FC2ブログ








Pioneer SC-LX85

パイオニア SC-LX85 AVアンプ メーカー希望小売価格¥330,000(税込み) 発売2011年10月

SC-LX83の後継機で、発売時、同社AVアンプの最高級となるもの。

PC/ネットワーク再生機能に力を最近は入れていただけに、さらなる高機能化がメインかと思われましたが、むしろ意外にも、新素子を採用した「新ダイレクト エナジーHDアンプ」を搭載したことや、オリジナルシャーシ構造によるクリーングラウンド化を追求したことなど、オーディオアンプとしての基本性能の向上に力を入れて登場しました。

出力素子を「基盤直付け」に変えたことによる、シンプル、ストレート化による音質向上、素子自体もICE Power系から変えたことによる音の違い、につながります。こうした主観的な音質問題だけでなく、多チャンネル同時駆動でも出力パワーが落ちない、という客観的なプラス要素も持っています。

THX ULTRA2 Plusに準拠しているなどAVアンプとしても万全。お得意の「フルバンド・ フェイズコントロール」が「プラス」へと進化し、より低音域の再現が高まったというのもポイントです。演算時間(10ミリ秒)の分の遅れを解消したというのが具体的なところです。

デジタル信号処理部も、16-24ビット音声を32ビットに拡張処理し、ハイサンプリング処理も行う「Hi-bit32/Hi-Sampling Audio Processing」機能も、LX83から引き続き搭載しながらも、さらに高機能化。今度は、最高192kHzのマルチchソースにまでHi-bit 32処理が可能に。LX83は48kHzのマルチchソースまでの対応だったですから大きな進歩。

業界の評価としては、オーディオアンプとしての音質が一段と高まったという評価が目立ちます。ただ、一部の評論家には、アンプ部のフィードバック設計を変えたことでかえって低音域の制動力が弱まったという意見を持つ人がいました。とはいえ、これはかなり高級なスピーカーを駆動したときに気になったということも付け加えられました。それは同社のS-1EXでしたが。

AirPlay、DLNA1.5、WIndows7認証、192/24のFLAC/WAV再生、インターネットラジオ機能、無線LAN/Bluetoothのオプション対応など、ネットオーディオにも相変わらず多機能。

しかしこれが気に入らないのかもてあますのか、ヤフオクに中古は出ています。記事執筆時点では新品の最低価格とそう違わないのでまだお得感はありませんが。実際の中古取引例としては、

231,000 円 41入札 1月22日(2012年) LX71を使用していて、このアンプに変えたところ、全くの別物で最高でしたが、資金不足のため出品いたしました。中古がほとんど見られないアンプですので、是非この機会に

中古狙いならまだ早いでしょうね。



ヤフーオークション パイオニアのSC-LXシリーズのAVアンプ

おもな仕様
定格出力(マルチチャンネル同時駆動時、8Ω):Total 810W
周波数特性:5Hz~100kHz(+0dB/-3dB)
HDMI端子:7入力/2出力
音声入力端子:光デジタル×3、同軸デジタル×2、オーディオ×1、フォノ×1(MM)
映像入力端子:コンポジット×4、コンポーネント×3
音声出力端子:9.2chプリアウト、光デジタル×1、アナログ×1、マルチゾーン×2(Zone2/Zone3用)
映像出力端子:コンポジット×1、コンポーネント×1
その他端子:USB、LAN×2(フロント/リア) 他
消費電力:370W
外形寸法:435W×185H×441Dmm
質量:17.8kg
リモコン付属

スポンサーサイト



[ 2012/02/19 12:38 ] ★AVアンプ パイオニア | TB(0) | CM(0)
[Edit]

Pioneer SC-LX90

パイオニア  SC-LX90 メーカー希望小売価格¥838096(税抜き) 発売2008年 ヤフオク中古価格20万円程度

当時の同社フラグシップAVアンプにして、国産一体型AVセンターとしても最高級機。ブルーレイ音声対応。

スサノオという社内コードネームを持ち、スサノオがヤマタノオロチを退治したという話と「いままでにない革新的なマルチチャンネルアンプを作りたいという想いと結びついた」ということからだそうです。

パワーアンプ部に、ICE POWER社とパイオニアの技術を結集したデジタルアンプ「ダイレクトエナジーHD(High Fidelity Class D)アンプ」を搭載し、10チャンネルで、1400Wの同時出力を実現しているのが最大の特徴。

ピュアオーディオレベルでの高音質を目指したモデルでしたが、進化の激しいホームシアター業界ゆえ、現在はすでに古くなった感も否めません。

現在の30万円クラス機には機能面、デジタル面での性能は劣ります。

しかし、アンプとしての基本は上回っているでしょうから、マルチでピュアオーディオ的にサラウンドをしたい人にはまだまだ使えるのではないでしょうか?

