スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)
[Edit]

LINN UNIDISK1.1

リン UNIDISK 1.1 ユニバーサルプレーヤー メーカー希望小売価格¥1,764,000(税込) 発売2000年代中頃以降

現在はデジタルディスクプレーヤーから撤退(卒業)したリンのおそらく最後のハイエンドユニバーサルプレーヤー。DVD/SACDマルチに対応したプレーヤー。

同社の当時最高峰のユニバーサルプレーヤーとして登場。同時発売の下位機はUNIDISK 2.1。音声回路での差別化が図られていたようです。他UNIDISK SCもありましたが、これも下位機。

CD再生のレベルが気になるでしょうが、CD部の内容は、LINNの最後のCDプレーヤー、AKURATECD(約100万円)と同じとのことで、当時としてできることは十分やった感があります。

初期型と後期型があり、後期はオリジナル電源からダイナミック電源へ変更。。ケースの右上にスリットおよびファンのついた後期型という見分けのようですが、初期型も8万円で後期型同等にバージョンアップサービスがありました。電源はたしかスイッチング方式でした。

HDMIはありませんが、DVI→HDMIケーブルにて問題無く視聴できるようです。

これでデジタル入力があったり、プリ機能があったりすると今日でももっと魅力がありそうですが。とはいえ、定価を考えると中古価格は下がっていると見ることができそうです(20万円台前半程度)。

CDプレーヤーとしてだけ導入するのではかわいそうで、やはりSACDも聴くくらいの人に似合いそうです。

英国直輸入品を中古で買っても国内サポートは受けられるそうです。というのも無償アップグレードによる全てのUNIDISKについて、読み取り能力を飛躍的に向上させることができるというサービスがあるので、重要なポイントです。いつまで受けられるかわからないですが、大事なことでしょう(記事執筆後に終了していた場合はご了承ください)。
http://www.linn.jp/news/upgrade/index.html

現在のリン製品を使っていて、デジタルディスクプレーヤーがないことに不満のある人で、できるだけハイクオリティかつSACD/DVDも、という人にも。CDだけで最高峰のリンを、となるとCD12など他の選択肢もあるかも。また、最高峰でなくてもCDだけでいいというのならやはり他があるかもしれません。

ヤフオクでの実際の取引例
215,000 円 46 12月24日 中古品の中では比較的状態良好になります。動作確認済みになります。
230,000 円 1 12月26日 後期型で、ダイナミック電源搭載品
252,000 円 3 12月2日 平成23年、LINN社に完全オーバーホールを実施済み

ヤフーオークション リンのオーディオ機器


スポンサーサイト
[ 2012/12/29 17:05 ] ★DVDプレーヤー | TB(0) | CM(0)
[Edit]

ESOTERIC UZ-1

エソテリック UZ-1 ユニバーサルプレーヤー メーカー希望小売価格¥600,000(税別) 発売2005年9月

DVD Audioも再生できるSACD対応ユニバーサルプレーヤー。i.LINKがあるのも今となっては貴重。

当時としては先進的なデジタル出力のHDMI端子を装備しています。これは今日ではむしろ生きる装備でしょう。

77ミリの薄型デザインを採用した“ESOTERIC NEWハイエンドオーディオシステム”というデザイン重視シリーズのひとつでもありました。

DACにPCM/DSDの両フォーマット入力に対応したシーラスロジック社製のCS4398を採用。SACDは出力段までストレートな信号処理を行うDSD-Directモードを搭載。高精度な信号読み取りを実現したエソテリック独自の軸摺動型ピックアップなども搭載。

残念ながらメカはVRDS系ではありません。

CDとSACDを聴くのがメインの人向けでしょうね。PCオーディオには対応できませんし。

エソテリックのオーディオ機器


[ 2012/07/24 12:12 ] ★DVDプレーヤー | TB(0) | CM(0)
[Edit]

