スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)
[Edit]

marantz PM-80

マランツ PM-80 プリメインアンプ メーカー希望小売価格¥65,000(税別) 発売1988年

小出力時にはAクラス、大パワーの必要な時にはクラスABを使い分けることができるというこのころのマランツがよく行っていた機能が付いた比較的低価格のアンプ。

大型電源トランス、18,000μF×2の特別仕様電解コンデンサー、パラレル・プッシュプル構成の三段ダーリントン接続など立派な内容のようでした。外観も豪華で、各入力端子は金メッキ、インシュレーターはアルミ製など。

ただ、時間が経つとどうも同じような不具合が出る(音が出にくくなるなどの類)ものが多いようで、ヤフオク中古でもそういう不具合個体のジャンク扱いが多いのが目につきます。

どうやら見えない宣伝文句以外の部分の部品にコストから来る制約なのか問題が出やすいためのようです。後継のPM-80aはそうでもないようです。内部部品のメリハリ?が大きいようで、電圧増幅回路がディスクリートでは無くワンパッケージのモジュール式ICだという情報もあります。

ちょっとした不具合を我慢するか直せるならまず1万円はしないで買うことができます。

ヤフオクでの取引例:
7,502 円 41入札 12年8月23日 音出し:△ボタン操作:○ダイヤル操作:△
備考:スピーカー1・2の切替は出来ますがどちらも左側の接触が悪いです。ボリューム調整の接触が悪い時があります。

ヤフーオークション マランツのプリメインアンプ


スポンサーサイト
[ 2012/09/08 18:39 ] ★アンプ マランツ | TB(0) | CM(0)
[Edit]

marantz PM-13S1

マランツ PM-13S1 プリメインアンプ メーカー希望小売価格¥262,500(税込) 発売2007年3月

同社の中級機種の新シリーズとして当時登場した13番号台のプリメインアンプ。

薄型の下位が人気があり、一方、大型筐体の上級機は音はいいけど、下位の大きさで上級に迫る音、というニーズがあったのかもしれず、中級機にしては比較的薄型のボディとスタイリッシュな外見も特徴。

しかし、内容はむしろ物量投入型で、CDプレーヤーともども評価・人気の高いラインになりました。下位のPM-15S1をベースにPM-11S1の設計コンセプトを踏襲、電源トランスは上位機よりも大型にするなど後発のメリットもあったようです。

2009年9月には後継のPM-13S2が発売。さらに2012年には上位11シリーズもS3となってモデルチェンジしたので、このクラスもさらにモデルチェンジされるかもしれません。

なお、S2では出力が増加することもなく、物理スペックも同一です。つまりとにかく音を変えるモデルチェンジでした。この機種はのちの後継や新機種とは異なる音かもしれませんが、中古で安くということならいいかもしれません。また、最近の同社の音よりこの頃の音が好きという人にはかえって安くてさらにいいでしょう。9万円くらいの相場のようです。

ヤフオクでの実際の取引例:
89,990 円 1 8月10日 目立つ傷もなく状態良好、CDだけでなくフォノ入力も使っていますが問題なく動作します。
89,250 円 40 8月12日 動作確認済みです。外装は使用感が多少ありますが、特に目立つキズも無く、比較的綺麗な状態だと思います。

ヤフーオークション マランツのプリメインアンプ


[ 2012/09/08 18:17 ] ★アンプ マランツ | TB(0) | CM(0)
[Edit]

marantz PM-11S2

マランツ PM-11S2 プリメインアンプ メーカー希望小売価格¥399,000(税込) 発売2008年9月

先代11S1から4年ぶりのモデルチェンジ。

その間に開発された技術や上位機のノウハウを新たに投入したとのこと。

同社プリメインの最上級機。つまり本機に投入される上位機のノウハウとは、セパレートアンプのものです。セパレートはおおおげさだけれどできるだけクオリティを追求したい。それもマランツで、という人向け。

外観やスペックなどは先代ととくに変わらないので、音が変わったというのが大きいようです。実際にはスペックは変わらずとも、電源トランスを大型化し、コアサイズを大きく。また、ケミコンも18,000μFから22,000μFへ容量を高めています。これはスペックが変わらなくても音が変わるに十分な違いです。天板を5mm厚のアルミにしたのも変更点。