ヤフオクでの実際の取引としては、
201,000 円 63入札 2011年12月18日
商品は本体、リモコン、電源ケーブルです。動作確認済みです。

というのがありました。



ヤフーオークション パイオニアのSC-LXシリーズのAVアンプ

定格出力:200 W×7ch/8 Ω、140 W×10ch/8 Ω
周波数特性:5~100kHz ±3dB
ライン入力S/N比:105 dB (IHF-A ショートサーキット)
音声入力端子:i.LINK2、AC-3 RF1、同軸4、光7(内1系統はフロント入力用、フロント入力以外はアサイン可能)、オーディオ5
映像入力端子:コンポジット8、S端子3、コンポーネント3、D5端子2
その他入力端子:HDMI6(音声再生可能)、USB1、iPod専用端子1、LAN端子(10BASE-T/100BASE-TX)1
音声出力端子:光デジタル2、同軸デジタル1、オーディオ2、プリアウト…フロントL/R、センター、サラウンドL/R、サラウンドバックL/R、SW出力(2系統)、EXTRA L/R
映像出力端子:コンポジット5、S端子3、コンポーネント2(MONITOR、ZONE2)、D41(DVR/VCR1、DVR/VCR2)
その他端子:HDMI出力2、RS232C出力1、12Vトリガー出力4、SR入出力1
消費電力:550W
[ 2012/01/12 11:58 ] ★AVアンプ パイオニア | TB(0) | CM(0)
[Edit]

Pioneer SC-LX83

パイオニア  SC-LX83 メーカー希望小売価格¥330,000(税込) 発売2010年10月

HDMI端子Ver 1.4aで、3DとARCにあらたに対応したモデル。つまりこの世代から3D対応ということ。

それだけでなく、アンプ部も第4世代を謳うなど、改良があった模様。

サラウンドフォーマットの対応もブルーレイ系の基本は当然として、ほかにもいろいろ新規対応。

さて、オーディオ機器としては今回は大きな変化が。従来から積まれていたハイビットプロセッサーが従来の24ビットから32ビットに進化。これはAVアンプとしては世界初で、同社の上位機にも積まれていません。

PCオーディオへの対応は先代と同様くらいのようで、USBメモリ、iPodデジタル接続、PCとのLAN接続に引き続き対応。

今回は3Dに対応しただけではない結構大きな改良になったようです。



ヤフーオークション パイオニアのSC-LXシリーズのAVアンプ

SC-LX83おもな特徴・仕様
ブルーレイ対応7.1ch AVマルチチャンネルアンプ
HDMI端子はVer 1.4aで、3DとARCに対応
「Hi-bit32/Hi-Sampling Audio Processing」を新搭載。16-24ビットの音声を、32ビットに拡張およびハイサンプリング処理
パイオニアとICEpower社が共同開発したアナログクラスDアンプ「ダイレクトエナジーHD(High Fidelity Class D)アンプ」の第4世代を搭載
THX社の最高認証である「THX Ultra2 Plus」を獲得
ドルビーTrueHD、DTS-HD Master AudioなどHDオーディオデコーダーを搭載、ドルビーデジタル プラス/DTS-HD High Resolution Audio/DTS EXPRESSなど広く対応。ドルビープロロジックIIzにも対応。またフロントワイドスピーカーを追加し、前方から後方への移動感などを高める「ワイドサラウンド Movie/Music」も
HDMIのジッターレス伝送「PQLS マルチサラウンド」を搭載
DLNA 1.5に対応した「Home Media Gallery」を搭載
定格出力(マルチチャンネル同時駆動時、8Ω):110W/ch
周波数特性:5Hz~100kHz(+0dB/-3dB)
HDMI端子:6入力/2出力
音声入力端子:光デジタル×3、同軸デジタル×3、オーディオ×7
映像入力端子:コンポジット×4、コンポーネント×3
音声出力端子:9.1chプリアウト×1、光デジタル×2
映像出力端子:コンポジット×4、コンポーネント×2
その他端子:USB、LAN×1 他
消費電力:330W
外形寸法:420W×200H×460Dmm
質量:18.5kg
リモコン付属
[ 2011/02/24 08:48 ] ★AVアンプ パイオニア | TB(0) | CM(0)
[Edit]

