スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)
[Edit]

SONY SCD-XA9000ES

ソニー SCD-XA9000ES SACDプレーヤー メーカー希望小売価格¥350,000(税別) 発売2003年10月21日

アナログマルチチャンネルとiリンクによるデジタルマルチ出力の両方のSACD出力を持つ、当時のESシリーズ上位機。

現在でもソニーのESシリーズのSACDプレーヤーはありますが(SCD-XA5400ES)、価格は半分で、アナログマルチ出力がなく、デジタルもHDMIになっているので、本機のほうにより魅力を感じるユーザーがいてもおかしくありません。

とくに高品位なアナログマルチ出力が欲しい人でしょうね。もちろん、iリンクが必要な人もいるでしょうし。それにステレオ出力も高品位という評判もあり、いろいろに使えそうです。ヘッドホン出力があるのも利点でしょう。

iリンクはジッター低減技術「H.A.T.S.」に対応しているので、対応同社AVアンプとペアで使うと効果があがりそうです。

DACは、ソニー独自のスーパーオーディオD/Aコンバーターを採用しています。Rコアトランスを、オーディオ回路系とデジタル制御系のそれぞれ専用に2個搭載しているのはスイッチング電源が当たり前になった今では物量的に優位かと。

マルチチャンネル時の細かい設定もできるようになっていて、そのあたりはSACD初期より進化しているのでそれもメリット。

一方、最新機種ではできるDSDディスクの再生はできません。あくまで市販のSACDで楽しむ人向け。

中古でないと買えないオーディオ機器の部類ですね。メーカーでのオーバーホールがいつまでできるかも気になるところです。

ヤフオク中古は10万円はしないくらいのようです。

ヤフオクでの実際の取引例
80,789 円 44入札 12年5月13日 本体、リモコン、取扱説明書です。
※その他の付属品は欠品しております。動作確認済みです。SACD、CD、CD-R各メディア再生問題ありませんでした。

ヤフーオークション ソニーのSACDプレーヤー


スポンサーサイト
[ 2012/07/18 07:47 ] ★CDデッキ SONY CD | TB(0) | CM(0)
[Edit]

SONY NAC-HD1

ソニー NAC-HD1 CDプレーヤー/HDDプレーヤー/ネットワークプレーヤー メーカー希望小売価格¥110,250(税込) ヤフオク中古価格7万円程度 発売2007年

早すぎた天才というか、当初出たときはあまり注目されませんでした。ネットにもつながるHDD内蔵CDプレーヤーというのがピンとこなかったみたいです。

しかし、いまやネットワークプレーヤー全盛に。

すると本機はこの時期からなんとDLNAに対応していたことなどを知るとまさに早すぎた天才。

AM/FMチューナー内蔵に多彩な端子、機能もあり、今日でも十分使えます。ただUSB-DAC機能はないようです。

ヤフオク中古価格の高さがこの機種の価値を物語っています。そもそもソニーの中級CDプレーヤーとしても魅力的なようです。

独自の「12音解析技術」も売りでしたがいまとなってはそれはどうなのか。

弱点のHDD容量も増やすことができるようです。ただし自己責任で。



ヤフーオークション ソニーのCDプレーヤー

NAC-HD1おもな特徴・仕様
CDドライブ、AM/FMチューナー、250GBの内蔵HDDを搭載したHDDオーディオレコーダー
CDやラジオ、音楽配信、外部入力などをHDDに録音・保存することが可能
64レベルデルタシグマモジュレーター搭載24ビット・192kHzD/Aコンバーターを採用
HDD容量:250GB
録音フォーマット:リニアPCM、MP3、ATRAC
再生可能ディスク:CD、CD-RW/R(CD-DA, MP3)
周波数特性:5Hz~20kHz
入力端子:デジタル2(光・同軸)、アナログ1
出力端子:デジタル2(光・同軸)、アナログ1、モニター(ビデオ)1、ヘッドホン1
その他端子:USB2、LAN1
消費電力:36W
外形寸法:430W×110H×290Dmm
質量:約7.2kg



[ 2011/08/10 11:42 ] ★CDデッキ SONY CD | TB(0) | CM(0)
[Edit]

SONY DAS-R10

ソニー DAS-R10 D/Aコンバーター メーカー希望小売価格¥800,000(税別) ヤフオク中古価格30万円程度 発売1993年

CDのオリジネーターの同社が発売した最高級セパレートプレーヤーのDAC部。ペアとなるトランスポートはCDP-R10(120万円・税別)で、組み合わせると200万円!

