スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)
[Edit]

DENON DCD-SX

デノン DCD-SX SACDプレーヤー メーカー希望小売価格 \800,000(税別) 発売2008年11月

ドライブメカニズムとエレクトロニクスをさらに向上させて登場した同社の新フラグシッププレーヤー。

それまでのフラグシップDCD-SA1から30万円アップ。S1は終了かと思ったら併売。クラスが違うという認識のようです。

お得意のハイビットプロセッサー、「ALPHAプロセッシング」も画期的に進化。これまでのAdvanced AL24プロセッシングから「Advanced AL32 プロセッシング」に。32ビット精度になりました。

このためDACチップも正式発表はありませんが、旭化成のものを新規導入したようです。

もともとシンプルな機能性でしたが、本機ではSACDマルチをデジタル出力できるデノンリンクを装備。対応する同社製AVアンプとのみですが、SACDマルチ再生できます。ここはHDMI対応もしてほしかった。

デジタル入力もあるので、BDやPCとつないでDACとして使うこともできます。

音はSA1よりデノン臭さのようなものが後退し、よりニュートラルな音になっているという論調が見受けられます。

SA1も目的や好みによってはハイCPであるという意見もあるので、上位だからいいだろうとだけとらえないのもありのようです。SA1にデノンリンクはありません。



ヤフーオークション デノンのCDプレーヤー

DCD-SXおもな特徴・仕様
同社SACDプレーヤーのフラグシップ機
ハイビット・ハイサンプリングデータ補間アルゴリズム“ Advanced AL32 Processing ”
新メカニズム“ Advanced S. V. H. Mechanism ”
ジッター低減のための“ DAC MASTER CLOCK DESIGN ”&“ DENON MASTER CLOCK CORE ”
振動抑制のための“ Direct Mechanical Ground Construction ”
DENON LINK(3rd)搭載によるスーパーオーディオCDマルチチャンネル伝送
フルバランス伝送
SN比:SACD/120dB(可聴帯域)、CD/120dB
ダイナミックレンジ:SACD/118dB(可聴帯域)、CD/100dB
高調波歪率:SACD/0.0005%(1kHz、可聴帯域)、CD/0.0015%(1kHz)
デジタル音声出力:同軸×1、光×1
デジタル音声入力:同軸×1、光×1
アナログ音声出力: XLR×1、RCA×1
DENON LINK:1系統(3rd/2nd切り替え可)
消費電力:30W
外形寸法:457W×150H×416Dmm
質量:26.4kg
リモコン付属
スポンサーサイト
[ 2011/03/18 08:10 ] ★CDデッキ DENON DCD | TB(0) | CM(0)
[Edit]

DENON DCD-S10IIIL

デノン DCD-S10IIIL CDプレーヤー メーカー希望小売価格¥250000(税別) ヤフオク中古価格7万円程度 発売2001年12月

中級CDプレーヤーの定番、同社S10シリーズ最終機。またCD単機能の中級プレーヤーもいまのところこれが最後。DENON(デンオン)からDENON(デノン)へと呼称を変更したあとはじめて発表されたプレーヤーでもあります。

S10シリーズとしては4代目。代ごとに価格も少しずつ上がり、先代からは3万円アップ。

それでいて、先代まではあったヘッドホン端子と可変出力が廃止。

DAC入力はあるのでそこは便利。96kHz/24bitまで対応。PCオーディオに現役で使えます。

アルファ・プロセッサーがAL24 Processing Plusになりましたが、Plusなしとの違いがよくわかりません…。192対応とか書いてありますが、受けは96までですし、アップコンバートしている様子もありませんし。DACチップは何でしょう?192対応だとPCM1704ではないはずですし…。