Pioneer SC-LX81

パイオニア SC-LX81 メーカー希望小売価格¥335,000(税込) 発売2008年10月上旬。

同社のブルーレイ音声対応中級AVアンプ。去年はこれで最新でしたが、動きの速いAVアンプ界。もう2代も前の型落ち(82、83と続く)。

最新機種83のほうは、HDMI端子はVer 1.4aで、3DとARCに対応。つまり本機はそれがなし(1.3)。ほかにも違いはありますが、3Dに興味がなく、安く買いたいならこちらも十分ありでしょう。展示処分なら10万円くらいで買えますから。

82とはPQLSがマルチ対応かどうか、iPodデジタル入力の可否などに違いが。プレシジョン・ディスタンスもこちらはなし。

アンプそのものはあまり違わないようです。



ヤフーオークション パイオニアのSC-LXシリーズのAVアンプ

SC-LX81おもな特徴・仕様
7.1chアンプ
パイオニアとICEpower社が共同開発したアナログクラスDアンプ「ダイレクトエナジーHD(High Fidelity Class D)アンプ」を搭載
THX社の最高認証である「THX Ultra2 Plus」を獲得
ドルビーTrueHD、DTS-HD Master AudioなどHDオーディオデコーダーを搭載するほか、ドルビーデジタル プラス/DTS-HD High Resolution Audio/DTS EXPRESSなど広く対応
PQLS(Precision Quartz Lock System)
サンプリングレートコンバーターでジッター低減
PCやDLNA1.0準拠のホームサーバー内の音楽ファイルや、インターネットラジオの再生、JPEG画像のスライドショーなどが行える「Home Media Gallery」に対応
●定格出力:100W×7ch(1kHx、1%、8Ω)
●周波数特性:5~100kHz ±3dB
●ライン入力S/N比:103 dB (IHF-A)
●音声入力端子:同軸3、光5(内1系統はフロント入力用、フロント入力以外はアサイン可能)、オーディオ11
●映像入力端子:コンポジット7、S端子7、コンポーネント3、D4端子2
●その他入力端子:HDMI4(音声再生可能)、USB1、LAN端子1
●音声出力端子:光デジタル2、オーディオ5、プリアウト…フロントL/R、センター、サラウンドL/R、サラウンドバックL/R、SW 出力(1系統)
●映像出力端子:コンポジット4、S端子3、コンポーネント2(MONITOR、ZONE2)、D4端子1
●その他端子:HDMI出力2、RS232C出力1、12Vトリガー出力2、SR入出力1
●消費電力:330W
●外形寸法:420mm×459.5mm ×200mm
●質量:18.5kg
[ 2010/11/23 12:28 ] ★AVアンプ パイオニア | TB(0) | CM(0)
[Edit]

Pioneer SC-LX82

パイオニア SC-LX82 AVアンプ メーカー希望小売価格\335,000円(税込)2009年10月発売。

先代81とアンプとしての基本は変わっていないようですが、デジタル部などに変更。HDMIもver.1.3a対応に。

まず、PQLS機能がマルチチャンネル対応に拡大。「SC-LX90」で開発された「プレシジョン・ディスタンス」をこのクラスのモデルとして初搭載。なんとミリ単位でスピーカー位置による音の変動を調整できるといいます。

先代に引き続いて、PCオーディオに対応するとともに、あらたにiPodとのデジタル接続に対応。iPodを使う人には見逃せない機能です。

しかし、もう型落ち。新機種83のほうは、HDMI端子はVer 1.4aで、3DとARCに対応。つまり本機はそれがなし。他にも、新音声フォーマットへの対応なども。また、アンプの見直しもあったようです。

