FC2ブログ








DENON AVC-A1SE

デノン(デンオン) AVC-A1SE AVアンプ メーカー希望小売価格¥395,000(税別) 発売2000年8月

AVC-A1D(1998年)のモデルチェンジ版。今回から7.1ch対応アンプに。DTS-ESにも新対応。

192kHz/24bit D/Aコンバ-ターを全チャンネルに採用したのも変更点で、DACチップも変更になったようです。

以下のフォーマットの再生が可能になる有償アップグレードを行っていました。中古を買うと既になされているものもあるので、そのほうがお得。 THX Ultra 2 DTS 96/24 DTS-ES+THX ドルビーデジタルサラウンドEX MPEG-AAC
ドルビープロロジック II ドルビーヘッドフォン

ほかのA-1シリーズに比べて、やや中古が少ない気がします。



ヤフーオークション デノンのAVC-A1系のAVアンプ

AVC-A1SEおもな特徴・仕様
DTS-ES(エクステンデッド・サラウンド)デコーダーを搭載
NEW D.D.S.C. DIGITAL
32bit floating point type DSP
192kHz/24bit D/Aコンバ-ターを全チャンネルに採用
フロント2chにAL24プロセッシングを搭載
8CH EXT入力端子
定格出力(2ch駆動時、20Hz~20kHz、THD 0.05%)フロント:170W+170W(8Ω)、200W+200W(6Ω)
S/N比 105dB
外形寸法 W434×H216×D486mm
重量 約28kg
リモコン付属



スポンサーサイト



[ 2011/09/02 12:51 ] ★AVアンプ DENON | TB(0) | CM(0)
[Edit]

DENON AVC-A1D

デノン(デンオン) AVC-A1D AVアンプ メーカー希望小売価格¥350,000(税別) ヤフオク中古価格2万円程度 発売1998年12月

AVC-A1(1996年)の後継機。価格は2万円しか上がりませんが、大幅に内容が強化。

まずはDTSに対応したことですが、それだけでなく、DAC回路も強化。ただ、重量は減少。アンプ出力は同じ。

また、お得意のAL24プロセッシングもこの代から搭載。しかも、DACチップもあのバーブラウン・PCM1704を5チャンネル分搭載。カタログの写真ではややわかりにくいですが、間違いありません。現在でも最高のチップとされているものです。

5.1chなのがやはり古いですが、DACつきプリメイン、あるいは、DTSまででいい、アナログマルチで使う(入力あり)という人には価格もあいまって魅力的。

アンプは5チャンネルですがアナログマルチ入力は7.1で装備。外部パワーアンプをつないで使えるためです。

なにしろこの中古価格。わかる人にはお得。2000とS10の間くらいのレベルと考えれば…。



ヤフーオークション デノンのAVC-A1系のAVアンプ

AVC-A1Dおもな特徴・仕様
ドルビーデジタル、DTSデコーダを内蔵
THX5.1に対応
フロント2チャンネルにAL24 Processingを搭載
オーディオ入力:PHONO、CD、MD/TAPE-1、TAPE-2、TUNER、DVD、VDP、TV/DBS、VCR-1、VCR-2、V.AUXの11系統
オーディオ出力:全6チャンネル分を装備
ビデオ入力:DVD、VDP、TV/DBS、VCR-1、VCR-2、V.AUXの6系統をS映像入力、コンポジットともに装備
コンポーネントビデオ入力2系統装備
ビデオ出力:VCR-1、VCR-2、MONITOR OUT-1、MONITOR OUT-2の4系統をS映像、コンポジット共に装備
定格出力:フロント(2チャンネル駆動時)170W+170W(負荷8Ω、1kHz)T.H.D.0.7%、140W+140W(負荷8Ω、20Hz~20kHz)T.H.D.0.05%、5チャンネル駆動時:140W×5チャンネル(負荷8Ω、1kHz)T.H.D.0.7%
S/N比:105dB
消費電力:540W
最大外形寸法:W434×H181×D494mm
質量:21.5kg
リモコン付属
[ 2011/09/02 12:15 ] ★AVアンプ DENON | TB(0) | CM(0)
[Edit]