プリアウトはありますが、メインインはありません。

デノンの同クラスと違い、リモコンがあるのは便利。

中古で安く、というなら先代も考えてもいいかもしれません。ただ、やっぱり音は違うでしょうね。



ヤフーオークション マランツのプリメインアンプ

PM-11S2おもな特徴・仕様
マランツオリジナル高速電圧増幅モジュールHDAM(R)SA3搭載
プリアンプ部にはSC-7S2/SC-11S1同様、電流帰還型を採用した高速プリアンプ回路を搭載
ボリュームには0.5dBステップで電子制御可能なイギリスWolfson社製WM8816ボリューム・コントロールICをパラレル使用したリニアコントロール・ボリューム回路
パワーアンプはMA-9S2の設計コンセプトを踏襲した2アンプ構成
大型トロイダルトランスを新たに開発
新開発カスタムコンデンサをはじめ、高品位オーディオ部品を多数採用
ドイツWBT社製高品質スピーカーターミナル
定格出力(20Hz~20kHz両ch同時駆動):100W×2(8Ω)、200W×2(4Ω)
全高調波歪率(20Hz~20kHz両ch同時駆動、8Ω):0.01% ●周波数特性(CD、1W,8Ω):5Hz~120kHz±3dB
SN比(IHF Aネットワーク、1W,8Ω):PHONO(MC)76dB(0.5mV入力)、PHONO(MM)90dB(5mV入力)、HIGH LEVEL 96dB(500mV入力)
入出力端子:フォノ入力1、ライン入力4、テープ入出力2
消費電力:300W
外形寸法:440W×168H×444Dmm
質量:26.6kg
リモコン付属
[ 2011/07/13 12:07 ] ★アンプ マランツ | TB(0) | CM(0)
[Edit]

marantz PM-15S2

マランツ PM-15S2 プリメインアンプ メーカー希望小売価格¥157,500(税込) 発売2009年6月

2005年のPM-15S1のモデルチェンジ機。

見た目が変わらず、価格も据え置きなので、マイナーチェンジか…、と思いきや、中身をかなり変更した大幅なモデルチェンジのようです。

外観を変えないのはコスト面での有利性のためでしょう。

セパレートアンプPM-11S2の開発で得られた新技術を投入しています。

プリアンプ段とパワー段からオペアンプを排除し、HDAM-SA3とHDAM-SA2を採用したフルディスクリート構成にしたことが大きな変更。スルーレートの大幅な向上も謳っています。

従来裸だったトランスにもケースをつけるなど、価格据置きとは思えない改良ぶり。

機能面では、パワーアンプダイレクト入力端子をあらたに装備。

かなりの戦略モデルなのでしょう。



ヤフーオークション マランツのプリメインアンプ

PM-15S2おもな特徴・仕様
マランツオリジナル高速電圧増幅モジュールHDAM(R) SA3 採用
大型トロイダルトランス
15,000μFのコンデンサー
トーンコントロール機能
コンスタント・カレントフィードバック・フォノイコライザー
スピーカーターミナルは独WBT社製
定格出力(20Hz~20kHz両ch同時駆動):90W×2(8Ω)、140W×2(4Ω)
全高調波歪率(20Hz~20kHz両ch同時駆動、 8Ω負荷):0.05%
周波数特性(CD、1W、8Ω負荷):5Hz - 100kHz±3dB
PHONO最大許容入力:MC→15mV、MM→150mV
入出力端子:PHONO入力1、LINE入力3、RECORDER入力2/出力2、プリアウト1、パワーアンプダイレクト入力1
消費電力(8Ω負荷時):220W
最大外形寸法(本体):440W×123H×444Dmm 
質量(本体):18.5kg
リモコン付属

[ 2011/02/23 11:42 ] ★アンプ マランツ | TB(0) | CM(0)
[Edit]

marantz PM-13S2

マランツ PM-13S2 プリメインアンプ メーカー希望小売価格¥262,500(税込) 発売2009年9月

同社の中級機種。先代13S1からのモデルチェンジの体裁。実際には、先行して販売されている下位機、PM-15S2に音質向上のための改良を施した機種、ということのようです。