当時としてのソニーの持てる力をすべて注ぎ込んだと言える力作でしょう。当時はデンオンからもセパレートが出ましたが、そちらのほうが話題性は高かった気がします。

本機はソニーお得意のパルスDACの進化型・カレントパルスDACの搭載第一号機でもあります。

デジタルデータのパルス列を電圧から電流に転換、電圧変動の影響や演算回路のノイズの影響を受けないようにしました。

本機以降、同社のDACはみなこの方式になるので、効果的だったということです。

また、大規模なDSP回路を搭載しているのも特徴で、8個ものDSPを使い、高精度なフィルター動作を実現しています。

いまとなってはスペック的には見劣りしますがCDレベルのDACとしてはむしろここまで凝ったものは現在では少なく、おそらく高いクオリティを持っているものと思われます。



ヤフーオークション ソニーのRシリーズのCDプレーヤー

DAS-R10おもな特徴・仕様
CDトランスポートCDP-R10とシステムを構成するDAC
カレントパルスDAコンバーター採用
DSP方式パラレルFIR型デジタルフィルター
入力:同軸(RCA,BNC)各1系統,光学式(TOSリンク×3、STリンク×1),XLR(AES/EBU)1系統,ツインリンク1系統
出力:アンバランス(RCA)1系統,XLR1系統
サンプリング周波数:32,44.1,48kHz自動切換
S/N比 110dB以上(EIAJ)
ダイナミックレンジ 100dB以上(EIAJ)
高調波ひずみ率 0.003%以下(EIAJ)
チャンネルセパレーション 100dB以上(EIAJ)
消費電力 53W
大きさ 475W×140H×425Dmm
質量 約25kg
[ 2011/06/12 12:52 ] ★CDデッキ SONY CD | TB(0) | CM(0)
[Edit]

SONY CDP-R3

ソニー CDP-R3 CDプレーヤー メーカー希望小売価格¥300,000(税別) ヤフオク中古価格7万円程度 発売1989年

ソニーの高級シリーズであるRシリーズ初の一体型CDプレーヤー。

セパレート型の上位機、CDP-R1aとDAS-R1aと同じ技術を投入したというのが謳い文句。かなり価格は違うので、これでもそうとうお買い得な感じです。

それでもESシリーズの7番台を超える価格であり、また確実にそれ以上のクオリティでもありましょうから、ソニーのCDプレーヤーのいいのが欲しい、それもESシリーズではやや物足りない、さりとてハイエンドほどかけたくない、という人にうってつけの機種な気がします。

このころからソニーのDACは1ビット系のパルスD/Aコンバーターになっていきます。サーボ、ノイズシェーピング、ジッター除去にも高度な技術を投入しているのも特徴です。

発売20年を経ていまだに常時出品があり、相場も安定しているのも特徴です。読み取りジャンクでも数万円くらいします。



ヤフーオークション ソニーのRシリーズのCDプレーヤー

CDP-R3おもな特徴・仕様
パルスD/Aコンバーターを採用
センターメカマウント方式を採用
高剛性ステイブルロックメカ
Gベースユニット&Gトレイ
FBシャーシ
2トランス構成
SN比 117dB以上(EIAJ)
ダイナミックレンジ 100dB以上(EIAJ)
全高調波歪率 0.002%以下(EIAJ)
チャンネルセパレーション 110dB以上(EIAJ)
消費電力 17W
外形寸法 幅470×高さ125×奥行410mm
重量 約18kg
リモコン付属
[ 2011/06/12 12:34 ] ★CDデッキ SONY CD | TB(0) | CM(0)
[Edit]