音はシリーズ中最もよいとされますが、ヘッドホンや可変が要る人には向きません。



ヤフーオークション デノンのS10シリーズのCDプレーヤー

DCD-S10IIILおもな特徴・仕様
独自のアナログ波形再現技術であるAL24 Processing Plusを搭載
S.V.H.ローダーメカニズム
マルチ24bit D/Aコンバーターを片チャンネル毎に2個ずつ差動動作で使用する4DAC構成で採用
最高の音質で再生するため、出来る限りシンプルな構造に
HDCD(High Definition Compatible Digital)デコーダーを搭載
単体のD/Aコンバーターとしても使用可能、96kHz/24bitのデジタル信号にも対応
D/A変換部方式 リアル24bit ΛS.L.C.(4DAC)
フィルター 24bit 8倍オーバーサンプリングデジタルフィルター+GIC3次アナログフィルター
周波数特性 2Hz~20kHz
SN比 118dB
ダイナミックレンジ 100dB
全高調波歪率 0.0018%以下
チャンネルセパレーション 110dB
デジタル入出力:光1系統 、同軸1系統
アナログ出力:アンバランス(RCA)1系統
消費電力 23W
外形寸法 幅434×高さ135×奥行350mm
重量 14.7kg
リモコン付属
[ 2011/03/17 19:46 ] ★CDデッキ DENON DCD | TB(0) | CM(0)
[Edit]

DENON DCD-755SE

デノン DCD-755SE CDプレーヤー メーカー希望小売価格\43,000(税別) 発売2009年6月

同社エントリークラスCDプレーヤーの現行(2011年現在)であると同時にいわゆる4万円クラスCDプレーヤーの定番の現行でもある機種。大きく変わった先代AEとは異なり、外観、性能に大きな変化はなし。ただ、メイン機能ではないのですが、USB端子を装備。iPodやUSBメモリーに保存したWMAやMP3などのデジタル音源を再生可能になりました。

音は先代よりも若干良くなったとされており、試聴もしましたが、CDだけ聴くなら先代を中古で聴くのもありかな、と。

しかし、iPodのデジタル伝送のメリットは大きいので、その使い方をする人にはこちらでしょう。CDを上回るクオリティと使い勝手の可能性があります。するとCDドライブの意味が薄くなりますが…。192kHz/24bitのDACらしいですが、メーカー、型番は非公表。

カカクコムに、PS3と比べて音質はどうでしょう?と質問している人がいます。これはアナログ出力なのか、デジタル出力なのかによるでしょう。またHDMIをメインに使うなら比較不可能な問題です。たしかにデジタル出力がPS3が上回ることも考えられますが、アナログならまず本機でしょう。

ヘッドフォンが能率が低い場合やインピーダンスが高い場合は、音量が取りづらいヘッドホン回路とのことで、なんと改造している人もいます。リモコンにしか早送り、早戻しがない。エントリーモデルであり、電源ケーブルは取り外し不可、スーパーオーディオCDの再生は非対応。



ヤフーオークション デノンのDCD-755シリーズのCDプレーヤー

DCD-755SEおもな特徴・仕様
アナログ波形再現技術AL24 Processing
DACマスタークロックデザイン、よりジッターの少ない精度の高いDA変換
iPod&USBメモリーの再生が可能なUSB端子装備
CD-R/RWのディスクに書込んだWMA/MP3ファイルの再生に対応
出力端子:アナログRCA×1、デジタルTOS×1
SN比:110dB
ダイナミックレンジ:100dB
全高調波歪率:0.0025%(1kHz)
消費電力:9W(待機電力:0.3W以下)
外形寸法:W434×H107×D279mm
質量:4.2 kg
リモコン付属
[ 2011/02/16 17:52 ] ★CDデッキ DENON DCD | TB(0) | CM(0)
[Edit]

DENON DCD-CX3

デノン DCD-CX3 SACDプレーヤー メーカー希望小売価格¥126,000(税込) 発売2006年11月

同社の小型・高性能なコンポシリーズ、CX SERIESに設定されたSACDプレーヤー。

小型、薄型でスタイリッシュなデザインなので、一般ユーザー用か…、と思いきや、ピュアオーディオでの評価も意外に高く、伏兵のひとつのようです。

小型によりむしろ筐体構造のリジッド化がうまくいっていることが関係しているようです。

こうしたことは過去のケンウッドのミニサイズコンポでも指摘されたことです。

価格的にはいわゆる1500シリーズと1650シリーズの中間となりますが、かなり1650側に近いようです。ただし、それは当時発売されていたAEシリーズのものとの比較です。DACチップはバーブラウンのPCM1796です。