高音質化パーツの投入やチューニングによる向上ということです。そのため、とくに出力が増加することもなく、物理スペックも同一です。つまりとにかく音に効く改善を行い、それが全てであるということです。

この機種にはオーディオ界、とくに海外で有名なKen Ishiwata氏が監修したということで、海外では、「marantz/K.I. Signature series」の30周年記念モデルとして、「PM-KI Pearl」という名称で販売されるのだそうです。

Ken Ishiwata氏はマランツのアドバイザーのような方らしく、海外では有名らしいですね。CECの社長さんと同姓同名ですが、別人のはずです。

ともかく本機は、同社の中級機で、より上級にあるバランス入力や、バイワイヤリング対応可能になる複数スピーカー端子がありません。

とはいえ、音に関する評価は高く、上記の機能が不要ならば、十分メリットはある機種のようです。

また、上位は大きすぎる、という向きの人もいるので、薄型かつ、高品位という条件を満たす最高レベルが本機になるという事情もありますから本機の存在意義は高いでしょう。



ヤフーオークション マランツのプリメインアンプ

PM-13S2おもな特徴・仕様
PM-15S2をベースとして、さらに贅沢な高音質パーツの投入、徹底したチューニングによって、音質を向上させたスペシャル・エディション・モデル
マランツオリジナル高速電圧増幅モジュールHDAM(R) SA3 採用
大型トロイダルトランス
PM-15S2の33%増となる20000μFのコンデンサー
トーンコントロール機能
リモコン機能
定格出力(20Hz~20kHz両ch同時駆動):90W×2(8Ω)、140W×2(4Ω)
全高調波歪率(20Hz~20kHz両ch同時駆動、 8Ω負荷):0.05%
周波数特性(CD、1W、8Ω負荷):5Hz -100kHz±3dB
入出力端子:PHONO入力1、LINE入力3、RECORDER入力2/出力2、プリアウト1、パワーアンプダイレクト入力1
消費電力:220W
外形寸法:440W×127H×444Dmm 
質量:20.0kg
[ 2011/02/05 12:58 ] ★アンプ マランツ | TB(0) | CM(0)
[Edit]

marantz PM7004

マランツ PM7004 プリメインアンプ メーカー希望小売価格¥70,000(税込)発売2010年8月

先代7003(2008年発売)のモデルチェンジ版。また、同時発売の8004の下位機。

基本的に8004の設計・機能を踏襲し、3万円リーズナブルにしたモデル。

新たに、低域/高域に加えて中域もコントロールできる、3バンドのトーンコントロール機能トライ・トーンコントロール機能」を本機も搭載。

フルディスクリート構成の電流帰還型増幅回路を搭載するという基本コンセプトも上級同様で、プリ/パワーアンプへの最新型高速アンプモジュールHDAM(R) SA 3の採用、入出力回路へのHDAM SA 2を搭載するのも同じ。

コンデンサーの容量が小さく、電源トランスもトロイダルからこちらはEIになっています。

MMフォノイコは、コンスタント・カレント・フィードバック型回路でないのも違い。

ただ、機能は全て同じ。出力までも同じです。出力の値まで同じなのは珍しいです。音のグレードが違う?



ヤフーオークション マランツのプリメインアンプ

PM7004おもな特徴・仕様
メーカー機種ページ
基本コンセプトは上位PM8004と同様の弟機
最新型高速アンプモジュールHDAM(R) SA 3 テクノロジーを採用
フルディスクリート電流帰還型アンプ
トライ・トーンコントロール機能
そのほか8004同様の機能
定格出力(20Hz - 20kHz 両ch同時駆動) 70W×2(8Ω負荷)
100W×2(4Ω負荷)
入出力端子 フォノ入力(MM) 1系統(GND端子付き)
ライン入力 3系統(CD、TUNER、AUX/DVD)
テープ入出力 2系統(RECORDER1、2)
プリアウト 1系統
パワーアンプダイレクト 1系統
スピーカー出力 2系統
ヘッドホン出力 1系統
トーンコントロール :BASS(50Hz) ±10dB
MID(900Hz) ±6dB
TREBLE(15kHz) ±10dB
消費電力:200W 
最大外形寸法:440W×127H×365Dmm 
質量(本体):10.5kg
[ 2011/01/06 15:55 ] ★アンプ マランツ | TB(0) | CM(0)
[Edit]