SONY SCD-DR1

ソニー SCD-DR1 SACDプレーヤー メーカー希望小売価格\1,200,000(税別) ヤフオク中古価格60万円程度 発売2004年 受注生産品

同社フラグシップSACDプレーヤーの現行(2011年現在)。第一号機のSCD-1以来の高級機ですが、本機のあとは高級機は出ていない状況。

アナログ出力でのSACDはステレオのみですが、マルチにはiLinkで対応。しかし、一般化しなかった規格でもあり、同社製の一部のAVアンプとつなげるのみ。

外部クロック入力があるのが高級機らしいところ。DAC入力は、いつもながらありません。

同社では本機をなぜかトランスポートとしても表記していますが、組になるDACを出して欲しいです。それなら。また本機にDACがないように誤解させかねないとも思いますが。デジタルアンプTA-DR1と組になるという事情もあるのでしょう。

音質第一ということで、横幅を抑え、奥行きが長いという変則的なデザイン。しかし音の追求のための頑固さという表れでもあり、たのもしいかもしれません。

そろそろ後継機が欲しいところです。



ヤフーオークション ソニーのSACDプレーヤー

SCD-DR1おもな特徴・仕様
同社SACD/CDトランスポートのリファレンスモデル
リジッドマウント採用ドライブメカ
電源部は、デジタル系/アナログ系を分離、サーボ系も独立させ、それぞれにRコアトランスを搭載
ジッターの発生を抑えるマスタークロック配置
高剛性シャーシ
D/Aコンバーター:SA D/Aコンバーター
周波数特性:2Hz~50kHz(SACD)、2Hz~20kHz(CD)
ダイナミックレンジ:110dB以上(SACD)、100dB以上(CD)
全高調波歪率:0.001%以下(SACD)、0.0017%(CD)
デジタル出力:i.LINK×1、光×1、同軸×1、バランスドデジタル×1
アナログ出力:1系統(ステレオ)
外部入力:ワードシンク×1
消費電力:22W
外形寸法:340W×140H×465Dmm
質量:18.5kg
リモコン付属
[ 2011/03/18 08:09 ] ★CDデッキ SONY CD | TB(0) | CM(0)
[Edit]

SONY SCD-555ES

ソニー SCD-555ES SACDプレーヤー メーカー希望小売価格¥189,000(税込) ヤフオク中古価格6万円程度 発売2000年10月

SACDアナログステレオ出力のみ対応のCDコンパチプレーヤーの当時の同社中級機。まあ5番台ですからそうですよね。上級機「SCD-1」(99年発売、希望小売価格50万円、税別)に準じた高精度な信号処理プロセスを搭載した機種というのが大きな謳い文句でした。

1つのレンズでCD/SACDのそれぞれのレーザーを照射するタイプにこのあたりから変更になったようです。それも今は普通なのですが、SACD黎明期には、なんと別々のレンズを搭載していたのです。

SACDのDA変換もまだあまり集積化されておらず、大掛かりな回路構成でした。そっちのほうがいいのか、現在の合理化された回路がいいのか、よくわかりませんが。

SACDプレーヤーであることがひとつの本機の大きな特徴なので、CDだけ聴く人にはあまり向かない機種かもしれません。光学固定メカではありません。



ヤフーオークション ソニーのSACDプレーヤー

SCD-555ESおもな特徴・仕様
(1)DSDデコーダー、(2)ACP(Accurate Complementary Pulse density modulation)システム、(3)S-TACT(Synchronous Time Accuracy Controller)パルスジェネレーター、からなる高精度信号処理
カレントパルスD/Aコンバーター
1レンズに2レーザーピックアップの新開発光学系ユニット
高剛性ドライブユニット
改良型FBシャーシ
ワウ・フラッター測定限界(±0.001%W-Peak)以下
チャンネル数2チャンネルステレオ
デジタル出力光/同軸(ともにCD再生時のみ)
アナログ出力アンバランス(ピンジャック)
出力レベルデジタル(光):-18dBm(固定)デジタル(同軸):0.5Vp-p(固定)
アナログ(アンバランス):2Vrms(固定)
ヘッドホン:10mW
電源AC100V、50/60Hz
消費電力22W
外形寸法(幅×高さ×奥行き)430×130×380mm
[ 2011/01/03 14:38 ] ★CDデッキ SONY CD | TB(0) | CM(0)
[Edit]

