スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)
[Edit]

ESOTERIC D-07

エソテリック D-07 D/Aコンバーター メーカー希望小売価格¥300,000(税別) 発売2009年 ヤフオク中古価格15万円程度

同ブランドの単体DACとしては最も廉価なクラスながらも、32ビットDACを搭載し、なおかつUSB-DAC機能なども備えた多機能・高性能機。2012年に同価格で後継機、D-07Xが発売されたため、その時点で生産完了。

旭化成エレクトロニクスの32ビットDAC「AK4392」を搭載し、デジタルフィルターやΔΣモジュレーターも含めて32ビット演算するのが基本的な特徴。さらに、USB接続により、最大96kHz/24bitまで対応するPCオーディオ用USB-DAC機能も大きな特徴。エソテリック「P-05」との接続によりSACDの伝送にも対応(XLR端子)。デジタル・アナログともに、デュアル・モノ構成

PCMをDSDにコンバートするフォーマット変換機能やPCMアップコンバート機能(2倍/4倍)、2種類のデジタルフィルター切り替えなど、豊富なデジタルプロセッシング機能も。

さらに、ワードシンク機能やワードシンク機能を持たないデジタル機器からの入力に対して効果的にジッターを低減する2nd PLL機能なども装備。このうえで、豊富な入出力。おまけにアナログ出力レベルを調整するアッテネーターを搭載しているので、デジタルプリアンプにもなるので、プリアンプ要らず。

発売当時としては驚異的な多機能でしたが、新機種ではさらにUSBが192に対応、USBの各種転送モードにも対応、加えて、ヘッドホンアンプ機能まで追加され、それでいて価格据置ですから、新機種のほうが上なのはたしか。

とはいえ、本機を中古で買うなら価格が違ってくるので、目的によっては本機は十分お得になりえます。

たとえば、USBメインでなく、USBでもべつに96まででいい人、ヘッドホンアンプはいらない人、など。USBメインの場合は、たとえ、96まででも、転送モードの問題で、旧機種のほうが不利なことも考えられるので、USB-DDCをはさむとか。また、PCオーディオで使うなら、プリとしても使い、パワードスピーカーと直結するというのも良さそうです。

音は、同ブランドとしては廉価ながら、同ブランドにしてはこれまでになく自然な方向の音作りであると言われ、これまでの同ブランドのソリッドな音が好きでなかったような人から賞賛されているのが目につきます(逸品館など)。それでいて、情報量は多いというこれまでの長所は保持しているようなので、守備範囲の広いオールマイティーな機種なように感じます。

ヤフオクでの実際の取引例
150,000 円 7 12年4月26日 全ての入出力と周波数で確認してみましたが特に問題ありませんでした。
ESOTERICのトランスポートからのシングルAES(XLR)接続でDSDの入力も確認済みです。

ヤフーオークション エソテリックのCDプレーヤー



スポンサーサイト
[Edit]

ESOTERIC P-30

エソテリック P-30 CDトランスポート メーカー希望小売価格¥350,000(税別) 発売1994年

VRDSメカと、DSRLL回路を搭載。ペアになるのは単体DACのD-30。

ターンテーブルに高精度アルミダイキャストを使用、このターンテーブル・メカニズム全体を銅メッキサブシャーシでフローティングする防振構造。

ジッターを低減するために同社お得意のDSRLL(Digital Servo Ratio Locked Loop)回路を搭載していますが、そのために、CDの44.1kHz/16ビットデータを48kHz/24ビットPCMデータにリサンプリング処理しています。このあたりを余計に感じる人もいるかもしれません。実際、これがないモデルで同等トランスポート品をDSRLLが無い分だけ、音が素直で良いかもしれない、などと評する人もいます。

デジタル出力もハイエンドらしくTOSリンクはなし。オリジナルピンポイントフット採用のため、専用の受け皿が付属しています。中古購入時はそのあたりも確認を。

ヤフオクでの実際の取引例から:
92,000 円 42入札 1月15日
昨年にディスクトレーの開閉が不調になり、メーカーにてベルトを新品に交換しているそうです。現在は問題なく動作します。

10万円を切るくらいで買えるようですね。



ヤフーオークション エソテリックのCDプレーヤー

ティアック独自のVRDS(Vibration-Free RigidDisc-Clamping System)を搭載
ジッターを低減するためDSRLL(Digital Servo Ratio Locked Loop)回路を搭載
デジタル出力:3系統
RCA:0.5Vp-p/75Ω
XLR:4.5Vp-p/110Ω
Optical ST:-16~-12.5dBm/875nm
消費電力 12W
外形寸法 幅465×高さ157×奥行390mm(脚部含む)
重量 14.5kg
[Edit]

ESOTERIC P-70

エソテリック P-70 CDトランスポート メーカー希望小売価格¥700,000(税別) 発売2001年

当時の同社最高級CDトランスポート、P-0の技術を受け継いで、少しはお求め安くしたという機種。それでも高価ですが。

重量級の新「VRDS」メカニズム(当時)を搭載。さらにWORD SYNC端子と88.2kHz、176.4kHzのサンプリング周波数にアップコンバートしてデジタル出力するという当時としては凝った機能を搭載。

無振動・無共振思想の強固な筐体をもつのは期待されるとおり。

その後さらに有償で、176.4kHzのワードシンク入力に対応、金メッキ仕様のBNCワードシンク端子に変更、高品位パーツの採用、といったバージョンアップサービスを行っていましたが、とうに終了しています。普通にCDトランスポートとして使う分にはそう違わないような内容にも思えますが。

CDを176.4kHzにアップコンバートして使う場合には同社の単体DAC、D-70などでないと専用接続になるので使えません。なにしろXLR端子で2本使いになりますから。

アップコンバート云々よりとにかくCD専用の高品位単体トランスポートとしての価値でしょうか?DDコンバート機能がいらないならその分余計なコストを払うことにもなりかねませんが。

ヤフオクでの実際の取引例としては、
230,000 円 1入札 1月20日 (2012年) 美品・即決

入札が1件だけですので、相場をつかむとまではいかない感じです。状態説明が詳しくないのも気になりました。



ヤフーオークション エソテリックのCDプレーヤー

おもな仕様
出力端子:デジタル出力 RCA×1(44.1kHz固定) RCA×1(44.1kHz/88.2kHz可変)
TOS×2(44.1kHz固定) TOS×1(44.1kHz/88.2kHz可変)
XLR×2(44.1kHz/88.2kHz/176.4kHz可変、176.4kHzは2本使い) ワードスルーアウト BNC×1 
入力端子:ワードシンク入力 BNC×1 
消費電力:12W 
外形寸法:465W×191H×352Dmm(インシュレーター含む) 
質量:25kg
リモコン付属
[Edit]





上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。