marantz PM8004

マランツ PM8004 プリメインアンプ メーカー希望小売価格\100000(税込み) 発売2010年8月

先代8003(2008年発売)のモデルチェンジ版。先代より5千円ほどのアップ。

今回は、新たに「トライ・トーンコントロール機能」を搭載しているのが大きな違い。低域/高域に加えて中域もコントロールできる、3バンドのトーンコントロール機能のこと。音をいじりたい人向け。

あとの基本はだいたい同じようですが、パーツや機構を向上させ、音質強化を図っているようです。ただ、あまり大きく変えてはいないようです。

スペック・機能などはトンコン以外は先代とまったく同一。やはり、トーンコントロールがポイントなのでしょうか?

プリ・パワー分離可能、リモコン対応など便利機能豊富。

下位に機能は同一の7004がありますが、トランスがトロイダルでなくなる、フォノイコが、コンスタント・カレント・フィードバック型回路でなくなるほか、部品、端子グレードなどに違いがあります。



ヤフーオークション マランツのプリメインアンプ

メーカー機種ページ

PM8004おもな特徴・仕様
フルディスクリート・電流帰還型アンプ
最新型高速アンプモジュールHDAM-SA3
低漏洩磁束トロイダルトランス
フルディスクリート構成の電流帰還型PHONOイコライザー
プリアウト
パワーアンプダイレクト入力端子装備
アクティブフィルター型トーンコントロール
バイワイヤリング対応のスピーカー出力端子
ソースダイレクト
定格出力(20Hz~20kHz両ch同時駆動):70W+70W(8Ω)、100W+100W(4Ω)
全高調波歪率(20Hz~20kHz両ch 同時駆動、8Ω負荷):0.02%
周波数特性(CD、1W、8Ω負荷):5Hz~100kHz±3dB
SN比(IHF Aネットワーク、1W、8Ω負荷):LINE→90dB(500mV入力)、PHONO(MM)→87dB(5mV入力)、 POWER AMP DIRECT IN →106dB
入出力端子 フォノ入力(MM) 1系統(GND端子付き)
ライン入力 3系統(CD、TUNER、AUX/DVD)
テープ入出力 2系統(RECORDER1、2)
プリアウト 1系統
パワーアンプダイレクト 1系統
スピーカー出力 2系統
ヘッドホン出力 1系統
トーンコントロール :BASS(50Hz) ±10dB
MID(900Hz) ±6dB
TREBLE(15kHz) ±10dB
消費電力:200W 
最大外形寸法:440W×130H×379Dmm 
質量(本体):12.2kg
[ 2011/01/06 15:38 ] ★アンプ マランツ | TB(0) | CM(0)
[Edit]