ESOTERIC DV-30/s

エソテリック DV-30/s ユニバーサルプレーヤー メーカー希望小売価格¥300,000(税別) 発売2003年

当時、同ブランドのユニバーサルプレーヤー第2弾で、「DV-50」の後継機として登場。DV-50よりもリーズナブルにというもの。

底板は5ミリ厚、天板は1.6ミリ厚のスチ-ル製。製品質量16kgフルボディコンストラクションという例によって、高剛性、無共振構造思想ではありますが、残念ながらメカはVRDSではありません。

そのかわりでもないでしょうが、DVD、CDから読み出されたデジタルデータを最大1536kHz(DVD-AUDIO/VIDEO)、1411.2kHz(CD)までアップコンバートを行う24bit D/Aコンバートシステムという凝ったDAC部になっています。

いまや貴重なDVD-AUDIO対応機であり、SACDマルチ機でもあります。

2004年にはバージョンアップモデル・DV-30s(32万円・税別)に。アナログデバイス社製の14bit/216MHz最新ビデオDAC・ADV7314を新たに採用したことによる映像系の向上のみが違いとなっており、オーディオ的には同一です。バージョンアップサービスも行っていましたが、すでに終了しています。

ヤフオクでの実際の取引から
79,800 円 1入札 2012年1月13日
付属品は、リモコン・取扱説明書・電源ケーブル・オーディオケーブル・インシュレーター用下敷(未使用)・元箱になります。
当方所有のCD/DVD/SACDにて正常に再生できることを確認しました。目立つような傷汚れはなく綺麗な状態だと思います。



エソテリックのオーディオ機器

再生可能ディスク:DVDビデオ、DVDオーディオ、SACD、CD、CD-R、CD-RW、ビデオCD、DVD-RW、MP3ファイル
映像出力:DVI-D端子×1系統、S1/S2映像出力×2、映像出力×2、コンポーネント映像出力×1、D1/D2端子×1
音声出力:アナログ音声出力端子(2チャンネル、RCA2系統)および5.1チャンネル音声出力端子(5.1チャンネル、RCA1系統)、デジタル出力(光×1、同軸×1)
消費電力:30W
外形寸法:442Wx157Hx354D mm
質量:16kg
リモコン付属
[ 2012/02/11 17:08 ] ★DVDプレーヤー | TB(0) | CM(0)
[Edit]

Panasonic DVD-H1000

パナソニック DVD-H1000 DVDプレーヤー メーカー希望小売価格¥300,000(税別) 発売1999年

DVDすら普及しきっていないときに出た松下の高級DVDプレーヤー。レコーダーも普及していないころなので、録画ディスクには非対応。はっきり言って映像プレーヤーとしては過去の遺物。しかし、マニアなら多分おわかりのとおり、この機種はCDプレーヤーとして高級機なのです。それなら今でも通用しそう。たしか長岡鉄男も死の直前ですが、これを使用していたようです。DACはバーブラウンPCM1704、これだけでも十分です。また、ヴィジュアル評論家の藤原陽祐氏も本機を歴史的名機と評価し、つい最近でも評論文のなかに登場するくらいです。藤原氏は一般のテレビ番組表雑誌で本機に言及していましたが、その読者層には何を言っているのか通じないと思いましたが…。しかしわかる人にはわかる機種のひとつ。マニアには売れたのか、ヤフオクに結構出ているのは驚きです。

ヤフオクでの実際の取引から見る相場・状態(2011年)
20,500 円 38 12月4日 CDだけで使っておりました。音は問題なく基本的機能も問題ないです。
15,501 円 40 11月27日
9,250 円 24 11月25日 映像・出力音を確認済み。電源コード等の付属品は有りません。

2chから:何が何でも高級機 の音を出そう、としている様に 感じるところがあって、無理をしている ...