SONY SCD-XB9

ソニー SCD-XB9 SACDプレーヤー メーカー希望小売価格¥84,000(税込) ヤフオク中古価格1万円前後 発売2000年6月

数十万円の高級機しかなかった、SACD黎明期に登場した、初の廉価普及機。そういう意味では記念的なモデル。

初期モデルで問題となった、再生開始までの遅さを大幅に短縮したことでも話題になりました。

当時としてはかなり合理化されたモデル、と思っていましたが、さらに合理化、簡素化が進んだ現在のオーディオ界ではむしろ結構物量投入されているなあ、という印象。

ツイン電源トランスも、もう今ならこの価格では無理な気がします。CD用の再生系も24ビットデジタルフィルターなので、そう古い感じはしません。そして懐かしのカレントパルスD/Aコンバーター。

ヘッドホン端子があるのも便利。SACDはステレオのみの対応。

ソニーのそこそこのCDプレーヤーが欲しい、という人にもなかなかの製品の気がします。ただし、SACD中心の設計のためか、CDの音質の評判がいまいちなことと、CD-R/RWの再生はできないという欠点があります。

また、本体の操作ボタンが少なく、リモコンがないと大事な操作ができないことがあるので、リモコンありを買いましょう。



ヤフーオークション ソニーのSACDプレーヤー

SCD-XB9おもな特徴・仕様
SACDの再現能力を引き出す高精度信号処理技術のデジタル回路
“VC24 plus”24ビット精度デジタルフィルターを搭載
カレントパルスD/Aコンバーター
ツイン電源トランス
新開発の光学系メカニズム
センタートレイ・ローディング方式
チャンネル数 2チャンネルステレオ
デジタル出力 光/同軸(ともにCD再生時のみ)
アナログ出力 アンバランス(ピンジャック)
出力レベル デジタル(光):-18dBm(固定)
デジタル(同軸):0.5Vp-p(固定)
アナログ(アンバランス):2Vrms(固定)
ヘッドホン:10mW
電源 AC100V、50/60Hz
消費電力 26W
外形寸法(幅×高さ×奥行き) 430×115×290mm
質量 約5.5kg
[ 2011/01/03 14:37 ] ★CDデッキ SONY CD | TB(0) | CM(0)
[Edit]

SONY SCD-XE800

ソニー  SCD-XE800 SACDプレーヤー メーカー希望小売価格(税別)\36,000 発売2010年8月

SACDやピュアオーディオをなかばあきらめたのかと思ったソニーがさにあらず、急に発売したステレオ専用SACD対応プレーヤーのエントリー機。

ピュアオーディオとしては最下位ランクのエントリークラスながら、これまでの技術・ノウハウをできるだけ注ぎ込んだ意欲的なモデルに見えます。

実際、専門誌のテストでもこの価格にしてなかなかの評価です。

とにかくこの価格でオーディオ専用機でSACDステレオに対応しているのは少なく、デノン、マランツにもない独自の存在意義があるでしょう。

ただ、中古なら昔のSACD対応ユニバーサルプレーヤー中級機(20万円程度)も安く買えますからね…。



ヤフーオークション ソニーのSACDプレーヤー

SCD-XE800おもな特徴・仕様
DSDフィルターとマルチレベルD/Aコンバーター方式による「スーパーオーディオD/Aコンバーター」
上位機種「SCD-XA5400ES」と同等のメカブロック
ハイプレシジョンデジタルサーボ
センターメカマウントシステム
<SACD再生時>
再生周波数範囲:2Hz~100kHz
周波数特性:2Hz~40kHz(-3dB)
ダイナミックレンジ:100dB以上
全高調波ひずみ率:0.0035%以下
音声出力:光デジタル×1、同軸デジタル×1,(CDのみ)アナログステレオ×1
消費電力:約20W(待機時 約0.5W)
外形寸法:約430W×95H×295Dmm
質量:約3.5kg
[ 2010/12/07 18:00 ] ★CDデッキ SONY CD | TB(0) | CM(0)
[Edit]