marantz PM5004

マランツ PM5004 プリメインアンプ メーカー希望小売価格¥35,000(税込み) 発売2010年7月

同社単体プリメインの最ベーシックラインの機種。PM5003(2008年)からのモデルチェンジ。

価格据置き、デザインも同様ながら、音質の要となるパーツのグレードアップなど徹底したサウンドチューニングによって音質を向上させたとのこと。

基本設計は変わってないようです。

多機能ぶりも変わらず。カラーはブラックとシルバーゴールドの2色。



ヤフーオークション マランツのプリメインアンプ

PM5004おもな特徴・仕様
電流帰還型増幅回路を本機のプリアンプ部とパワーアンプ部に採用
上位機種のプリアンプ、パワーアンプ、トーンコントロールの各ブロックを独立させた構成を継承
パワーアンプ部は完全ディスクリートアンプ回路
MMカートリッジ対応のフォノイコライザーを搭載
トーンコントロールには音質を重視したアクティブフィルター型を採用
インプットバッファー回路を搭載
本機以外にもマランツ製のCDプレーヤー、チューナー、DVDプレーヤー、カセットデッキの操作が行えるリモコン付属
定格出力:40W×2(8Ω負荷)
全高調波歪率:0.01%(40Hz - 20kHz 両ch同時駆動、8Ω負荷)
S/N比:CD/LINE 103dB(2V入力、定格出力)、PHONO(MM) 83dB(5mV入力、1W出力)
消費電力:110W
最大外形寸法:440W×105H×370Dmm
質量:6.7kg
リモコン付属
[ 2011/01/05 11:38 ] ★アンプ マランツ | TB(0) | CM(0)
[Edit]

marantz PM8003

マランツ PM8003 プリメインアンプ メーカー希望小売価格\90000(税別) 2008年発売。

マランツのエントリークラスプリメインアンプ。先ごろモデルチェンジし、生産完了に。

マランツ独自の回路や機能が満載。音の傾向は同じグループのデノンと意図的に変えているようで、上よりとのこと。デザインもスマート。新型はトンコンが3バンドに。本機は普通の2バンド。フォノはMMのみ。

在庫も出回っているようなので、欲しい人はお早めに。



ヤフーオークション マランツのプリメインアンプ

PM8003おもな特徴・仕様
フルディスクリート・電流帰還型アンプ
最新型高速アンプモジュールHDAM-SA3
低漏洩磁束トロイダルトランス
フルディスクリート構成の電流帰還型PHONOイコライザー
本機のパワーアンプは瞬間的には25アンペア以上の電流を流す能力を有し、スピーカーを強力にドライブ
パワーアンプダイレクト入力端子装備
アクティブフィルター型トーンコントロール
バイワイヤリング対応のスピーカー出力端子
ソースダイレクト
定格出力(20Hz~20kHz両ch同時駆動):70W+70W(8Ω)、100W+100W(4Ω)
全高調波歪率(20Hz~20kHz両ch 同時駆動、8Ω負荷):0.02%
周波数特性(CD、1W、8Ω負荷):5Hz~100kHz±3dB
SN比(IHF Aネットワーク、1W、8Ω負荷):LINE→90dB(500mV入力)、PHONO(MM)→87dB(5mV入力)、 POWER AMP DIRECT IN →106dB
トーンコントロール:BASS(50Hz)→±10dB、TREBLE(20kHz)→±10dB
消費電力:200W
最大外形寸法(幅×高さ×奥行き) 440.0mm×129.8mm×379.0mm
質量(本体) 12.0kg
付属品 リモコン、電源コード
[ 2010/11/04 18:12 ] ★アンプ マランツ | TB(0) | CM(0)
[Edit]

marantz model 7

マランツ model 7 真空管式プリアンプ。レプリカ メーカー希望小売価格¥360000(税別)1995年発売

オリジナルは1957年発売。オリジナルであっても、シリアル番号によって音が違うそうです。

いわゆるビンテージものとして人気の高い一品。オリジナルに関してはこの古さですから、内部の変更、劣化への知識がある人、再調整の有無などが重要でしょう。

復刻品における変更点は、電源ケーブルがインレット式、AC一次周りに各国安全規格認定品を使用、電源トランスが温度ヒューズ入りの点。

オリジナルも復刻品もアメリカ製。オリジナルの真空管12AX7はテレフンケン製。

marantz model 7   #7 プリアンプ中古
marantz model 7 #7 プリアンプ中古
価格:698,000円(税込)
ショップ: AV Pro shop ヤマデン