今となってはプレーヤー単機能なのはさみしく、PC対応の新機種も期待されるところです。



ヤフーオークション デノンのCDプレーヤー

DCD-CX3おもな特徴・仕様
コンパクトでスマートなCX SERIES
新開発メカニズム
アナログ波形再現技術AL24 Processing
DACマスタークロックデザイン、よりジッターの少ない精度の高いDA変換
デジタル/アナログ2トランス構成
CD-R/RWに書き込んだMP3、WMAファイルの再生が可能
出力:アナログRCAステレオ1 デジタル同軸・光各1
チャンネル:2チャンネル
SN比:SACD→112dB(可聴帯域)、CD→118dB
消費電力:22W(スタンバイ時約0.2W以下)
外形寸法:300W×80H×310Dmm(突起物含む)
質量:7.0kg
リモコン付属
[ 2011/02/13 17:56 ] ★CDデッキ DENON DCD | TB(0) | CM(0)
[Edit]

DENON DCD-1650SE

デノン DCD-1650SE SACDプレーヤー メーカー希望小売価格(税別):\170,000 ヤフオク中古価格9万円程度 発売2009年7月

定番中の定番1650シリーズの現行モデル(2010年秋現在)。

今回からデジタル入力とUSB入力を装備。一層便利になりました。一方、期待されたヘッドホン端子はなぜか今回も見送り。

性能的には、上位機で搭載された32ビット精度の新しいハイビット・プロセッサー「Advanced AL32 Processor」を搭載。DACは公表されていませんが、旭化成製のようです。

100周年記念モデルのベースにもなっているので、自信のある会心のモデルなのでしょう。

USBがiPodデジタル伝送に対応しているのはいいのですが、USBメモリーはMP3とWMA形式のみ対応、PCには非対応なのは残念。次のモデルではヘッドホンともども期待したいです。あと可変出力の復活も。



ヤフーオークション デノンのCDプレーヤー

DCD-1650SEおもな特徴・仕様
Advanced AL32 Processor搭載
定評のオリジナルドライブメカ、S.V.H.(Suppress Vibration Hybrid)ローダー
192kHz/32bitD/Aコンバーターを搭載、差動動作
デジタル系、アナログ系電源分離の2トランス
光/同軸デジタル入力端子
iPod&USBメモリーの再生が可能なUSB端子装備
CD部の仕様
再生周波数特性/2Hz~20kHz
SN比/119dB
ダイナミックレンジ/100dB
消費電力/23W
外形寸法/W434×H137×D336mm
質量/13.5 kg
リモコン付属



[ 2010/12/07 17:37 ] ★CDデッキ DENON DCD | TB(0) | CM(0)
[Edit]

DENON DCD-1500SE

デノン DCD-1500SE SACDプレーヤー メーカー希望小売価格(税別)\90,000 発売2010年5月

同社のエントリーから中級前のランクのSACDプレーヤー(ステレオのみ出力は対応)。

前作1500AEからは大きく変化。ハイビットプロセッサーが24ビット精度から32ビット精度に大幅アップ。また、USB端子を新たに装備し、とくにiPodのデジタル入力に対応したのが新しいところ。DACチップは具体的に公開してはいませんが、旭化成(AKM)製と思われます。

USBはPCに広く対応しているものではありませんが、iPod中心の人にはドンピシャ。

ヘッドホン端子もあるので、iPodトランスポート利用によるヘッドホンアンプとしても使えます。

やや影の薄い1500番台でしたが、本機はその機能性、ハイスペック性から一気に注目機に変わったように思います。

このクラスからメカがお得意のS.V.Hになるのが下位との大きな違い。上位とは電源トランスの規模が違うのが大きな違い(こちらはひとつ、上位はふたつ)。もちろん、筐体構造がまたそれぞれに違います。

中古は少ないのですが、あるとしても5万円くらいします。



ヤフーオークション デノンのCDプレーヤー

メーカー詳細ページ

DCD-1500SEおもな特徴・仕様
Advanced AL32 Processor搭載、このクラス初!
デジタル伝送によるiPod&USBメモリーの再生が可能なUSB端子装備
iPod、またはUSBメモリー(WMA、MP3)に保存した音楽ファイルを再生可能
スーパーオーディオCDのマルチチャンネルレイヤーはダウンミックスしてステレオ再生
オリジナルドライブメカ、S.V.H(. Suppress Vibration Hybrid)ローダー
高精度192kHz/32bit D/Aコンバーターを採用
デジタル系とアナログ系の電源をトランスの巻線から分離
着脱式電源コード
【CD部】
再生周波数特性:2Hz~20kHz
SN比:117dB
ダイナミックレンジ:100dB
高調波歪率:0.0018%以下(1kHz)
【総合】
消費電力:30W(待機電力 0.2W(エコモード時:0.1W))
外形寸法:W434×H135×D331mm
質量:8.0kg