DENON AVC-A1

デノン(デンオン) AVC-A1 AVアンプ メーカー希望小売価格¥330,000(税別)  ヤフオク中古価格1・5万円程度 発売1996年11月

デノンのみならず、業界の高級AVアンプの代名詞・A-1シリーズの一体型機の第一号機。

AVアンプとしてはもはや恐ろしく過去のもので、なんとドルビーデジタルにしかデジタル系は対応していません。

もちろん自動音場補正などもなし。

しかし、この中古価格。デジタル入力つきプリメインアンプとしてなら安い。

5.1chアナログマルチチャンネル入力もあるので、デコードさえできればさまざまなマルチ音声も聴けます。



ヤフーオークション デノンのAVC-A1系のAVアンプ

AVC-A1おもな特徴・仕様
ドルビーデジタルAC-3&THX5.1対応
多彩なサラウンドモード
D.D.S.C.デジタル
マルチビット方式D/Aコンバーター搭載
高精度20ビットA/Dコンバーターを播載
各チャンネル完全ディスクリート構成アンプ
定格出力/フロント(2チャンネル駆動):170W+170W(負荷8Ω、1kHz)T.H.D. 0.7%、140W+140W(負荷8Ω、20Hz~20kHz)T.H.D. 0.05%、5チャンネル駆動時:140W×5チャンネル
S/N比/105dB(ダイレクトモード時)
オーディオ入力10系統
デジタル入力 光入力3系統、同軸入力1系統、ドルビーデジタルAC-3用RF1系統
ビデオ入力 スダンダード入力とS映像入力を各5系統
ビデオ出力 スタンダード出力4系統とS映像出力3系統
消費電力/455W
最大外形寸法/W434×H181×D486mm
質量/24.5kg
リモコン付属

[ 2011/09/02 08:44 ] ★AVアンプ DENON | TB(0) | CM(0)
[Edit]

DENON AVR-3311

デノン AVR-3311 AVアンプ メーカー希望小売価格¥125,000(税別) 発売2010年7月

ネットワーク機能も搭載した3D対応機。Audessy DSXとドルビープロロジックIIzにも対応。

2009年発売のAVC-3310の後継。AVC-3310にはなかったDLNAベースのネットワーク機能を備える点が新しい。

iPodとの接続はUSB端子へのダイレクト接続でデジタル接続にも対応します。

2011年モデルのAVR-3312ではさらにAppleのAirPlayに標準で対応するのが大きな違い。ただ、本機もアップグレードで対応できます。

チューナーも内蔵。



ヤフーオークション デノンのAVアンプ

AVR-3311おもな特徴・仕様
Dolby TrueHD、DTS-HD Master Audio、AAC対応 Audyssey DSX、Dolby ProLogic IIz プロセッサー搭載
HDMI端子装備(入力6、出力2) Ver. 1.4a
3D、オーディオ・リターン・チャンネル、Deep Color、x.v.Color、Auto Lipsync対応
ネットワーク再生機能
高音質サラウンド回路D.D.S.C.-HD
最新型32bitフローティングポイントタイプDSP
ディスクリート構成パワーステージ
AL24 Processing Plusを全チャンネルに搭載
プラグインオートセットアップ
クロック・ジッター・リデューサー
コンプレスト・オーディオ・リストアラー
AM/FMチューナー搭載
定格出力:125W×7ch(8Ω)
実用最大出力:185W×7ch(6Ω)
オーディオ入力端子:8系統、光デジタル入力:2系統、 同軸デジタル入力:2系統、USB端子:1系統
オーディオ出力端子:7.2chプリアウト:1系統、プリアウト:2系統(ZONE2、3)、レックアウト:1系統、 光デジタル出力:1系統
HDMI入力(デジタルオーディオ入力含む):6系統、コンポーネント入力:2系統(D5)、コンポジット入力:5系統、Sビデオ入力:2系統
HDMI出力(デジタルオーディオ出力含む):2系統、コンポーネント出力:1系統(D5)、コンポジット出力:3系統
消費電力:670W
外形寸法:434W×171H×381Dmm
質量:12.2kg
リモコン付属
[ 2011/08/22 12:14 ] ★AVアンプ DENON | TB(0) | CM(0)
[Edit]

