スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)
[Edit]

LEAK

LEAK(リーク) イギリスのオーディオメーカー。

1934年に創業。正式名称Harold.J.Leak & Ltd。

映画産業における音響システム開発に創設者が関わっていたことから興されたというメーカーで、BBCモニター用のアンプにも使われるなど、本国では確固たる地位を築いていました。

製品はおもにアンプで、真空管からトランジスタ初期ごろまでのものがあるようです。

現在は会社そのものがなく、よって、製品の修理・メンテナンスなど、メーカー自身によるケアは全く期待できない状態。

しかしながら、このメーカーはとくに欧米においては現在でもビンテージ・オーディオ愛好家の間では定番のひとつで、結構な数の中古流通と、独自修理の継続で、製品の存在自体はまだまだ持続しそう。

日本においてはマランツやマッキントッシュなどのメーカーに比べて知名度が低く、ビンテージオーディオの中心とはいかないようですが、知っている人は知っているメーカーではあるようです。

日本ではオーディオ専門誌のAudio Basic(vol.34)に、LS3/5aにはLeak Stereo30やStereo70(プリメインアンプ)が良く合う、という趣旨の内容で、このメーカーを取り上げた記事が載ったことがあります。

この記事でこのメーカーを知った人もいると思いますが、このメーカーの中古を買う際は、メーカーがもうないことや、かなり古い機器であることを承知したうえで買うリスクもある、ということもまた明記されており、気をつけたいことろです。

その危険とは単に音が出ないくらいではなく、スピーカーを飛ばしてしまうかもしれないくらいのことです。

もっとも、ある程度ビンテージ業界にポジションのあるメーカーなので、中古ショップがメンテしている機体もあります。

製品の中心はアンプで、とくに小型のトランジスタアンプに中古市場では人気があるようです。

スポンサーサイト
[ 2013/05/20 11:14 ] メーカー別紹介 | TB(0) | CM(0)
[Edit]

Accustic Arts

アコースティック・アーツ ドイツのオーディオメーカー

ドイツ・シュツットガルトの近郊ラッフェンに1996年に設立。当初はモニタースピーカーMS 1-MK2の開発からスタート。

マーティン・シャンクとステファン・シャンクのシャンク兄弟が社長を務める。エンジニアの修士号を持つ兄マーティンが社長 兼 チーフエンジニアとして技術開発を担当し、シュットガルト総合大学・商学部を卒業した、弟ステファンが録音エンジニアとして社長 兼 営業を担当するという形態。「あらゆる面において唯一であること」をメーカーの開発理念に掲げています。

スピーカーから始まった同社も現在では総合オーディオメーカーに成長。一般的な単品コンポーネントはもちろん、PCオーディオ機器にも参入することになりました。

製品的には海外ハイエンドメーカーという位置づけ。デジタルオーディオプレーヤー、DACとアンプが特に目立つように思われます。

バランス入出力はすべて2番ホット。アンバランス専用モデルは受注ということで、バランス接続メインのメーカーのようです。

ヤフオクでも中古取引はあります。最近の例として、
PREAMP I MK2 プリアンプ 150,000 円 1 12年7月29日 
DAC I-MK4 DAコンバーター200,000 円 1 12年7月29日

がありました。いずれも定価では100万円前後のもの。

メーカーHP
http://www.hifijapan.co.jp/accusticarts.htm


[ 2012/08/18 12:11 ] メーカー別紹介 | TB(0) | CM(-)
[Edit]

47研究所

株式会社 四十七研究所 

パイオニア、ラックス、京セラでオーディオ機器のデザイン、設計に携わってきた木村 準二氏が1992年に東京に設立した日本のオーディオメーカー。

独特のデザインと、デザインだけに留まらない、確固たるサウンドコンセプトによって確かな地位を占めるブランドと言っていいでしょう。

独特のデザインと、オーディオ的な必要から生まれた独立筐体構造を主な特徴にしますが、何といっても、シャシーに信楽焼を用いた信楽シリーズは印象的。こういうものはインテリア・デザイン優先のためかと思いきや、コストパフォーマンスの高いシリーズという位置づけ。

また、同社は部品を極限まで減らし、信号経路を極限まで短縮するというコンセプトにもこだわっていて、それが独特の製品に繋がっている部分もあるようです。

製品はDACなどデジタルものから、ターンテーブル、トーンアーム、カートリッジなどのアナログ関連、アナログ関連のアクセサリーなど。

ヤフオクでの中古品取引は月数件くらい。DAC、アナログ関連、アクセサリーあたり。

近年のモデルの一例:
Model 4732 ¥94,500(税込) 発売:2009年9月
48/44.1/32kHz対応“信楽シリーズ”のUSB DAC

関連リンク
メーカーHP
AudioLabo 47研究所
 
47研の好きな管理人 四十朗氏が四十七研究所愛好者のために立ち上げたオーディオコミュニティサイト。
47研究所 Web Community
 


[ 2012/08/18 08:42 ] メーカー別紹介 | TB(0) | CM(-)
[Edit]





上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。