ヤフーオークション マランツのビンテージ系アンプ

model 7 特徴・仕様
真空管 ECC83/12AX7使用
3段NFイコライザー
NF型ステップ切替式コントロール

消費電力 35W(電気用品取締法)
外形寸法 幅391×高さ155×奥行261mm(ウッドケースなし)
重量 5.0kg
[ 2010/08/22 12:51 ] ★アンプ マランツ | TB(0) | CM(0)
[Edit]

marantz PM-15S1

マランツ、PM-15S1、プリメインアンプ。メーカー希望小売価格(税別):\150,000。発売日:2005年3月。生産完了品。

薄型、スタイリッシュなデザインながら、リモコン、トーンコントロール、MC対応フォノイコライザー、プリアウトと
機能充実。スピーカー端子一系統が惜しいかも。



メーカー製品詳細ページ

ヤフーオークション マランツのアンプ

オーディオ銘機賞2006 ≪銅賞≫受賞モデル
オーディオ銘機賞2006 ≪プリメインアンプ部門賞≫受賞モデル

PM-15S1おもな特徴・仕様
トーンコントロール機能、バランス調整機能
プリアウト端子装備
マランツ製CDプレーヤーの操作も可能なシステムリモコン
バナナプラグ / Yラグ両対応のドイツWBT社製高品質スピーカー端子

【SPEC】
●定格出力(20Hz~20kHz両ch同時駆動):90W+90W(8Ω)、140W+140W(4Ω) 
●全高調波歪率(20Hz~20kHz両ch 同時駆動、8Ω負荷):0.05% 
●周波数特性(CD、1W、8Ω負荷):5Hz~100kHz±3dB 
●ダンピングファクター(8Ω負荷、 20Hz~20kHz):100 
●入力感度/入力インピーダンス:PHONO(MC)→300uV/100Ω、PHONO(MM)→3.2mV /47kΩ、CD/LINE/RECORDER→240mV/20kΩ 
●SN比(IHF Aネットワーク、1W、8Ω負荷):LINE→92dB(500mV入力)、PHONO(MC)→76dB(0.5mV入力)、 PHONO(MM)→86dB(5mV入力) 
●トーンコントロール:BASS(50Hz)→±10dB、TREBLE(20kHz)→±10dB 
●入力端子:ライン3系統、テープ系2系統、フォノ1系統 
●出力端子:プリアウト1系統、テープ系2系統、スピーカー1系統、ヘッドフォン1系統 
●消費電力:220W(90W×2/8Ω負荷時)、550W(140W×2/4Ω負荷時) 
●外形寸法(本体):440W×123H×444Dmm 
●質量(本体):18.0kg 
●付属品:リモコン、着脱式ACケーブル、アナログ接続コード  
[ 2010/06/20 17:04 ] ★アンプ マランツ | TB(0) | CM(0)
[Edit]

marantz PM-17SA ver.2

マランツ PM-17SA ver.2 プリメインアンプ メーカー希望小売価格¥126,000(税込) ヤフオク中古価格3・8万円程度 発売2002年10月

人気の17番台シリーズの3代目。10万円程度の薄型中級プリメインの代表機とも言えましょう。

先代SAモデルからは1万円のアップ。セパレートアンプのSC-7S1/MA-9S1で開発された、高速化技術アブソリュートSAテクノロジーを継承してリファインされているのが、新たな特徴。前モデルとの具体的な違いは、電源部に新開発の低倍箔電源ブロックケミコンを使用したことなど。

ウォームアップメーターがブルーに変わりました。

市場での評価も高く、中古でないと買えない名機のひとつでしょう。

現行でこのランクに当たるのはPM8004でしょうが、外観はこちらのほうが高級感があるような気がします。



ヤフーオークション マランツのプリメインアンプ

PM-17SA ver.2おもな特徴・仕様
マランツ・オリジナルの回路高速化技術「Absolute SA Technology」を投入。Super Audioにさらに余裕を持って対応
電流帰還を採用したプリアンプ部
マランツ独自の電圧増幅モジュールHDAM(R)
ツインモノラルコンストラクション
定評のあった基本構成はそのままに、パーツ、電源供給、ワイヤリングを徹底的に見直し
スーパーリングコア・トロイダルトランス
ウォームアップメーターをセパレートアンプSC-7S1/MA-9S1と同じブルーLEDの照明に
プリアウト・パワーイン端子
MM/MC対応フォノアンプ
ドイツWBT社製スピーカー・ターミナル
定格出力
8Ω負荷 60W×2
6Ω負荷 80W×2
4Ω負荷 100W×2
入力感度/入力インピーダンス:PHONO(MC) 230μV/100Ω、PHONO(MM) 2.5mV/47kΩ、HIGH LEVEL 220mV/10kΩ、MAIN IN 1.6V/22kΩ
SN比:PHONO(MC)76dB、PHONO(MM)90dB、HIGH LEVEL 112dB
入力端子:ライン×4、テープ×1、CD-RまたはMD×1、フォノ×1、メインイン×1
出力端子:プリアウト×1、テープ×1、CD-RまたはMD×1、スピーカー×1、ヘッドフォン×1
外形寸法:458W×110H×429Dmm
質量:16.0kg
リモコン付属
[ 2010/06/19 12:58 ] ★アンプ マランツ | TB(0) | CM(0)
[Edit]