SONY CDP-XA50ES

ソニー CDP-XA50ES CDプレーヤー メーカー希望小売価格\98000(税別) ヤフオク中古価格3万円程度 1996年発売。

ソニー光学固定メカCDプレーヤー第2弾。初代は、新規開発のコスト面で苦労したようですが、本機ではコストを吸収したようで、同価格帯でグレードアップに成功したようです。

当時、長岡鉄男も先代よりも本機を高く評価していました。ダイナミック大賞も受賞しています。「5ESより50ESの方がfレンジDレンジとも広い。…大太鼓も腰が据わってズシンとくる。50ESの低音はトランジェントが良く、音程明解で引き締まっている。」

後継の55ESもさらに向上しているかもしれませんが(3トランスに変更)、中古価格で約1万円の差。こちらがお得ということもありえます。

機能はお得意の可変デジタルフィルター搭載。あまり使わない人もいるようですが…。ACコードは直出し。



ヤフーオークション ソニーの5ESシリーズのCDプレーヤー

CDP-XA50ESおもな特徴・仕様
光学系固定方式メカニズム
光学ピックアップを固定するベース部に亜鉛ダイキャストを採用
可変デジタルフィルター
カレントパルスDAC
ダブルRコアトランス
ハイプレシジョン・デジタルサーボ
ファインドライブ&デジタルミニマム基板
スタティック点灯FL管
FBシャーシ
偏心インシュレータ
周波数特性:2Hz~20kHz 
Dレンジ:100dB 
出力端子:アナログ固定1可変1 デジタル光1同軸1 PHONE1
消費電力:18W
外形寸法:W430×D375×H125 
重量:15.2kg
リモコン付属 
[ 2010/11/09 12:59 ] ★CDデッキ SONY CD | TB(0) | CM(0)
[Edit]

SONY CDP-XA55ES

SONY CDP-XA55ES CDプレーヤー メーカー希望小売価格\99000 ヤフオク中古価格4万円程度1998年発売。

ソニー最後のCD専用ESシリーズプレーヤー。また、光学系固定メカもこれで打ち止め。結局光学固定メカは根付きませんでした。専用スタビライザーが必要なのがいけなかったのか、それ以外の要因なのか。

先代XA50ESのマイナーチェンジ機。どこが変わったのかわかりにくいところもありますが、デジタルフィルターが20から24ビットに上がったようです。先代より中古価格が一万円ほど高いので、そこにこだわらなければ先代の方がお買い得かもしれません。



ヤフーオークション ソニーの5ESシリーズのCDプレーヤー

CDP-XA55ESおもな特徴・仕様
光学系固定方式メカニズム
光学ピックアップを固定するベース部に亜鉛ダイキャストを採用
24ビット可変デジタルフィルターVC24
S-TACTパルス発生器
カレントパルスDAC
トリプルRコアトランス
ハイプレシジョン・デジタルサーボ
ファインドライブ&デジタルミニマム基板
スタティック点灯FL管
FBシャーシ
偏心インシュレータ
型名 CDP-XA55ES
電源トランス トリプルRコア
メカデッキ 光学系固定方式
(ピックアップを固定するベース部が亜鉛ダイキャスト)
光ピックアップ KSS-273B
サーボ・信号処理系 CXD2545Q
デジタルフィルタ CXD8762Q(VC24)
DAC CXD8594Q(S-TACT:パルス発生器)
CXA8042S(カレントパルスDAC)
周波数特性 2Hz~20kHz ±0.3dB
全高調波ひずみ率(EIAJ) 0.0017%以下
ダイナミックレンジ(EIAJ) 100dB以上
出力端子 アナログ可変・固定各1
     デジタル同軸・光各1
大きさ 430×125×375mm(幅/高さ/奥行き)
重量 約13.2kg
消費電力 20W
リモコン RM-D950
[ 2010/11/09 12:47 ] ★CDデッキ SONY CD | TB(0) | CM(0)
[Edit]