[ 2010/11/27 11:15 ] ★CDデッキ DENON DCD | TB(0) | CM(0)
[Edit]

DENON DCD-1650AR

デノン DCD-1650AR CDプレーヤー メーカー希望小売価格\99000(税別)ヤフオク中古価格2万円前後 1997年発売。

1650シリーズのなかの機種。ハイビットプロセッサーはまだアルファ・プロセッシング(20ビット精度)。この次から24ビット精度になります。

長岡鉄男のダイナミック大賞受賞機。「DCD-S10Ⅱ(19万円)を一部上回る猛烈な物量、普通に聴けばS10Ⅱとの違いは判らない?文句なしのハイCP機だ。」(当時のFMファンより)と誉めています。

バーブラウン製PCM1702の4DAC構成。可変出力にヘッドホン出力装備。

後継も中古価格は変わらないのですよね。それなら後のほうがいいような気はしますが…。まあ単純に20ビットより24ビットだから音がいいというものでもないのでしょうが…。



ヤフーオークション デノンの1650シリーズCDプレーヤー

長岡鉄男氏のダイナミックテスト 1997年部門賞受賞

DCD-1650ARおもな特徴・仕様
アナログ波形再現テクノロジーALPHAプロセッサー(20ビット精度)を搭載
リアル20ビットΛ(ラムダ)S.L.C.搭載
ハイブリッド・ローダー採用の高剛性メカ
振動を抑制する2重構造のボトムカバーとトップカバー
デジタル・アナログ分離DUALトランスを採用
周波数特性 / 2Hz~20kHz
SN比 / 118dB
ダイナミックレンジ / 100dB
全高調波歪率 / 0.0018% (1kHz)
消費電力 / 20W、スタンバイ時約4W
寸法 / W434 x H135 x D340mm
質量 / 11.9kg
[ 2010/10/28 12:27 ] ★CDデッキ DENON DCD | TB(0) | CM(0)
[Edit]

DENON DCD-1650AL

デノン(デンオン) DCD-1650AL CDプレーヤー メーカー希望小売価格\99000(税別) ヤフオク中古価格2万円程度 1995年発売。

1650GLのモデルチェンジ。デザイン一新。なんといっても、この代からデンオンお得意のアルファ・プロセッシングが搭載。CDが20ビット精度にアップコンバート再生されます。

いまやそれも32ビット精度にまで上がっていますが。ただ、人間の聴覚でどのビットまでわかるのかも疑問ですが(20ビット以上の分解能はないという意見もあります)。

メカはまだSVHローダーとは名乗っていないようですね。

スペックは申し分なく、機能も豊富。可変出力にヘッドホン。

ジャンクも中古も同じような価格で取引されていますね…。



ヤフーオークション デノンの1650シリーズCDプレーヤー


DCD-1650ALおもな特徴・仕様
DENON独自のアナログ波形再現技術ALPHAプロセッサー
4DAC 20ビットラムダS.L.C
デジタルサーボ
仕様
D/A変換部方式名:リアル20ビット4DAC・ラムダ・スーパーリニアコンバーター
フィルター:20ビット8倍オーバーサンプリングデジタルフィルター+GIC3次アナログフィルター
周波数特性:2Hz~20kHz
S/N比:118dB
ダイナミックレンジ:100dB
全高調波歪み率:0.0018%(1kHz)
チャンネルセパレーション:110dB(1kHz)
出力電圧:10kΩ負荷時、固定2.0V、可変0~2.0V
消費電力:17W
寸法:W434×H120×D340mm
重量:10.2kg
リモコン付属
[ 2010/10/21 12:49 ] ★CDデッキ DENON DCD | TB(0) | CM(0)
[Edit]

DENON DCD-SA10

デノン DCD-SA10 CD/SACDプレーヤー。メーカー希望小売価格\350000(税別)2002年発売。
ヤフオク中古相場\80000くらい。

SACDマルチチャンネルに対応したCDコンパチプレーヤー。なんといってもマルチへの対応が最大の特徴。ヘッドホンや可変出力といった便利機能はなし。バランス出力もなし。