ヤフーオークション パナソニックのDVDプレーヤー

おもな特徴・仕様
27MHz/10bitビデオD/Aコンバーター搭載
プログレッシブビデオプロセッサー採用
バーブラウン製DACをL/R独立で2個搭載
MOS-FETバーチャル・バッテリー・オペレーション電源回路搭載
オーディオ専用大型Rコアトランス搭載
各種映像出力
アナログ音声出力端子(2系統)
デジタル出力(光1系統、同軸2系統)
消費電力  25W(スタンバイ時 約1.5W)
寸法(幅*高さ*奥行き)  430*112.5*391(mm)
重量  16.6Kg
リモコン付属

[ 2011/12/12 08:15 ] ★DVDプレーヤー | TB(0) | CM(0)
[Edit]

ESOTERIC UX-1Pi

エソテリック UX-1Pi SACD・CD・DVD対応のユニバーサルプレーヤー メーカー希望小売価格¥1,400,000(税別) 発売2007年

同社ユニバーサルプレーヤーのフラグシップライン・UX-1シリーズの最新機種(2007-2011)。メカニズム・映像系を強化。たとえば、スピンドル軸受けは、好評のセラミック・ボールベアリング。回転系はこれでスムーズに回転。さらに、トレイ部にはシャッターを搭載するなど、オーディオ系プレーヤー上位機の技術を導入。

2011年初頭で販売完了。PCオーディオなどにまだ対応していないためと考えられます。

PCオーディオが必要ない人には魅力的な機種ではないでしょうか。

旧機種の、UX-1とUX-1 Limited、およびバージョンアップ済みのUX-1を所有するユーザーについては、UX-1Piと同等のHDMI ver.1.3へのバージョンアップサービスを210,000円(税込)で受けることができることになっています。



ヤフーオークション エソテリックのCDプレーヤー

UX-1Piおもな特徴・仕様
同社ユニバーサルプレーヤーのフラグシップモデル
VRDS-NEOメカニズムをさらに強化して搭載
トレー収納時にはシャッターが閉まり、シャッター自体がフロントパネルにメカニカルにロックされる機構
ビデオDACには、アナログ・デバイセズ社製の14bit/216MHzビデオDAC「ADV7324」を採用
映像系もグレードアップ
HDMI端子は1080pまでの映像出力が可能で、バージョンは1.3対応
再生可能ディスク:スーパーオーディオCD/CD、DVDオーディオ/ DVDビデオ/ビデオCD/DVD-R/DVD-RW
映像出力:HDMI端子(Ver1.3)×1、S1/S2端子×1、コンポジット×1、RCAコンポーネント×1、D1/D2×端子1
音声出力:RCA1系統(5.1ch)×1、XLR1系統(2ch)×1、光デジタル×1、同軸デジタル×1、i.Link×1(6ピン)
その他端子:RS-232C端子1
ワードシンク入力:BNC×1
消費電力:40W
最大外形寸法:442W×153H×353Dmm (突起部含む)
質量:24kg
リモコン付属
[ 2011/09/01 11:27 ] ★DVDプレーヤー | TB(0) | CM(0)
[Edit]

Pioneer DV-AX10

パイオニア DV-AX10 SACD&DVDオーディオ/ビデオプレーヤー メーカー希望小売価格¥500,000(税別) ヤフオク中古価格・ジャンク3万円程度 動作6万円程度 発売2000年