DENON AVR-1911

デノン AVR-1911 AVアンプ メーカー希望小売価格¥84,000(税込み) 発売2010年

AVアンプ最激戦ゾーンの同社2010年モデル。HDMI Ver.1.4a端子と3D映像のパススルー出力に対応したことが最大のトピック。

下位と違い7・1対応。つまり同社7.1対応の最廉価機。

2011年モデル1912との大きな違いは、ネットワークオーディオへの対応の有無。

それでも本機も、iPhone/iPodとUSBメモリーがダイレクト接続できるUSB端子は装備しているので、何もないほどではありません。

ネットワークにこだわらなければじゅうぶん本機もありではないでしょうか?3D対応7.1をできるだけ安価にほしい人にも。



ヤフーオークション デノンのAVアンプ

AVR-1911おもな特徴・仕様
HD音声対応7.1chアンプ
HDMI Ver.1.4a端子搭載、3D映像のパススルー出力対応
Dolby TrueHD、DTS-HD Master Audio、AAC対応。最新のシミュレーションサラウンドDolby ProLogic IIz プロセッサー搭載
iPhone/iPodとUSBメモリーがダイレクト接続できるUSB端子装備
HDMI端子装備(入力4、出力1) Ver. 1.4a(3D、オーディオ・リターン・チャンネル、Deep Color、x.v.Color、Auto Lipsync)対応
32bit処理のDSPを搭載
マイク式プラグインオートセットアップ
ルームEQ、オーディシー ダイナミックEQ & ダイナミックボリューム
コンプレスト・オーディオ・リストアラー
定格出力:90W×7ch(8Ω)
実用最大出力:140W×7ch(6Ω)
消費電力:460W
外形寸法:434W×171H×381Dmm
質量:10.2kg
リモコン付属
[ 2011/08/12 11:16 ] ★AVアンプ DENON | TB(0) | CM(0)
[Edit]

DENON AVR-1611

デノン AVR-1611 AVアンプ メーカー希望小売価格¥55,650(税込) ヤフオク中古価格2万円程度 発売2010年6月

2010年モデルのHDMI Ver.1.4a端子搭載、3D映像のパススルー出力対応AVアンプの3モデル中、最廉価のモデル。2011年にはモデルチェンジし、生産完了。

7.1ではなく、5.1ch対応。

iPodデジタル接続やネットワーク再生などの機能もありません。チューナーはついています。レシーバーということ。ただ、アンプはディスクリートなので、基本能力はじゅうぶんあると思います。

ドルビープロロジックIIzに対応しますが、プリアウトでの対応。つまりフロントハイトスピーカー増設の際には、別途2ch分のパワーアンプが必要になることは注意です。

安価なだけというより、余計な機能がいらない人向けとも言えそうです。それでも数年前に比べるとかなり多機能です。

新機種AVR-1612との違いは、USB端子と、メニューが日本語対応になったこと、定価が5000円ほど下がったことくらい、のようです。逆に、D端子、S端子、コンポジット端子から入力された映像をHDMIから出力するアップコンバートが新機種では省略されています。



ヤフーオークション デノンのAVアンプ

AVR-1611おもな特徴・仕様
HD音声対応5.1chアンプ
HDMI Ver.1.4a端子搭載、3D映像のパススルー出力対応
Dolby TrueHD、DTS-HD Master Audio、AAC対応。最新のシミュレーションサラウンドDolby ProLogic IIz プロセッサー搭載
HDMI端子装備(入力4、出力1) Ver. 1.4a(3D、オーディオ・リターン・チャンネル、Deep Color、x.v.Color、Auto Lipsync)対応
32bit処理のDSPを搭載
マイク式プラグインオートセットアップ
ルームEQ、オーディシー ダイナミックEQ & ダイナミックボリューム
コンプレスト・オーディオ・リストアラー
定格出力:75W×5ch(8Ω)
実用最大出力:130W×5ch(6Ω)
入出力端子
HDMI端子:入力4、出力1
コンポーネント映像端子:入力1(D5)
S映像端子:入力1
コンポジット映像端子:入力3、出力1
音声入力:光デジタル1、同軸デジタル1、アナログ4
音声出力:サラウンドバック/フロントハイト・プリアウト1、サブウーハー・プリアウト1
iPod用コントロールドック端子
消費電力:360W
外形寸法:434W×171H×381Dmm
質量:9.2kg
リモコン付属
[ 2011/08/12 09:59 ] ★AVアンプ DENON | TB(0) | CM(0)
[Edit]

DENON AVC-4310

デノン DENON AVC-4310 AVアンプ メーカー希望小売価格(税別)\240,000 発売日2009年6月。

デノンの主力AVアンプ。音の面ではとくに古いということはありませんが、映像の3D化に対応していないため、実売価格が崩れているようです。

3Dにこだらわない向きには、お買い得になっていると思います。

従来のシリーズに比べて大きく変わっている点はそうないと思いますが、音質面でひとつ。従来ステレオ時しか動作しなかったピュア・ダイレクトモードがサラウンド時も可能になったとのこと。