CDプレーヤーとしては、DCD-S10ⅢL相当のランクと考えられます。ただ、電源容量がマルチ分アップしているので、ステレオ時の音は上回っていることも指摘されます。

CDとSACDの回路をDACも含めて別個にしているというのがこだわり。

デノンのピュアオーディオマルチプレーヤーはあまり売れなかったらしく、この後はユニバーサルプレーヤープレーヤーにその機能を持たせることになります。

ピュアマルチにこだわるあなたに。



ヤフーオークション デノンのCDプレーヤー

DCD-SA10おもな特徴・仕様
CD/スーパーオーディオCDの各回路を独立させた高音質設計          
アナログ波形再現技術AL24 Processing Plusを搭載
高精度マルチビット方式24bit D/Aコンバーターを搭載
スーパーオーディオCD用D/Aコンバーターを搭載
デジタル部とアナログ部をはじめ、各ブロックを徹底分離
トランスケース、トランスベースに鋳物を採用するなど防振性を向上
高性能ハイブリッド構造S.V.H.ローダー
新開発高性能メカニズムを採用
チャンネル SACD:6チャンネル(最大)、CD:2チャンネル
再生周波数範囲 SACD:2Hz~100kHz、CD:2Hz~20kHz
再生周波数特性 SACD:2Hz~50kHz(-3dB)、CD:2Hz~20kHz
SN比 SACD:118dB(可聴帯域)、CD:118dB
信号方式 SACD:1ビットDSD、CD:16ビット・リニアPCM
サンプリング周波数 SACD:2.822MHz、CD: 44.1kHz
外形寸法 434×135×345mm
質量 約15.7kg
[ 2010/09/20 19:49 ] ★CDデッキ DENON DCD | TB(0) | CM(0)
[Edit]

DENON DCD-1650GL

デノン DCD-1650GL CDプレーヤー メーカー希望小売価格\99,000(税別)1991年発売。

DCD-1650Gをリファインして開発されたスペシャルリミテッドモデル。一万円のアップ。コンデンサーや抵抗、基板をグレードアップ。DACチップもアナログデバイセズ社のAD1862N-Zバージョンという特注品に。このころのデノンのお得意のリアル20bit・ラムダS.L.C 4DAC方式DAC。

現行同価格帯ではありえない装備がいくつも見られます。バランス出力、リモコンボリューム、サイドウッド、シーリングパネルなど。いまのDACでこういうモデルを作ってほしいですね。DCD-1650Gにはバランス出力はないので、そこにこだわる人にはお買い得でしょう。デジタル出力は光のみです。アナログRCAは可変と固定、計ニ系統。

スペシャルリミテッドのわりに20年経ったいまでも結構出品されていますね…。参考落札相場約20000円。



ヤフーオークション デノンの1650シリーズCDプレーヤー

DCD-1650GLおもな特徴・仕様
バランス出力
極性表示付ACコード
大型電源トランス
大容量平滑コンデンサ
D/A変換部方式 リアル20bitΛスーパーリニアコンバーター(4D/Aコンバーター方式)
デジタルフィルター 20bit8倍オーバーサンプリングデジタルフィルター+GIC3次アナログフィルター
周波数特性 2Hz~20kHz
S/N比 115dB
ダイナミックレンジ 100dB
全高調波歪率 0.0018%
チャンネルセパレーション 110dB
消費電力 19W
外形寸法 幅470×高さ122×奥行360mm
重量 12.5kg

[ 2010/09/05 15:25 ] ★CDデッキ DENON DCD | TB(0) | CM(0)
[Edit]

DENON DCD-1650AZ

デノン DCD-1650AZ CDプレーヤー メーカー希望小売価格\99000 1999年発売。

国産中級CDプレーヤーの定番シリーズのひとつ。CD専用機としてはこれで最終との憶測もなされましたが、どっこい、そのあとSRが発売。

ハイCPが売りの10万円クラスの定番を90年代中期から欲しいままにしている同シリーズですが、音は万人向けとは限らないので要注意と思います。いまはそうでもありませんが、このころのデノンはいまよりもっさりした音です。いまはもっとすっきりしていますが。

