテネーターによるボリューム。

バランス構成のCSSC(Complementary Single Stagger Circuit)回路を採用したバランス入力重視設計。NFBの一種である独自のODβ回路を採用。電源部にはハイイナーシャ電源を採用。多くのカスタムパーツを採用。各部を完全シールド構造にして各回路ブロックをレイアウトしたり、剛性の高いシャーシ構造など、高級機に相応しい内容。アルミ削り出しのフロントパネルを採用し、シーリングポケットを持つ外観も高級機のもの。

ラックス方式のNF型トーンコントロールを採用して、音質調整も可能に。フォノは積まず、リモコンはなし。

入力はコアキシャル6系統とバランス2系統、出力はコアキシャル2系統とバランス2系統を搭載し、RCAでもバランスでもバイアンプ駆動可能。バランス入力で生かしたほうがいいのでしょうね。

近年の高級オーディオのボリュームの作り方とはまた違うものですが、今ではしないような物量攻勢であることは、今にはない存在意義があるかもしれません。現代的にはリモコンがないのが惜しい。周波数特性がスペック上ではハイレゾの高周波に対応していないかのように見えますが、測定条件にもよるのでしょうか。

下記記事にもありますように、ボリュームは早くまわすとガリが出ることがあるのは仕方がないようで、故障や劣化ではないようです。

ヤフオク中古取引例:価格・入札・日付・状態(ジャンク明記以外動作品)
312,111 円 57件 13年11月23日 某オーディオ店にて、約1年前メーカー修理を終えたばかりの品を購入した商品です。目玉のVolにて、早く回転させると多少のガリが出ます。ゆっくりと回せば問題ありません。購入時にメーカーに確認しましたが、「早く回すとガリが出るのは仕方ない。」との回答でしたのでそのまま現在まで使用しておりました。


ヤフオク LUXMAN (プリアンプ)のオーディオ機器
スポンサーサイト
[ 2014/01/25 18:52 ] ★アンプ LUXMAN (プリアンプ) | TB(-) | CM(0)
[Edit]

LUXMAN C-1000

ラックスマンのプリアンプ メーカー希望小売価格¥200,000(税別) 発売1975年

トランジスタ方式のプリ。イコライザー部にはカスコード・ディファレンシャル・ダイレクトカップル方式を採用するなど、フォノ部を充実。ディフィート可能なトーンコントロール機能つき。専用ウッドケースが別売りでありました。

同時期発売の同社パワーアンプはM6000、4000、2000などがありました。

同時期のパワーアンプに比べて出品が少なく、動作品も少ないように感じます。

2chから:オーディオもうやめようかな・・・
120 : 名無しさん@お腹いっぱい。[sage] 投稿日:2006/10/30(月) 20:35:19 ID:P4+pafeJ [1/1回]
>>111
いつの間にか、
ADPとフォノイコ以外、洋モノになってしまったオレだが、
たとえばCDPにEsoのP03+D03、ついでだから+G0S、
AMPはLuxのC1000+B1000、
SPはTAD・・・と書きたいとこだが、
ちょっと好みに合わなかったので、
聞いたことはないがVictorのSX-L9、
(値段は見劣りするが、今どき密閉にこだわったところを評価)
あたりの組み合わせで聞いてみたいところだ。

ヤフオクでの実際の取引例:価格・入札・日付
17,280 円 41 12年11月28日 ジャンク品です。電源ケーブルが欠品しています。
23,000 円 26 '12年11月11日 残念ながら音が出ませんでした。★プリアウトからの出力は確認出来ず、REC OUTからは右チャンネルのみ出力されました。

ヤフーオークション ラックスマンのプリアンプ


[Edit]

LUXMAN C-5

ラックスマン C-5 プリアンプ メーカー希望小売価格¥270,000(税別) 発売1997年

同社プリアンプの最廉価品(当時)。ペアを想定したパワーアンプはM-5(25万円)。

当時としては珍しい廉価なセパレートアンプでした。今ではそうでもないのですが、当時はピュアオーディオのセパレートで50万円程度のものはあまり例がなく、「安物」くらいの感覚の時代でした。

それがいまやラックスでさえ、PCオーディオにも対応したセパレートアンプをこれよりはるかに安価で販売。時代は変わりました。

当時はあまり人気がなかったようで、あまり中古ではみかけません。フルサイズの立派な外観はならではなので、その大きさも含めて、同社のセパレートの中古をそう古くない機種でそろえてみたい人などに。リモコンもあり便利。

ラックスではまだ修理も対応してくれています。

ヤフーオークション ラックスマンのプリアンプ



バランス入力対応のダブルSSC回路
大型トロイダルトランス搭載
MM/MCのフォノ入力
入力:アンバランス(RCA)4系統、フォノ1系統、テープ入出力2系統、バランス(XLR)2系統
出力:アンバランス(RCA)2系統、バランス(XLR)1系統
サイズ W(幅) : 467mm  H(高さ) : 187mm  D(奥行) : 435mm
重量(kg) 15.0kg

[Edit]

LUXMAN C-800f

ラックスマン C-800f プリアンプ メーカー希望小売価格¥1,000,000(税別)  発売2007年10月

フラグシップC-1000fに次ぐ位置にある同社の高級プリ。C-1000fの開発を通して獲得した数々の技術を惜しげもなく投入したという触れ込み。後発ゆえのメリットということもあるでしょう。