マランツ プリメインアンプ PM-11 S1 中古

中古オーディオ機器探求。プリメインアンプ編。PM-11S1。2004年発売、定価367500円。

現行PM-11S2の前の機種。見た目はほとんど変わらない。出力・スペックなどもほとんど同じ。

下位機と違い、バランス入力装備。トーンコントロール、リモコン、プリアウトもあり、便利に使える。

やや大きくて重い、また、消費電力が大きめなのが気になる。



ヤフーオークション マランツのアンプ

おもな仕様・スペック
●定格出力(20Hz~20kHz両ch同時駆動):100W×2(8Ω)、200W×2(4Ω)
●全高調波歪率(20Hz~20kHz両ch同時駆動、8Ω):0.01%
●周波数特性(CD、1W,8Ω):5Hz~120kHz±3dB
●SN比:PHONO(MC)76dB、PHONO(MM)90dB、ライン 96dB
●消費電力:380W、200W×2(4Ω負荷)時 880W
サイズ:W440mm×H165mm×D444mm
質量:26.0kg
[ 2010/05/09 17:34 ] ★アンプ マランツ | TB(0) | CM(0)
[Edit]

marantz PM-14SAとPM-14SA ver.2 

マランツ marantz PM-14SAPM-14SA ver.2 。1999年から、2006年まで販売していたシリーズ。前者が税抜き20万円。後者が税抜き23万円。

リモコン付属、プリアウト・メインイン。さらにバランス入力の装備と充実。とくにバランス入力は現行同価格帯PM-13S2にはないだけに必要な人にはお得。本格的な中級プリメインアンプを少しでも安く中古でいいから手に入れたい人
にも。

この時期の同クラス国産プリメインアンプはリモコンがないものもあったので(デノン、ソニー)、やはりそこは便利。

スペックは両機種とも変わりない。音が違うということでしょう。PM-13S2よりは大きくて重い。

マランツ PM-14SA ver.2情報ページ



ヤフーオークション マランツのプリメインアンプ
 
仕様・スペック
定格出力
200W+200W(4Ω)
160W+160W(6Ω)
100W+100W(8Ω)
全高調波歪率(20Hz~20kHz、両ch同時駆動、8Ω) 0.008%
周波数特性(CD、ソースダイレクト) 5Hz~100kHz +0 -1dB
ダンピングファクター(8Ω、20Hz~20kHz) 180
入力感度/ インピーダンス Phono MC:270μV/100Ω
Phono MM:2.4mV/47kΩ
High Level:250mV/20kΩ
Main in:2.0V/22kΩ
出力電圧/ インピーダンス Pre out:2.0V/250Ω
Phono 最大許容入力(1kHz) MC:10mV
MM:100mV
RIAA偏差(20Hz~20kHz) ±0.2dB
S/N(IHF Aネットワーク、入力ショート) Phono MC:76dB
Phono MM:90dB
High Level:115dB
入力端子
ライン:4系統
バランス:1系統
テープ系:2系統
フォノ:1系統
メインイン:1系統
出力端子
プリアウト:1系統
テープ系:2系統
スピーカー:2系統
ヘッドホン:1系統
電源電圧 AC100V、 50Hz/60Hz
消費電力(電気用品安全法) 300W
最大外形寸法 幅458× 高さ166×奥行464mm
重量 23.0kg
リモコン付属



[ 2010/04/07 08:02 ] ★アンプ マランツ | TB(0) | CM(0)
[Edit]





上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。