SONY SCD-777ES

ソニー SCD-777ES SACDプレーヤー メーカー希望小売価格\350000 ヤフオク中古価格10万円前後 1999年発売。

ソニーのSACD第一号機SCD-1をベースに機能を削るなどしてリーズナブルにしたモデル。具体的には15万円安。
そのぶんバランス出力が省略。カラーもシルバーからゴールドに。もちろんそれ以外の細かい変更点はあるようですが。ただ、メカは同一のようです。

SACD黎明期の製品であり、マルチディスクもなかったことから、当然ステレオのみの対応。もちろん、SACDのデジタル出力はなし。

このころソニーがこだわっていた光学系固定メカ。しかし、現在はやめています。ピックアップもそれぞれですが、いまはこれもひとつ。

いまのソニーにはない立派なプレーヤーなのはたしかなので、価値はあると思います。



ヤフーオークション ソニーのSACDプレーヤー

SCD-777ESおもな特徴・仕様
カレントパルスD/Aコンバーター
S-TACT(Synchronous Time Accuracy Controller)パルスジェネレーター
光学系ユニットには、スーパーオーディオCD用とCD用にそれぞれ最適な信号読み取りができる、ツインピックアップ
ツインピックアップ光学系固定メカニズム
BP(Base and Pillar)シャーシ
GIC型ローパスフィルター
スーパーオーディオCD再生時
再生周波数範囲 2Hz~100kHz
周波数特性 2Hz~50kHz(-3dB)
ダイナミックレンジ 105dB以上(可聴帯域内)
全高調波ひずみ率 0.0012%以下
ワウ・フラッター 測定限界(±0.001%W-Peak)以下
CD再生時
周波数特性 2Hz~20kHz(EIAJ)
ダイナミックレンジ 100dB以上
全高調波ひずみ率 0.0017%(EIAJ)
ワウ・フラッター 測定限界(±0.001%W-Peak)以下
総合
チャンネル数 2チャンネルステレオ
デジタル出力 光/同軸(ともにCD再生時のみ)
アナログ出力 アンバランス
アナログ(アンバランス):2Vrms(固定)
消費電力 30W
外形寸法(幅×高さ×奥行き) 430×149×436mm
質量 約25kg

[ 2010/10/16 13:19 ] ★CDデッキ SONY CD | TB(0) | CM(0)
[Edit]

SONY SCD-XE600

ソニー SCD-XE600 SACDプレーヤー メーカー希望小売価格¥37,800(税込み) ヤフオク中古価格1.3万円程度 発売2004年

SACDマルチ再生に対応したものではもっとも低価格帯に属するオーディオプレーヤー。

ただしアナログマルチ出力のみ。

2011年現在、同様プレーヤーはソニーから出ていないので、価格も考えると貴重な機種。

価格にしては音も良いとの評判ですが、CDの読み取りに不安があるという声も聞かれます。

SACDマルチを安価に聴きたい人に向いているでしょう。



ヤフーオークション ソニーのSACDプレーヤー

SCD-XE600おもな特徴・仕様
スーパーオーディオCDマルチチャンネル対応
タイムディレイアジャストメント機能
スーパーオーディオD/Aコンバーターを搭載
デジタル出力(CD再生時のみ):光 出力レベル:光/-18dBm、アンバランス/2Vrms
アナログ出力:アンバランス(ピンジャック)
消費電力:12W
外形寸法:430W×95H×283Dmm
質量:約3.1kg
付属品:リモコン、オーディオ接続ケーブル
[ 2010/10/15 12:01 ] ★CDデッキ SONY CD | TB(0) | CM(0)
[Edit]