とはいえ、ブルーレイをつないで、普通にマルチを楽しむ分にはそう変わらない機能、性能ではないかと思います。



ヤフーオークション パイオニアのSC-LXシリーズのAVアンプ

SC-LX82おもな特徴・仕様
7.1ch対応のAVアンプ
THX社の最高認証である「THX Ultra2 Plus」を獲得
ドルビーTrueHD、DTS-HD Master AudioなどHDオーディオデコーダーを搭載するほか、ドルビーデジタル プラス/DTS-HD High Resolution Audio/DTS EXPRESSなど広く対応
パイオニアとICEpower社が共同開発したアナログクラスDアンプ、「ダイレクトエナジーHDアンプ」を搭載
「PQLSマルチサラウンド」 & 徹底した低ジッター設計
スピーカーの位相特性を自動補正する「フルバンド・フェイズコントロール」技術を搭載
3次元自動音場補正システム「Advanced MCACC」搭載
「プレシジョン・ディスタンス」をこのクラスのモデルとして初搭載
iPod/iPhoneのデジタル音声伝送と動画コンテンツ再生に対応
PCやインターネットから音楽を気軽に楽しめる「Home Media Gallery」機能に対応
●定格出力:110W×7ch(1kHz、1%、8Ω)
●周波数特性:5~100kHz ±3dB
●ライン入力S/N比:103 dB (IHF-A)
●音声入力端子:同軸3、光4(アサイン可能)、オーディオ9
●映像入力端子:コンポジット5、S端子5、コンポーネント3、D4端子2
●その他入力端子:HDMI5(フロント1系統含む。音声再生可能)、USB1、LAN端子1
●音声出力端子:光デジタル2、オーディオ4、プリアウト…フロントL/R、センター、サラウンドL/R、サラウンドバックL/R、SW 出力(1系統)
●映像出力端子:コンポジット4、S端子3、コンポーネント2(MONITOR、ZONE2)、D4端子1
●その他端子:HDMI出力2、RS232C出力1、12Vトリガー出力2、SR入出力1
●消費電力:330W
●外形寸法:420mm×460mm ×200mm
●質量:18.5kg
[ 2010/11/22 19:13 ] ★AVアンプ パイオニア | TB(0) | CM(0)
[Edit]

Pioneer SC-LX73

パイオニア SC-LX73 AVアンプ ¥200,000(税込) 発売2010年10月

アナログクラスDアンプ「ダイレクトエナジーHDアンプ」の第4世代を搭載した7.1ch AVアンプ。

先代72の後継機ですが価格が4万円以上安くなり、性能・機能が一部下がっています。

ネットワークプレーヤー機能などもなく、中途半端な感は否めません。

逆にシンプルを好む人には余計な機能がないぶんハイCPということもありましょう。



ヤフーオークション パイオニアのSC-LXシリーズのAVアンプ

SC-LX73おもな特徴・仕様
DTS-HD MAやドルビーTrueHDなどのHDオーディオに対応
HDMI端子はVer 1.4aで、3DとARCに対応
「ジッター・リダクション・プラス」
USB入力も備え、iPhone/iPodのデジタル入力が可能
USBメモリー内の音声ファイルも再生
定格出力(マルチチャンネル同時駆動時、8Ω):100W/ch
周波数特性:5Hz~100kHz(+0dB/-3dB)
HDMI端子:6入力/2出力
音声入力端子:光デジタル×3、同軸デジタル×2、オーディオ×7
映像入力端子:コンポジット×4、コンポーネント×3
音声出力端子:9.1chプリアウト×1、光デジタル×2
映像出力端子:コンポジット×4、コンポーネント×1
その他端子:USB、LAN×1 他
消費電力:330W
外形寸法:420W×200H×460Dmm
質量:18.5kg
リモコン付属
[ 2010/11/21 11:02 ] ★AVアンプ パイオニア | TB(0) | CM(0)
[Edit]

PIONEER VSA-AX10Ai-N 中古で狙いたいAVアンプ

パイオニアの旧フラッグシップAVアンプ。VSA-AX10Ai-N。希望小売価格(税別):\500,000 発売日:2003年11月下旬。

DVDしかない時代のものなので、当然ブルーレイの音声には非対応。それでも、ブルーレイの下位互換性を利用して、dts、ドルビーデジタルで聴くことはできる。また、デジタルTV放送のAACには対応しているので、エアチェック中心なら問題ないでしょう。

定価ベースでみればAVアンプであるし、ピュアオーディオ用としてはきついかもしれませんが、中古なら、けっこういい線ではないでしょうか。

スピーカーは4Ω対応。バイアンプ機能あり。DACチップはなんとバーブラウンのPCM1704の選別品を搭載しているので、DACとしても期待できます。i.LINK搭載。対応機種なら、DVDオーディオ/SACDのフルデジタル伝送可能。

ちなみにこの機種の前に、VSA-AX10、VSA-AX10iというのもあるので、目的によってはこちらも要検討でしょう。ただ、違いはいくらかあります。

ヤフーオークション VSA-AX10

パイオニア VSA-AX10Ai-N詳細情報ページ

■ パイオニアお得意の3次元自動音場補正「Advanced MCACC」。
■ 高解像度マルチ音声圧縮フォーマット対応「WMA9 Pro※2」搭載
■ DVDオーディオ/SACDの高品位オーディオソースもフルデジタル伝送、i.LINK搭載。
■ ダイレクトエナジーMOS-FET採用のパワーアンプ部。
■ 新設計「SHARC Melody Ultra」搭載、フル32bitデジタルプロセッシングモジュール。
■ マルチチャンネル再生を楽しむための多彩な機能を装備。