デノン中級機の特徴はことごとく継承しているのはたしかです(特徴・仕様参照)。長岡鉄男が聴く事ができた同シリーズの最終機でもあります。ハイCP機として誉めていました。ハイCPはたしかだと思います。

HDCD対応にバージョンアップされた個体もあります。ヘッドホン出力、可変出力があるのは実用上便利。



ヤフーオークション デノンのCDプレーヤー

DCD-1650AZおもな特徴・仕様
AL24Processingを搭載
マルチ24bitD/Aコンバーターを搭載
鋳物トランスベース
S.V.H.ローダーにより防振性を向上
デュアル・トランス

デジタル出力:光1系統 、同軸1系統
アナログ出力:アンバランス(RCA)2系統

周波数特性 / 2Hz~20kHz
SN比 / 118dB
ダイナミックレンジ / 100dB
全高調波歪率 / 0.0018% (1kHz)
消費電力 / 17W
寸法 / W434 x H135 x D340mm
質量 / 12.4kg

[ 2010/08/12 10:16 ] ★CDデッキ DENON DCD | TB(0) | CM(0)
[Edit]

DENON DCD-1650SR

デノン DCD-1650SR CDプレーヤー。メーカー希望小売価格(税別)\120,000 発売日:2002年2月。

国産中級CDプレーヤーの代表機シリーズの一台。CD専用機としては最終機。SACDは聴かない人におすすめ。例によって上級機とスペック上の差はありませんが、低域の押し出し、中域の張り出し、奥行き感などで差が出ると言われています。一方でこれ以上高価なCDプレーヤーを買ってもあまり変わらないという意見もあります。

ハイビットプロセッサーはAL24 Processing。デジタル入力はなし。同軸デジタル出力あり。リモコンあり。ヘッドホン出力あり。S.V.H(Suppress Vibration Hybrid)Loaderメカニズムもいつもどおり。



ヤフーオークション デノンのCDプレーヤー

DCD-1650SRおもな特徴・仕様
AL24 Processing
マルチ24bitD/Aコンバーター搭載
鋳物トランスベース&トランスケース
DUALトランスの採用。オーディオ系とデジタル系で分離
CD-R/RWディスクの再生に対応

周波数特性 / 2Hz~20kHz
SN比 / 118dB
ダイナミックレンジ / 100dB
全高調波歪率 / 0.0018% (1kHz)
消費電力 / 17W
寸法 / W434 x H135 x D340mm
質量 / 12.7kg
[ 2010/07/03 14:55 ] ★CDデッキ DENON DCD | TB(0) | CM(0)
[Edit]

DENON DCD-755AE CDプレーヤー

中古オーディオ機器探求。CDプレーヤー編。デノンDCD-755AE。メーカー希望小売価格(税別):\43,000。発売日:2006年 3月中旬。

デノンのローエンドCDプレーヤー。といっても、オーディオに興味のあまりない一般層も対象にした機種で。その存在意義は大きい。実際私の街の図書館にもCD聴取用に置かれているので、さんざん聴いています。

何代にもわたって熟成されてきた機種でもあり、いまやエントリーモデルの定番中の定番といえるシリーズ。さきごろモデルチェンジ。USB入力が増設された。それ以外スペックに変更はない。

この代からデノンの代名詞、AL24 Processingが搭載され、分解能がアップ。マニアでもないかぎりこれ以上のプレーヤーがいるのか?というほどのレベルにも思える。マニアのサブ機にも十分使えるのではないでしょうか?



メーカー情報ページ

ヤフーオークション デノン DCD-755AE

DCD-755AE おもな特徴と仕様
DENON独自のアナログ波形再現技術AL24 Processingを搭載
アドバンスドセグメント型24bitD/Aコンバーターを搭載
CD-R/CD-RWディスクの再生に対応
ピッチコントロール機能を装備
専用リモコン付属

チャンネル数/2チャンネル
周波数特性/2Hz~20kHz
SN比/110dB
ダイナミックレンジ/100dB
全高調波歪率/0.0025%(1kHz)
チャンネルセパレーション/105dB
消費電力/12W
外形寸法/W434×H107×D279mm
質量/4.2kg
[ 2010/06/14 17:07 ] ★CDデッキ DENON DCD | TB(0) | CM(0)
[Edit]