PCオーディオにも対応。



ヤフーオークション デノンのAVアンプ

AVC-4310おもな特徴・仕様
地デジ、ブルーレイ、フル対応。Dolby TrueHD、DTS-HD Master Audio、AACデコーダー搭載 Audyssey DSX、Dolby Pro Logic IIzデコード
HDMI入力6、出力2系統装備
DENON LINK 4th搭載
高音質テクノロジー“AL24 Processing Plus”を採用(全チャンネル)
クロック・ジッター・リデューサー搭載
HDMIコントロール(CEC)に対応
プラグイン・オートセットアップ機能搭載
Audyssey Dynamic Volume
コンプレスト・オーディオ・リストアラー
ネットワーク機能
メディアクライアント機能
Windows Media Player Ver.11等のメディアサーバーを利用して、パソコンに保存した音楽ファイルや画像ファイルを、LANを経由して再生することが可能。オーディオフォーマットはMP3、WAV(リニアPCM)、AAC(DRM非対応)、WMA、FLACに、画像ファイルはJPEGに対応
ミュージックサーバー機能はDLNA(Digital Living Network Alliance)に準拠
iPodとUSBメモリーがダイレクトに接続・操作できるUSB端子装備
PHONOイコライザー搭載(MM)
■入出力端子
● オーディオ系
オーディオ入力端子:10系統、 7.1ch外部入力:1系統、 光デジタル入力:3系統、 同軸デジタル入力:3系統、 DENON LINK:1系統、 USB端子:2系統(前面と背面の同時使用はできません)、7.1chプリアウト:1系統、プリアウト:2系統(ZONE2、3)、レックアウト:2系統、 光デジタル出力:1系統
● ビデオ系
HDMI入力(デジタルオーディオ入力含む):6系統)、コンポーネント入力:3系統(RCA:1、RCA or D5:2※)、コンポジット入力:7系統、 Sビデオ入力:7系統、HDMI出力(デジタルオーディオ出力含む):2系統、コンポーネント出力:1系統(RCA or D5:1※)、コンポジット出力:4系統、 Sビデオ出力:3系統
※ 同じ系統におけるRCAコンポーネントとD5コンポーネントの併用は不可
● コントロール端子系
Ethernet端子:1系統、ドックコントロール端子:1系統、RS232C:1系統、トリガー出力:2系統
定格出力/フロント130W+130W、センター130W、サラウンド130W+130W、サラウンドバック130W+130W(8Ω、20Hz-20kHz、THD0.05%)
実用最大出力/フロント:190W+190W、センター:190W、サラウンド:190W+190W、サラウンドバック:190W+190W(6Ω、JEITA)
消費電力/290W(待機電力0.1W以下)
外形寸法(フット、端子、つまみ含む)/W434×H171×D414mm
質量15.8 kg
[ 2010/10/09 17:31 ] ★AVアンプ DENON | TB(0) | CM(0)
[Edit]

DENON AVC-3808

デノン AVC-3808 AVアンプ メーカー希望小売価格(税別)220,000円 発売日:2007年8月。

ブルーレイ音声にも対応したAVアンプ。LAN端子も装備し、PCのオーディオファイルも再生可。USBメモリ対応のUSB端子も装備。3D映像対応にこだわらなければ実に多機能でお買い得と思います。AL24 Processing Plusもあるので、DACとしても。オーディオ用には、ピュアダイレクトモードの使用、バイアンプ駆動の実行などがポイントになるでしょう。



メーカー製品詳細情報ページ

ヤフーオークション デノン AVアンプ

AVC-3808おもな特徴・機能
D.D.S.C(. Dynamic Discrete Surround Circuit)デジタル
DENON LINK 3rd装備
192KHz/24bit高性能D/Aコンバーター
AL24 Processing Plus
プラグイン・オートセットアップとルームEQ(イコライザー)機能
Compressed Audio Restorer
フロントチャンネルのバイアンプ駆動、2chピュア・システムの切替えを可能にするサラウンドバックチャンネルのアサイン機能

サラウンドフォーマット
dts dts-HD Master Audio
dts-HD High Resolution Audio
DOLBY DIGITAL DOLBY TrueHD
DOLBY DIGITAL Plus
AAC

定格出力/フロント130W+130W、センター130W、サラウンド130W+130W、サラウンドバック130W+130W(8Ω、20Hz- 20kHz、THD0.05%)
実用最大出力/フロント:180W+180W、センター:180W、サラウンド:180W+180W、サラウンドバック:180W+180W(6Ω、 JEITA) 