世界初のDVDオーディオ/DVDビデオ/スーパーオーディオCD/CD/ビデオCDのフルコンパチブルプレーヤーとして華々しく登場した当時の高級機。

SACDはマルチに対応せず、デジタル出力不可。PCMによる変換、など時代を感じさせますし、DVDプレーヤーとしては骨董もの。

しかし、本機は24/96に対応するデジタル入力を持つので、高品位単体DACとして活用可能。

実際、中古市場ではプレーヤージャンク品が多く出回り、それらに数万円の値がついていることからも、DACとして買っている人の存在が浮かび上がります。

本機はCDプレーヤーとしても当時高い評価を得、オーディオ評論家の炭山アキラ氏が自宅リファレンスにしていました。

中途半端な現行機を買うくらいなら本機をDACにすればかなり期待できそうです。ちなみに音声DACはバーブラウンPCM1704。これを全チャンネルに積んでいます。



ヤフーオークション パイオニアのDVDプレーヤー

DV-AX10おもな特徴・仕様
スーパーオーディオCDも再生可能なフルコンパチプレーヤー
高性能192kHz/24bit対応D/Aコンバーター搭載
10bitNTSCエンコーダー&10bit映像D/Aコンバーター
ハイビットICで全チャンネルアップコンバート
ビデオOFF機能
DTS/ドルビー・デジタルデコーダー内蔵
2-3プルダウン方式“ピュア・シネマ・プログレッシブスキャン回路”搭載
型式 DVDオーディオ/ビデオプレイヤー
再生可能メディア DVDオーディオ、SACD、音楽CD、CDV(オーディオパートのみ)
DVDビデオ、ビデオCD、CD-R(音楽用CDフォーマット記録のみ)
映像出力 コンポーネント映像出力端子(Y、Cb、Cr):1系統(BNC)
S2映像出力端子:2系統
映像出力端子:2系統(同軸)
音声出力 ステレオ:同軸1系統、バランス1系統
マルチchサラウンド出力:同軸1系統
デジタル音声出力端子 ドルビーデジタル・DTS・PCM同軸:1系統
PCM同軸:1系統 ドルビーデジタル・DTS・PCM光:1系統
デジタル音声入力端子 PCM同軸:1系統 PCM光:1系統
SRコントロール 入出力1系統
消費電力 48W
外形寸法 幅440×高さ150×奥行394mm
重量 24.0kg
リモコン付属
[ 2011/08/23 08:29 ] ★DVDプレーヤー | TB(0) | CM(0)
[Edit]

marantz DV8400

マランツ DV8400 SACD&DVDオーディオ/ビデオプレーヤー メーカー希望小売価格¥157,500((税込) 発売2003年

DV8300の改良機。変更点は、HDCP対応のDVI-D端子と、Analog Devicesによる「NSV(Noise Shaped Video)」技術を搭載したこと。つまり、映像のデジタル出力に対応。

それ以外の性能・機能などは同等。ただ、チューニングなどを行い、練り上げが行われたようです。奥行き、重量もわずかに増しているので、全く同一の中身、ではないはずです。

それでも、おもな特徴などは8300と共通なので、そちらの項も参照してみてください。ブラックとゴールドあり。



ヤフーオークション マランツのDVDプレーヤー(ユニバーサル含む)

DV8400おもな特徴・仕様
DVI-D端子
NSV搭載
マルチチャンネルのSACDにも対応
全チャンネルに高速電圧増幅モジュール「HDAM」を採用
オーディオ回路電源とビデオ/デジタル回路電源を独立配置
ビデオOFF機能
THX Select
再生可能ディスク:Super Audio CD、DVD Audio、DVD Video、Video CD、DVD-R/RW、CD-R/RW
映像D/Aコンバーター:108MHz/12bit
映像出力:コンポーネント×1、D1/D2×1、S2映像×1、コンポジット×2
音声出力:アナログ(FRONT L/R×2、SL/SR/C/SW×1)、デジタル(光×1、同軸×1)
外形寸法:440W×89H×311Dmm
質量:6.5kg
リモコン付属
[ 2011/08/21 09:14 ] ★DVDプレーヤー | TB(0) | CM(0)
[Edit]

marantz DV8300

マランツ DV8300 SACD&DVDオーディオ/ビデオプレーヤー メーカー希望小売価格¥144,900(税込) 発売2002年

マルチチャンネルのSACDにも対応したユニバーサルプレーヤー。SACDマルチチャンネルでのスピーカーセッティング機能も搭載。

音声DACはシーラスロジック社のCS4392を全チャンネルに使用。

次の8400との違いは、8400のほうが、HDCP対応のDVI-D端子と、Analog Devicesによる「NSV(Noise Shaped Video)」技術を搭載したこと。

つまり、本機は映像も音声もアナログ出力メインということになります。



ヤフーオークション マランツのDVDプレーヤー(ユニバーサル含む)