DENON DCD-1500AE



<SACD>●アナログ出力:2チャンネル ●再生周波数範囲:2Hz~100kHz ●再生周波数特性:2Hz~50kHz(-3dB) ●SN 比:104dB(可聴帯域) ●ダイナミックレンジ:104dB(可聴帯域) ●高調波歪率:0.0013%(1kHz、可聴帯域) ●ワウフラッター:測定限界以下 ●出力レベル:UNBALANCE/2.0V(10kΩ) ●信号方式:1ビットDSD ●サンプリング周波数:2.822MHz
<CD>●アナログ出力:2チャンネル ●再生周波数範囲:2Hz~20kHz ●再生周波数特性:2Hz~20kHz ●SN比:110dB ●ダイナミックレンジ:100dB ●高調波歪率:0.0018%(1kHz) ●ワウフラッター:測定限界以下 ●出力レベル:UNBALANCE/2.0V(10kΩ) ●信号方式:16ビット・リニアPCM ●サンプリング周波数:44.1kHz ●デジタル出力:COAXIAL→0.5Vp-p/75Ω、OPTICAL→-15~-21dbm、発光波長→660nm
<総合>●消費電力:16W ●外形寸法:434W×135H×331Dmm ●質量:7.6kg



「dcd-1500ae」の検索結果 - Yahoo!ブログ検索
Yahoo!ブログ検索で「dcd-1500ae」をキーワードに検索した結果

  • DENON“1500SE”シリーズを聴く - SX譲りの高音質化技術を ...
    ... その後、兄弟機種1650と絡みながら型番変更を重ねて2005年の「DCD-1500AE」でSACDに初対応を遂げた。共に5年間をかけての刷新である。 デノンからの情報では、上級機種にグレードアップするのでなく5年間ずっと新製品を待つ固定ファンが大勢いるのだそうだ。 ...
  • デノン、ミドルクラスのSACDプレーヤー「DCD-1500SE」を発売 ...
    ... DCD-1500SE 本機は2005年に発売された「DCD-1500AE」( 関連ニュース )を約5年ぶりにリファインしたミドルクラスのSACDプレーヤー。上位機「 DCD-SX 」に搭載された高音質技術の数々を、ミドルクラスの製品にも惜しみなく投入している。 ...
  • 気分転換の鬼 (・∀・)
    ... つもりになって オーディオ屋行って 自棄買い!w ( DENON DCD-1500AE ) *'``・* 。 | 人 `* |(__) `*。 ...
  • ◎知人の『A-973(S)』試聴レポートです。
    ... CDPはデンオン製『DCD-1500AE』とのこと。 その結果を要約すると、下記のようになります。 1.低域から高域まで満遍なく再生し、特に高域では、小粒までもはっきり輪郭を作ってくれる。 ...
  • レコードプレーヤーを置いて。
    ... ステレオスピーカーシステム・YW-1010AVB DENON・CD/スーパーオーディオCDプレーヤー・DCD-1500AE DENON・プリメインアンプ・PMA-390AE この写真は、スピーカーシステムの表面仕上げを写した写真です。 ...




ホーム 閉じる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。


[ 2010/06/13 22:27 ] ★CDデッキ DENON DCD | TB(0) | CM(0)
[Edit]

DENON DCD-SA11 SACDプレーヤー

デノンの中級(一般的には高級?)SACDプレーヤーDCD-SA11 。2005年発売。定価367500円。
徐々にモデルチェンジが始まっているので、これももう少しで変わるかも。ハイビットプロセッサーが下位機でもこれを上回ったので、まず近いうちにあるでしょう。

バランス出力あり。上位機との違いはデジタル入力のない点。SACDはステレオのみ対応。

どうでしょう。いまのところは様子見ですかねえ。



メーカー詳細ページ

ヤフーオークション デノン DCD-SA11

DCD-SA11おもな特徴・仕様
■Advanced AL24 Processing搭載
■オリジナルドライブメカ
■高精度マスタークロック
■DACからのバランス出力
■デジタル系電源、アナログ系電源完全分離の2トランス構成

● 外形寸法/W434×H138×D415mm
●質量/19kg

[ 2010/05/25 18:09 ] ★CDデッキ DENON DCD | TB(0) | CM(0)
[Edit]





上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。