スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)
[Edit]

LINN KEOSA

リンのスピーカー 価格は¥120,000(ペア・税別) 発売1999年

同社の当時のエントリークラススピーカー。密閉型のトールボーイ機。2ウェイ・3スピーカー。

Classik-kとの組み合わせでよく鳴るというユーザーの声がありました。能率も高く、AVアンプでもうまく鳴らせるそうです。4Ωなのは少し気になりますが(6Ωまで対応のアンプの場合は自己責任で)。

ツィーター位置がやや低くなるのも考慮したほうがいいようです。

同社にはこのくらいの価格のトールボーイもラインナップして欲しいところですが、今の円安では難しいのでしょうね…。どうしても20万円台にはなりそう。

アクティブ化などに走らず、このクラスの開発も頑張って欲しいです。

現行のDSMなどのアンプ内蔵機との相性はどうでしょうね?複合機と相性がいいのならば。

ヤフオク中古取引例:価格・入札・日付・状態(ジャンク明記以外動作品)
54,800 円 1 13年6月5日 最近はオーディオを殆ど聞かなくなりましたので出品させて頂きます。現状で音出し確認は致しております。


ヤフオク LINNのオーディオ機器
スポンサーサイト
[ 2013/09/17 22:36 ] ★アンプ LINN | TB(-) | CM(0)
[Edit]

LINN KAIRN

リン KAIRN プリアンプ メーカー希望小売価格¥520,000(税別)発売1990年代後半

PHONO(MM/MC)2系統搭載。切替えスイッチ及びボリュームは、マイクロプロセッサーでコントロールされ、リモートコントロールですべてが操作できるよう設計。

入力ごとのボリューム設定や同社機器との連携機能などが充実しているのも特徴。トライアンプ駆動方式に対応可能な3系統プリアウト。

従来のトランスを使用した電源に替えてコンピューター用のSMPS電源を搭載したバージョンアップモデルKAIRN/SPSなどのモデルもあり。電源の違いによる音の違いは大きいようではあります。

かつてのリンらしいデザインも魅力。

ヤフオクでの実際の取引例
84,555 円 91 3月10日 マイクロプロセッサーによるコントロール部とLINN独自の超高S/N比ブリリアント電源を搭載したモデルです。超高S/N比と謳っているだけあって、S/Nはかなり良いです。ヴォリュームを目一杯に上げても残留ノイズはほぼありません。

98,000 円 1 3月10日 出品に際し動作確認済みです。状態は良好です。

ヤフーオークション リンのオーディオ機器


[ 2013/03/29 17:13 ] ★アンプ LINN | TB(0) | CM(0)
[Edit]

LINN KLIMAX CHAKRA 500 TWIN

リン KLIMAX CHAKRA 500 TWIN ステレオパワーアンプ メーカー希望小売価格¥1,500,000(税別) 発売2004年

バイポーラとモノリシックIC、双方の利点を持ちながら極めて高効率なアンプとして、リンが独自にものにし、同社の看板技術となったパワーアンプ回路設計技術「CHAKRA(チャクラ)」を搭載したアンプ。

旧来モデル「KLIMAX TWIN」(2001年発売)に新たに搭載した形。発売当時は、既存の「KLIMAX TWIN」ユーザーに向けたアップグレードサービスも展開されていました。

「CHAKRA」技術が最初に搭載された記念すべきモデルでもあります。

このあとさらに、KLIMAX TWIN/d ¥1,470,000(税込)に2011年にモデルチェンジしたので、本機はディスコン。違いは、専用DYNAMIK POWER SUPPLYを搭載したこと。それへのアップグレードもできるそうです。

それができるうちは本機を中古で買っても最新機種同様にできるということです。初代からアップグレードを重ねることも可能とも言えます。

初代から考えると結構息の長いモデルではないでしょうか?

ヤフオクでの実際の取引例:
450,000 円 1入札 12年4月8日 動作確認済み 傷や汚れ、使用感の無い、美品です。

ヤフーオークション リンのクライマックスシリーズ


[ 2012/07/20 16:56 ] ★アンプ LINN | TB(0) | CM(0)
[Edit]

LINN KLIMAX KONTROL SE

リン KLIMAX KONTROL SE プリアンプ メーカー希望小売価格¥1,785,000(税込) 発売2008年

同社フラグシッププリアンプKLIMAX KONTROL(2002年)のバージョンアップ版。価格は同じ。

ボリュームコントロール部が大きな改善点。もともと全体としては左右独立構造でしたが、ボリュームはL、Rで1個でした。SEバージョンでは2個のボリュームをL、Rに個別に当て、同時にコントロールする、「デュアル・モノ・ヴォリュ-ム・コントロール・トポロジ-」を搭載。

先代所有者にもSEへのバージョンアップサービスをしているので、中古で買うときは、はじめからSEのと、あとからなったものとがあるかもしれません。

DSを使っている人などが本機を併用しているようです。



ヤフーオークション リンのクライマックスシリーズ

KLIMAX KONTROL SEおもな特徴・仕様
デュアル・モノ・ヴォリュ-ム・コントロール・トポロジ-を新搭載
アルミ合金を削り出して仕上げられた2ピースからなる筐体
表面実装で仕上げられた左右対称のパターンレイアウトの音声回路
スイッチモード電源
入力端子:RCA3系統・XLR(2番ホット)1系統・KNEKT IN
入力インピーダンス:10kΩ(アンバラ)・7.8kΩ(バランス)
利得幅:-95.5dB~+19.5dB
出力端子:RCA1系統・XLR(2番ホット)1系統
出力インピーダンス:300Ω(アンバラ)・600Ω(バランス)
周波数特性:2.3Hz~200kHz
歪率:0.0025%以下(1kHz@0dBV)
消費電力:15W
寸法:W350×D355×H60(mm)
重量:9kg
[ 2011/04/23 12:30 ] ★アンプ LINN | TB(0) | CM(0)
[Edit]

LINN C4200 4chパワーアンプ 中古

中古オーディオ機器探求。LINN C4200 4chパワーアンプ。2005年発売。定価 955,500円(税込み)。

ホームシアター用のマルチチャンネル・パワーアンプという位置づけ。型番は200ワットで4チャンネルという意味。
同じシリーズが何台かあり、チャンネル数、出力が違う。これは最上位。

ピュアオーディオ用にバイアンプ駆動用ステレオパワーアンプとして使うという手もある。

高級で高価なわりに軽いのをメリットと見るかデメリットとみるかは、その人のオーディオ観に左右される点。

入力はrcaかXLRか買うときに選ぶことになっているので、中古を買うときは要注意。

画像と参考中古価格↓
LINN C4200 パワーアンプ中古


ヤフーオークション リンのアンプ

●出力:200(W/4Ω) 
●外形寸法:381W×80H×355Dmm 
●質量:7kg
[ 2010/04/29 12:44 ] ★アンプ LINN | TB(0) | CM(0)
[Edit]





上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。