DV8300おもな特徴・仕様
マルチチャンネルのSACDにも対応
全チャンネルに高速電圧増幅モジュール「HDAM」を採用
オーディオ回路電源とビデオ/デジタル回路電源を独立配置
ビデオOFF機能
THX Select
再生可能ディスク:Super Audio CD、DVD Audio、DVD Video、Video CD、DVD-R/RW、CD-R/RW
映像D/Aコンバーター:108MHz/12bit
映像出力:コンポーネント×1、D1/D2×1、S2映像×1、コンポジット×2
音声出力:アナログ(FRONT L/R×2、SL/SR/C/SW×1)、デジタル(光×1、同軸×1)
外形寸法:440W×89H×307Dmm
質量:6.1kg
リモコン付属
[ 2011/08/21 09:12 ] ★DVDプレーヤー | TB(0) | CM(0)
[Edit]

LINN UNIDISK SC

リン UNIDISK SC ユニバーサルプレーヤー/AVプリアンプ メーカー希望小売価格¥861,000(税込) 発売2004年7月

SACD&DVDオーディオ/ビデオを再生できるユニバーサルプレーヤー、だけでなく、各種デジタル音声のデコードに加え、マルトでプリアウトもできるAVプリアンプ機能も搭載した機種。

一般的には十分高価な製品ですが、上位プレーヤー「UNIDISK 1.1」のノウハウを注入した下位機。同社オリジナルの「シルバー・ディスク・エンジン」テクノロジーを活用。

ご存知のとおり、リンはディスクプレーヤーから撤退したので、本機も生産完了品。

後期にはHDMI出力モデルが出ました。買うならそちらを選びたいところです。

入出力も豊富ですし、普通にプリとしても使えます。珍しい形態ながら高品位という製品と言えましょう。

後継機がないのはやはり残念。



ヤフーオークション リンのオーディオ機器

UNIDISK SCおもな特徴・仕様
ユニバーサルプレーヤーと、AVコントロール機能を統合
「シルバー・ディスク・エンジン」テクノロジー
外部デジタル入力のデコーディング機能
対応ディスクフォーマット:CD/CD-R/CD-RW/SACD/DVD/DVD-A/DVD-R/DVD-RW/DVD+RW/Video-CD/Super Video-CD/MP3/JPEG
RS232およびKnektインターフェース
音声入力:アナログ2系統、デジタル4系統(同軸2系統、光2系統)
音声出力:5.1chアナログ、デジタル2系統(SPDIF同軸、TOSLINK)
映像入力:コンポジット、S端子、YPrPb
映像出力:コンポジット、S端子、RGB、YPrPb
5.1デコーディング:Dolby Digital/DTS/AAC/MP3(デジタルのみ)
2.1デコーディング:MP3(ディスクのみ)
外形寸法:381W×80H×368Dmm
質量:4.9kg
[ 2011/05/08 12:32 ] ★DVDプレーヤー | TB(0) | CM(0)
[Edit]

ESOTERIC UX-3SE

エソテリック UX-3SE ユニバーサルプレーヤー(SACD&DVDオーディオ/ビデオプレーヤー) メーカー希望小売価格¥787,500(税込)  ヤフオク中古価格20万円台前半程度 発売2005年12月

同年1月に発売されたSEなしのオリジナルモデルのバージョンアップ版。8万円ほどアップ。

違いとしては、フラグシップモデルP-01、D-01のテクノロジーやノウハウを新たに投入した部分。

2chオーディオ出力端子部やデジタル出力端子部には、75Ω伝送を実現した独WBT社のRCAジャック“nextgen=ネクスジェン”「WBT-0210Cu」を採用。サイドパネルとトップパネルはX-01Limited、UX-1Limitedと同等の肉厚アルミ材に変更。彫刻されたESOTERICロゴや、「Special Edition」を印すプレート(ゴールド色)をトップパネルに装着するという意匠面での変更もあり。

主要内部配線材には6N純度の銅線を採用。ESOTERIC 「MEXCEL」ケーブルと同様、三菱電線工業株式会社と(株)アクロジャパンの協力により共同開発し、P-01/D -01にも採用されたものだという。