サイズ:W434×H171×D420 
重量:18.2kg
消費電力:320W
[ 2010/07/02 16:56 ] ★AVアンプ DENON | TB(0) | CM(0)
[Edit]

DENON AVC-3310

DolbyTrueHD/DTS-HD Master Audio対応の7.1ch AVアンプ。価格は126,000円(税込)。2009年8月発売。



AVC-2809の後継機として、HDオーディオ対応AVセンターのニューモデルAVC-3310は発表されました。AVC- 2809(¥168,000)より価格を抑えながらも機能・性能は充実しています。

AVC-2809と比較すると、ジッターを低減させる回路や、ドルビープロロジックIIzを採用するなど、新たな機能が盛り込まれています。ジッター低減に威力を発揮する、クロック・ジッター・リデューサーは上位機の機能からここまで下りてきました。おおくは上位モデルAVC-4310で用いられた技術を継承。HDMI端子は、入力4/出力1から、入力5/出力1へと拡張。パワーアンプの定格出力も115W×7chから120W×7chへと強化。

とまあ、新しくお得なはずが、3D映像対応の関係で6月にはもうニューモデルが出ます。つまりこれは機能的には古くなります。

とすると、安く買いたい人にはこの機種が狙い目。ブルーレイ音声には対応していますし、「AL24 Processing Plus」、「ダイナミック・ディスクリート・サラウンド・サーキット(D.D.S.C- HD)」といったデノン得意のものもちゃんと積んでいますから、目的によっては、やはりお得だと思います。

メーカー 詳細ページ

ヤフーオークション デノン AVC-3310


[ 2010/05/13 17:54 ] ★AVアンプ DENON | TB(0) | CM(0)
[Edit]

DENON AVC-3890

デノンAVC-3890 AVアンプ メーカー希望小売価格¥150,000(税別) ヤフオク中古価格2万5千円程度 発売2004年

ブルーレイ音声には非対応のDVD時代の機種。

それでも、オーディオ系マルチ音声高音質ソースのフルスペックデジタル伝送が可能な「DENON LINK」を採用した初の普及機という特徴を持ち、それを使いたい人にはいいかもしれません。ただし3rd Edition。伝送可能の詳細は確認が必要です。

DAC内蔵プリメインアンプとしては現在でも十分な性能を持っているので、ピュア用途的に考えれば、中古価格も相まってなかなかのものではないでしょうか。

惜しいのは、サラウンドバックアンプのアサイン機能がないこと。これではフロントスピーカーのバイアンプ駆動ができません。これは次の代から搭載されました。

HDMIはありません。色はゴールドのみ。リモコンが使いづらいという意見が一部にあるようです。



ヤフーオークション デノンのAVアンプ

AVC-3890おもな特徴・仕様
サラウンドフォーマットは、従来のDTS-ESやDolby Digital EXにくわえ、Dolby Pro LogicIIxをサポート
オートセットアップ機能とルームEQ機能を新たに採用
上級機に採用していたサラウンド回路「New D.D.S.Cデジタル」を搭載
32bitフローティングポイントタイプDSP
D/Aコンバーターも全チャンネル192kHz/24bit対応
アナログ波形再生技術「AL24 Processing Plus」の搭載
「DENON LINK」を採用(3rd Edition)
入出力端子
オーディオ系
●オーディオ入力端子:11系統、8ch外部入力:1系統、光デジタル入力:5系統、同軸デジタル入力:2系統、DENON LINK:1系統
●7.1chプリアウト:1系統、レックアウト:3系統、光デジタル出力:2系統
ビデオ系
●コンポジット入力:7系統、Sビデオ入力:7系統、コンポーネント入力:3系統(RCA 1、D端子2)
●コンポジット出力:3系統、Sビデオ出力:3系統、コンポーネント出力:2系統(RCA 1、D端子1)
消費電力/290W(スタンバイ時1W未満)
最大外形寸法/W434×H171×D429mm
質量/17.5kg
リモコン付属
[ 2010/05/01 13:19 ] ★AVアンプ DENON | TB(0) | CM(0)
[Edit]

DENON  AVC-2890 AVアンプ

中古オーディオ機器探求。AVアンプ編。DENON AVC-2890。 115,500円(税込み)2004年5月下旬発売。

DVDに対応している旧世代のAVアンプ。AACにも対応。映像もHDMIはなし。

この機種はAL24 Processingと、オートセットアップ、ルームEQ(イコライザー)機能を搭載しているAVアンプとしてはもっとも定価が安く、この機能に注目する人には中古ゆえの安さもあいまって魅力的と思います。