SONY CDP-XB920

ソニー CDP-XB920  CDプレーヤー メーカー希望小売価格¥49,000(税別) ヤフオク中古価格1万円程度 発売1998年

同社過去の遺産、光学系固定メカニズムを搭載したなかではたしか一番安価な機種。

さらに可変デジタルフィルター機能も搭載。音を変えて楽しめます。

付属スタビライザーが必須なので、中古を買うときはそこも注意してください。

中古では比較的人気のあるほうの機種のようです。



ヤフーオークション ソニーのCDプレーヤー

CDP-XB920おもな特徴・仕様
光学系固定メカニズム
可変デジタルフィルター
CDテキスト対応
アナログ出力端子:固定1
デジタル出力端子 光、同軸各1
ヘッドホン端子
寸法:高11.0cm×幅43.0cm×奥行28.0cm
リモコン付属
[ 2010/10/15 11:50 ] ★CDデッキ SONY CD | TB(0) | CM(0)
[Edit]

SONY SCD-X501

ソニー  SCD-X501 SACDプレーヤー メーカー希望小売価格(税別)\67,000 発売2007年3月。ヤフオク中古相場3-4万円程度。

珍しいミニコンサイズのSACDプレーヤー。なおかつ、マルチチャンネル対応。いちおうミニコンなので、家電量販店でも見かけることができ、試聴しやすいでしょう。

SACDのデジタル出力はありません。純オーディオプレーヤーのSACDマルチプレーヤー自体珍しいので、大きさや価格に関わらず、貴重な製品。

今後モデルチェンジがあるとすれば、なんらかのPC対応があるかな?



ヤフーオークション ソニーのSACDプレーヤー

SCD-X501おもな特徴・仕様
スーパーオーディオD/Aコンバーター
アナログ5.1ch出力端子
高剛性FBシャーシ
光・同軸デジタル出力(CDのみ)
着脱式の電源ケーブル
音声出力
同軸デジタル 1系統 
光デジタル 1系統
アナログ 2ch/5.1ch 1系統 金メッキ・ピンジャック
消費電力 約13W
外形寸法(幅×高さ×奥行mm) 約280×111×267
質量 約3.9kg
[ 2010/10/02 18:15 ] ★CDデッキ SONY CD | TB(0) | CM(0)
[Edit]

SONY CDP-555ESJ

ソニー CDP-555ESJ CDプレーヤー メーカー希望小売価格\90000(税別) 1992年発売。ヤフオク中古相場\19000くらい。

中級CDプレーヤー。いったん光学固定メカに変わる前の最終機。また、アドバンスド・パルスDACの最終機でもあります。

結局、ソニーは光学固定メカをやめますから、通常トレイ方式でも良かったということ?

固定メカはコストもかかるので、むしろ、このモデルはコストがかかった豪華なものが、あとのモデルよりあるようです。特徴を見てください!いまの同価格帯ならありえない豪華さ。ただ、いまは物量で音を語る時代ではないようで、なんとも言えませんが。しかしこの頃はこれで9万円か…。やっぱりいまとは違いますね。

メカがセンターに変わりました。それが好きな人にも。



ヤフーオークション ソニーの 5ESシリーズのCDプレーヤー

CDP-555ESJおもな特徴・仕様
アドバンスト・パルスD/AコンバーターCXD2562を8DACで搭載
アドバンストH.D.L.C(ハイデンシティ・リニアコンバーター・システム)
ハイプレシジョンデジタルサーボ
ファインドライブ
Gベースユニット
Gトレイ
サファイア軸受け&BSLモータのメカデッキ
GIC形アナログローパスフィルタ
FETドライブ・ラインアンプ+DCサーボ回路
2トランス電源
ステイブルロック機構
ディスプレイモード&ディマーコントロール
銅メッキFBシァーシ
センターメカマウント
ファインセラミック・インシュレーター
リモコン操作可能なラインアウト連動ボリューム付きヘッドホン端子
サイドウッド
周波数特性:2Hz~20kHz(±0.3dB)
信号対雑音比:117dB以上(EIAJ)
ダイナミックレンジ:100dB以上(EIAJ)
全高調波歪率:0.0017%以下(EIAJ)
チャンネルセパレーション:110dB以上(EIAJ)
消費電力:26W
最大外形寸法:470X125X375(幅/高さ/奥行き)
質量:約13kg
出力端子:アナログ 固定と可変が各1系統
デジタル:光のみ
[ 2010/09/26 18:08 ] ★CDデッキ SONY CD | TB(0) | CM(0)
[Edit]





上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。