それ以外の特徴などは旧機種と同様。

このようにマニアにとっては、見過ごせない内容の変更が行われました。

旧機種ユーザーにも有償バージョンアップサービスがありました。

中古市場でははじめからSEのものと、旧機種をバージョンアップさせた機種の両方が見られます。厳密に考えると全く同一ではない可能性もあります。そのあたりの判断はあなたに委ねられるでしょう。オリジナルモデルの項も参照してみてください。

2007年には新機種、UX-3Piにモデルチェンジします。これは全くの別機種。



ヤフーオークション エソテリックのCDプレーヤー

UX-3SEおもな特徴・仕様
ユニバーサルプレーヤー
「UX-3」のアップグレードモデル
フラグシップモデル「P-01」「D-01」のテクノロジーやノウハウを投入
再生可能ディスク:DVDビデオ、DVDオーディオ、SACD、CD、CD-R、CD-RW、ビデオCD、DVD-R、DVD-RW 
映像出力: DVI端子1、S1/S2端子1、ビデオ1、コンポーネント1、D1/D2端子1 
音声出力:RCA1系統(2ch)1、XLR1系統(2ch)1、光デジタル1、同軸デジタル1、i.Link1 
ワードシンク入力:BNC1 
消費電力:36W 
最大外形寸法:442W×153H×353Dmm  
質量:23.5kg
リモコン付属
[ 2011/05/05 11:43 ] ★DVDプレーヤー | TB(0) | CM(0)
[Edit]

ESOTERIC UX-3

エソテリック UX-3 ユニバーサルプレーヤー(SACD&DVDオーディオ/ビデオプレーヤー) メーカー希望小売価格¥735,000(税込)  ヤフオク中古価格20万円代前半程度 発売2005年1月

当時の同社フラグシップユニバーサル機、UX-1(2003年)の機能・性能をできるだけ維持しながら、コストダウンし、リーズナブルにした弟機。じつに約半額。

アナログ音声出力を2chに特化し、マルチチャンネル出力はi.Linkで対応させるという合理的手法を導入。いまとなってはi.Linkは使いにくいですが。

オーディオ出力は、UX-1と同じ設計を採用。ビデオ回路もUX-1の設計を踏襲。看板の「VRDS-NEO」メカニズムは、基本構成をそのままに、素材・厚みなどを一部見直し、合理化。筐体素材も変更(アルミからスチール)など。

機能的には同一で、外部マスタークロック・ジェネレーターとのWORD SYNC機能など、いかにも高級機的装備をしっかりと継承。

同年12月にバージョンアップモデルが出ました。



ヤフーオークション エソテリックのCDプレーヤー

UX-3おもな特徴・仕様
フラグシップユニバーサルプレーヤーUX-1の基本機能を踏襲しながら、合理化したハイコストパフォーマンスモデル
「VRDS-NEO」メカニズム
DACチップにはバーブラウン製24ビットD/Aコンバーター・PCM1704をチャンネルあたり2チップとする差動構成
ビデオDACにはアナログデバイセス社の216MHz/14ビット「ADV7314」を採用
外部マスタークロック・ジェネレーター接続可能
再生可能ディスク:DVDビデオ、DVDオーディオ、SACD、CD、CD-R、CD-RW、ビデオCD、DVD-R、DVD-RW 
映像出力:DVI端子1、S1/S2端子1、ビデオ1、コンポーネント1、D1/D2端子1 
音声出力:RCA1系統(2ch)1、XLR1系統(2ch)1、光デジタル1、同軸デジタル1、i.Link1 
ワードシンク入力:BNC1 
消費電力:36W 
最大外形寸法:442W×153H×353Dmm
質量:23.5kg
リモコン付属
[ 2011/05/05 11:42 ] ★DVDプレーヤー | TB(0) | CM(0)
[Edit]