デジタル入力付ステレオプリメインアンプと考えてもいいでしょう。バイアンプ機能はなし。ピュアダイレクトモードで純粋アナログプリメインアンプとしても動作可能。

消費電力も重さもそこそこなのも注目点。


ヤフーオークション デノン-AVアンプ-アンプ-オーディオ機器-家電-AV-カメラ

全チャンネル同一クオリティの高音質サラウンド回路&パワーアンプ
32bitフローティングポイントタイプDSP(第三世代SHARC)を採用
DENON独自のハイビット再現技術・AL24 Processingを採用(フロントのみ)
96kHz/24bit対応デジタル入力
全チャンネル同一パワー同一レスポンスのディスクリート構成7chパワーアンプ
【対応フォーマット】
●DTS-ES ●DTS96/24 ●DTS Neo:6 ●DTS ●Dolby Digital EX ●Dolby Digital ●AAC ●Dolby Pro Logic IIx

●定格出力/
フロント135W+135W、センター135W、サラウンド135W+135W、サラウンドバック135W+135W(6Ω、1kHz、THD0.7%)
●実用最大出力(6Ω、EIAJ)/
フロント:150W+150W、センター:150 W、サラウンド:150W+150W、サラウンドバック:150 W+150W

【入出力端子】
■オーディオ系
●オーディオ入力端子:11系統、8ch外部入力:1系統、光デジタル入力:5系統、同軸デジタル入力:2系統
●7.1chプリアウト:1系統、レックアウト:3系統、光デジタル出力:2系統

■ビデオ系
●コンポジット入力:7系統、Sビデオ入力:7系統、コンポーネント入力:3系統(RCA 1、D端子2)
●コンポジット出力:3系統、Sビデオ出力:3系統、コンポーネント出力:2系統(RCA 1、D端子1)

●消費電力/260W(スタンバイ時1W未満)
●最大外形寸法/W434×H171×D429mm
●質量/13.5kg

[ 2010/04/30 20:20 ] ★AVアンプ DENON | TB(0) | CM(0)
[Edit]

AVC-A1シリーズ 

国内高級AVアンプの代表格、デノンAVC-A1シリーズ。基本的には、一体型のデジタルデコーダー搭載マルチチャンネル・プリメインアンプ。たまに上位のセパレートも発売される。

1996年のAVC-A1以降着実にモデルチェンジを重ね、現在もAVC-A1HDが現役。

AVC-A1、AVC-A1D、AVC-A1SE、AVC-A1SEA、AVC-A1SR、AVC-A1SRA、AVC-A1XV、AVC-A1HDという流れ。

つねにその時代最新のホームシアターデジタル音声規格の登場に合わせてモデルチェンジ。基本的に7chパワーアンプ搭載(例外あり。AVC-A1XVは10ch)。

一方、アナログアンプとしても一般的には十分すぎるほどの実力を持っているものと思われる。

ステレオプリメインアンとしては、2000とS10のあいだくらいではないかと推測できる。しかし、リモコン操作できるのはこれらにない魅力。

アンプ素子としては、例のUHC-MOSは非採用。

また、つねに最新のデジタル音声部を持っているもの魅力。とくにステレオ用に、AL24プロセッシングを搭載しているのは大きな魅力。デジタル出力さえPCなどで用意できれば、CDプレーヤーいらず。

マルチチャンネルアンプとしても、アナログマルチチャンネル入力を持っているので、ブルーレイでのシステム構築も可能。

オーディオ者としては、デジタル入力付(DAC機能付)プリメインアンプとしてとらえてもいいと思う。

中古価格はオーディオ系より落ち気味なので、狙い目。

古いほど安いが機能は古くなるので、目的に合わせてほどよく選びたい。AVC-A1SRあたりがオーディオ用としては個人的には狙いたい。シアターも考えるなら、AVC-A1XVもいいかも。

でかくて重いので買うときはそこも考慮したい。

だいたい6Ωで200ワットの定格出力。アンプ部S/N比105dB。DAC部S/N比115dB、ダイナミックレンジ112dB。

denonホームページ

ヤフーオークション デノン AVC-A1


[ 2010/04/15 12:16 ] ★AVアンプ DENON | TB(0) | CM(0)
[Edit]