■ 外形寸法 /440(W)×210(H)×476(D)mm
■ 質量 /34.0kg
■ 消費電力 /580W
■ スタンバイ時消費電力 /0.65W
■ 実用最大出力 /200W/ch(フロント2ch、センター1ch、サラウンド2ch、サラウンドバック2ch)

対応サラウンドフォーマット
dts dts-ES Matrix 6.1
dts-ES Discrete 6.1
dts-ES
dts Neo:6
dts 96/24 DOLBY DIGITAL DOLBY PRO LOGIC II x
AAC ○ THX THX Ultra2
出力情報(定格出力)
フロント出力 150 W センター出力 150 W
サラウンド出力 150 W サラウンドバック出力 150 W
サラウンドチャンネル 7.1 ch インピーダンス 6 Ω
入力端子   オーディオ入力 5 系統
D端子入力 2 系統 コンポーネント入力 3 系統
S端子入力 7 系統 光デジタル入力 4 系統
映像コンポジット入力 7 系統 同軸デジタル入力 3 系統
出力端子   オーディオ出力 2 系統
D端子出力 1 系統 コンポーネント出力 1 系統
S端子出力 5 系統 光デジタル出力 2 系統
映像コンポジット出力 4 系統 同軸デジタル出力  
基本仕様
周波数帯域 20Hz~20kHz カラー ゴールド系   幅x高さx奥行き 440x210x476 mm
重量 34 kg
[ 2010/04/04 12:22 ] ★AVアンプ パイオニア | TB(0) | CM(0)
[Edit]

Pioneer VSA-AX10i-N

パイオニア VSA-AX10i-N AVアンプ メーカー希望小売価格¥493,500(税込) ヤフオク中古価格6万円程度 発売2002年11月

当時のフラグシップ。VSA-AX10のモデルチェンジ。基本的に先代に、i.LINKによるデジタル伝送およびPQLS機能を加えたもの。

ですから、MOS-FETを採用した7チャンネルプリメインアンプでもあるわけです。

また、バーブラウンPCM1704を採用したDAC部も魅力。ハイビットプロセッサーもついています。

最新のブルーレイ対応の中級AVアンプのプリ部だけを使って、本機をパワーアンプにするのが面白いでしょうし、DAC内蔵プリメインとして使うのもいいでしょう。アナログアンプとしては現行中級機を上回るのは確実ですから。

i.LINKはもはや過去の遺物でしょうか…。



ヤフーオークション VSA-AX10シリーズ

VSA-AX10i-Nおもな特徴・仕様
ケーブル1本で、DVDオーディオやSACDのマルチチャンネル・デジタル音声の接続が可能なi.LINK
「VSA-AX10」で確立した「アドバンスド・マルチチャンネル・ステレオフォニック思想」をベースに、部品やレイアウトの見直し等による一層の高音質化や、当社独自の音場補正システム「MCACC」(マルチチャンネル・アコースティック・キャリブレーション・システム)をさらに精度を向上して搭載
ほかは先代を踏襲
実用最大出力(JEITA、1kHz、10%、6Ωサラウンド時):200Wx7 
定格出力(20Hz~20kHz、0.09%、6Ωサラウンド時):150Wx7 
入力端子:デジタルAUDIO/i.LINKx2、同軸x3、光x5、アナログAUDIOx5、Phonox1、アナログマルチチャンネル入力x1、AV入力(コンポジット、Sビデオ、オーディオ)x7、コンポーネントx3、D4x2 
出力端子:フロントスピーカー出力 L/Rx1、センター スピーカー出力x1、サラウンドスピーカー出力L/Rx1、サラウンドバックスピーカー出力L/Rx1、サブウーファープリアウトx2、デジタル光x2、ユニバーサルスピーカーBx1、アナログAUDIOx2、AV入力(コンポジットx4、Sビデオx5)、コンポーネントx1、D4x1 
消費電力:615W 
待機時消費電力:0.65W 
外形寸法:440W×203H×476D mm 
質量:31.0Kg
[ 2010/04/03 11:16 ] ★AVアンプ パイオニア | TB(0) | CM(0)
[Edit]