ONKYO DV-SP205FX

オンキヨー DV-SP205FX DVD/ユニバーサルプレーヤー メーカー希望小売価格¥52,500(税込) 発売2004年10月

小型・低価格のユニバーサルプレーヤーで業界で話題になった先代、 DV-SP205の後継機。

さらに低価格になりました。

しかし、価格的には他社も追いつき、この機種の特徴はおもに小ささになったと思われます。

また、音声スペックが先代よりいくらか落ちているのも事実です。コストカットの影響でしょうか。

ただし、映像面では進歩しているようです。



ヤフーオークション オンキヨーのDVDプレーヤー

DV-SP205FXおもな特徴・仕様
DVD-Audio/スーパーオーディオCD/スーパーオーディオCDマルチチャンネル再生対応のユニバーサルプレーヤー
DVD-R/RW、MP3/WMAなど多彩なフォーマットの再生も可能
プログレッシブスキャン回路には、映画のフィルム素材から制作したDVDソフトを高品位に再現する2-3プルダウンを搭載
再生可能ディスク:スーパーオーディオCD、DVDオーディオ、DVDビデオ、DVD-R/RW(VR、VIDEO)、CD-R/RW、ビデオCD、 WMA、MP3
SN比:98dB
ダイナミックレンジ:96dB
映像出力:コンポジット/S映像/コンポーネント/D2/D1
全高調波歪率:0.005%(1kHz)
出力電圧/インピーダンス:-22.5dBm(光デジタル出力)、2.0Vrms/600Ω(アナログ出力)
消費電力:14W
外形寸法:205W×91H×331Dmm
質量:2.4kg
[ 2011/03/13 12:00 ] ★DVDプレーヤー | TB(0) | CM(0)
[Edit]

ONKYO DV-SP205

オンキヨー DV-SP205 DVD/ユニバーサルプレーヤー メーカー希望小売価格¥78,750(税込) 発売2003年3月

同社単品仕様の幅205ミリのミニコンシリーズ用ユニバーサルプレーヤー。

当時としてはほかにないほど安価なユニバーサルプレーヤーであっただけでなく、それをこの小ささにまとめたことも話題だった機種。

いまとなってはDVDは平凡ですが、SACDマルチのアナログ出力のある小型プレーヤーは同社の独壇場。

その用途の人で安く買いたい人に。



ヤフーオークション オンキヨーのDVDプレーヤー

DV-SP205おもな特徴・仕様
DVD-Audio/スーパーオーディオCD/スーパーオーディオCDマルチチャンネル再生対応のユニバーサルプレーヤー
DVDビデオのプログレッシブ再生をはじめ、DVDレコーダーで録画したDVD-R/RWディスクや録画・編集したDVD-RWディスクの再生にも対応
次世代メディアのハイスペックフォーマットに対応するオーディオD/Aコンバーターを全5.1chに搭載
ドルビーデジタル、DTSデコーダーを搭載
信号方式:EIAJ標準NTSCカラービジョン方式
映像出力:D2/D1端子1 S端子1 コンポジット端子1 
音声出力:デジタル端子3(光) 5.1chアナログ端子1(フロント L/R、センター、サラウンドL/R、サブウーファー)/フロント2ch(アナログ) 
S/N比:100dB以上 
ダイナミックレンジ:96dB以上 
全高調波歪率:0.01%以下 
ワウ・フラッター:測定限界以下(±0.001% (W.PEAK、EIAJ)) 
消費電力:12W(電気用品安全法技術基準) 
外形寸法:205W×91H×334Dmm 
質量:2.5Kg 

[ 2011/03/13 11:54 ] ★DVDプレーヤー | TB(0) | CM(0)
[Edit]