増幅帰還回路ODNF2.4と一体化したお得意の電子制御アッテネーターLECUA1000-WMシステムをフルバランス構成で4基搭載しているのが特徴で売り。

ペアが想定されるパワーアンプはM-800A。もちろん他流試合で楽しむのも。高品位な専用電源ケーブルJPA-15000が付属しているのも魅力。もっと上があるとはいえ、十分ハイエンドクラスの高級機です。ただ、シンプルな機能なので、多機能を求める人には向きません。ただし、バイアンプモードはあり。これはC-1000f、C-800f、CU-80にあり、C-70f、C-600fにはないもの。ハイエンドユーザーには重要な機能でしょう。

ボリュームの最大減衰量が-71dBであることを残念だというレビューがカカクコムにありました。ちなみにC-8fは-120dB近辺、CU-80は-99dB、とのこと。-99dB、-∞の予定だったが回路、音質の関係上そうなったとのことです。

さて、ヤフオクでは2012年に
422,000 円 3 1月30日
で実際に取引がありました。ショップの下取り品ということでした。ですから動作、付属品ともに安心できるものと思われます。

ヤフーオークション ラックスマンのプリアンプ



[Edit]

LUXMAN C-600f

ラックスマン C-600f プリアンプ メーカー希望小売価格¥525,000(税込) 発売2007年11月

中級プリ。2007年にあらたに3桁番号になったプリアンプシリーズ3機種の末弟。C-70fの後継機。

同社としてはローエンド。一般的には中級でいいでしょう。

デザイン一新。色はシルバー系ですが、すっきりした外観に。より未来的な感じでしょうか?

内容は「ODNF回路 Ver.2.4」を搭載、またお得意のLECUAから、「LECUA1000」をコンパクト化した「LECUA1000-WM」搭載。

回路の基本は上位と同様で、違いは、800fに比べ筐体をシンプルに、端子部をカッパーアロイから通常のものに変更したのが主な違い。

外観からはわかりにくいですが、トーンコントロールを装備。ほかにも意外と多機能。

ペア想定のパワーアンプは同価格でステレオタイプのM-600A。



ヤフーオークション ラックスマンのプリアンプ

C-600fおもな特徴・仕様
ODNF回路 Ver.2.4
電子制御による固定抵抗切替型の音量アッテネーターとODNF方式のアンプ回路を一体化したLECUA1000-WM
出力モードの切り替えや、トーンコントロールなど
高音質カスタムパーツ
グラデーション鋳鉄製インシュレーターレッグ
周波数特性:20Hz~20KHz(+0、-0.1dB)、5Hz~116KHz(+0、-3.0dB)
S/N比:アンバランス:123dB(IHF-A)、バランス:120dB(IHF-A)
入力:RCA×5+REC、XLR×2
出力:RCA×2+REC、XLR×2
付属機能/リモート出力(2系統) ラインフェーズ・センサー
消費電力/21W
外形寸法/W440×H117×D407mm
重量/13.0kg
リモコン付属
[Edit]

LUXMAN C-70f

ラックスマン C-70f プリアンプ メーカー希望小売価格¥472,500(税込) 発売2003年8月

C-7fからのモデルチェンジ。パネルがシャンペンゴールドからブラスターホワイトへ変わり、型番も1桁から2桁へと変更になった時期のモデル。

といっても2桁のモデルはこれだけで、次からは3桁になりますが。

内容的には、ボリューム部をLECUAに、アンプ回路部がODNFVer2.2に変わったことが大きな違い。

当時、C-7fを本機相当にバージョンアップするサービスを行っていましたから、基本設計に大きな違いはないものと思われます。

しかし、LECUAの違いは大きいのではないでしょうか?

中級機にしては立派に見える外観も魅力。



ヤフーオークション ラックスマンのプリアンプ

C-70fおもな特徴・仕様
新開発の高純度・高音質アッテネーターLECUA
ODNF回路はVersion2へと進化した最新仕様
カスタムメイド・パーツ
70μ厚銅箔・FR-4基板
全高調波歪率:0.005%以下1kHz(定格) 
周波数特性:20~20kHz(+0、-0.1dB)、10~100kHz(+0、-2.2dB) 
SN比:119dB以上1kHz(IHF-A)
トーンコントロール、バランスコントロール、ストレートスイッチ
入力:RCA×5、XLR×2、REC:RCA×2
出力:RCA×2、XLR×2、REC:RCA×2
外形寸法/W467×H187×D435mm
重量/22.0Kg
リモコンなし


[Edit]

LUXMAN C-9

ラックスマン C-9 プリアンプ メーカー希望小売価格¥780,000(税別) 発売1997年

当時の最高級機、C-10をできるだけ継承した弟機。

C-10の特徴・スーパーアルティメイト・アッテネーターをもとに開発されたアルティメイトボリュームを採用。

リモコン、ヘッドホン端子はなし。ライン入力専用。

トーンコントロールはあります。

回路、ボリュームなど当時としては最新でしたが、このあともかなり改善してきたので、古い感は否めません。

このあとバージョンアップし、有償でのバージョンアップサービスも行われていました。



ヤフーオークション ラックスマンのプリアンプ

4連ユニット・アルティメイト型ボリューム
CSSC回路
ODβ回路
ハイ・イナーシャ電源
高級カスタムパーツをふんだんに採用
大質量FRPベースによる高剛性コンストラクション
アルミ削り出しの特厚フロントパネル
入力:RCA6系統、XLR2系統
出力:RCA2系統、XLR2系統
外形寸法 :幅467×高さ187×奥行475mm
重量 22.0kg
消費電力 38W(電気用品取締法)
[Edit]





上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。