LUXMAN DU-50

ラックスマン DU-50 DVD/ユニバーサルプレーヤー メーカー希望小売価格¥294,000(税込) 発売2004年9月

同社ではもっとも普及価格のユニバーサルプレーヤー。マルチディスクにも対応。

映像性能の基本スペックは上位と変わらないので、ひたすら音のクオリティ差による価格、グレードの違いということになりましょう。

パイオニアの20万クラスあたりと競合してくる感もあるし、あちらのほうが数も出て、中古も安いと思いますが…。

どうしてもラックスのユニバーサルプレーヤーがほしいけどやや予算がない人向けでしょうか。上位との差はスペックには出ませんが、音には出る類のものですよねえ。

フルエンシーの音を聴きたい人向けでもありますね。



ヤフーオークション ラックスマンのユニバーサルプレーヤー

DU-50おもな特徴・仕様
DU-7iの音と映像のクオリティを純粋に継承するハイ・コストパフォーマンス機ユニバーサルプレーヤー
「フルエンシーDAC」
216MHz/14bitの高性能映像DACの搭載
DU-7iとの主な違いは、オーディオDACがすべてシングル駆動であること、ハイイナーシャ・オーディオ電源回路、大容量Rコア電源トランスが省略されていること
再生可能ディスク:DVD オーディオ、DVD ビデオ、SACD(マルチチャンネル、ステレオ)、CD、ビデオ CD、CD-R、MP3 ファイル 
周波数特性:4Hz ~ 45KHz(DVDオーディオ、SACD)、 4Hz ~ 20KHz(CD) 
全高調波歪率:0.001%(DVD オーディオ、CD)、0.002%(SACD) 
ダイナミックレンジ:115dB(DVD オーディオ、SACD)、 106dB(CD) 
S/N比:123dB 
アナログオーディオ出力:2ch×1、5.1ch×1 
デジタルオーディオ出力:光1、同軸1 
ビデオ出力 :D2端子1、RCA色差1、 S2端子2、ビデオ2 
消費電力:18W(待機時 0.3W) 
外形寸法:467W×132H×370Dmm 
質量:13.0kg
リモコン付属

[ 2011/03/05 12:09 ] ★DVDプレーヤー | TB(0) | CM(0)
[Edit]

LUXMAN DU-7

ラックスマン DU-7 DVD/ユニバーサルプレーヤー メーカー希望小売価格¥420,000(税込) ヤフオク中古価格10万円程度 発売2002年12月

先に発売されていたユニバーサル高級機DU-10の弟機ですが、10にはなかったSACDマルチ再生機能がついて、機能性はアップ。

当時発売されていたビデオディスク、音声系マルチディスクいずれも再生可能なマルチプレーヤー。映像系はたしかパイオニア製で、オーディオ部分に独自性を持たせているはずです。

お得意のフルエンシー方式DACも装備。従来方式とも切り替えて楽しめる。

また、デノンのアルファやパイオニアのハイビット的なアップコンバート機能も搭載。CDも24ビット精度で再現。

惜しいのは上位にあったDAC入力がない点。

しかし、中級以上の単体CDプレーヤーの能力はありそうですから、中古価格によってはいいものではないでしょうか。



ヤフーオークション ラックスマンのユニバーサルプレーヤー

DU-7おもな特徴・仕様
SACDマルチチャンネルにも対応したラックスマンのユニバーサルプレーヤー第2弾
ラックスマン独自のフルエンシー方式を使用した「FN1242A」と、シーラスロジック社製のシャノン方式「CS4392」の2種類のDACを搭載。音の違いを楽しめる
CDやDVDに記録された16bitデータをDVDオーディオの最高位フォーマットである24bitデータに最量子化する「ハイビット機能」を搭載
再生可能ディスク:DVDオーディオ、DVDビデオ、SACD、CD、ビデオCD、CD-R、MP3ファイル 
オーディオDAC:PCM系 192kHz/24bit、SACD 1bit DSD
ビデオ DAC:108MHz/12bit  
オーディオデコーダー:DVDオーディオマルチch、DolbyDigital、DTS、SACDマルチch 
周波数特性:4Hz~45KHz(DVDオーディオ、SACD) 
ダイナミックレンジ:115dB以上
アナログオーディオ出力:フロントL,R(RCA2系統、XLRバランス1系統)、SL、SR、C、SW(各1系統)
デジタルオーディオ出力:光出力(TOS-Link1系統)、同軸出力(RCA1系統) 
ビデオ出力:D2(1系統)、コンポーネント(RCA1系統)、S2(2系統)、コンポジット(RCA2系統)
消費電力:25W(
外形寸法:467W×148H×394Dmm 
質量:15.0kg
リモコン付属
[ 2011/03/05 12:00 ] ★DVDプレーヤー | TB(0) | CM(0)
[Edit]





上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。