スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)
[Edit]

marantz CM6200

マランツ CM6200 CD/MDコンビネーションデッキ メーカー希望小売価格¥62,000 発売2001年

当時としてもあまりなかったMD・CD一体プレーヤー。

本機はとくにプレーヤーとしての音質が良いと言われていました。ただ、MDレコーダーとしては当時のソニー同価格帯より劣るatracを積んでいたと推測できるので、それなりかも。

DACモードで使えるのでしょうか?それなら今日でも使い道はありそうですが。ヘッドホン端子あり。

2chから: マランツ総合 ver.3
86 :名無しさん@お腹いっぱい。[]投稿日:03/01/01 23:20 ID:BDL5u3sg[1/1回]
ttp://www.marantz.co.jp/ja/marantz/audio/cdmd.html
自分はピュアオーディオド素人なんですがこのCM6200ってヤツの購入を考えているんですよ
評判とかってどうなんでしょうか?
87 :名無しさん@お腹いっぱい。[]投稿日:03/01/02 00:01 ID:VkNYPXA3[1/4回]
>>86

CM6200のベースはCD5000。
エントリー機種としては評判は良い。
自分は以前、5000のさらに下のCD4000を使っていたが悪くは無かったよ。
実売12000円のプレーヤーとしては上出来でした。
よく言われるように、高域に艶を乗せてあったが(エントリー機種は全てこの傾向)
嫌な感じでは無いと思う。
自分はいっぺんにSA-12S1まで行ったので、はっきり分かった。
貴殿がどのような音楽を聴かれるのか記載が無いので、断定はできませんが、一体型
で場所もとらないのでイイのでは。
ただマランツの傾向(特にエントリーは)低域の迫力とかはないので、J-Popとかは
面白くないかも。(自分は浜崎とか聴く気にならなくなったので、売っぱらいました)
MDについては、MD自体を利用したことが無いので分かりません。

177 :名無しさん@お腹いっぱい。[xxxxxx]投稿日:03/01/25 02:19 ID:???
>>87
CM6200のベースがCD5000?中身見てもいないでうそをつくんじゃありません。

CM6200のメカはCD-17Daと同じVAM1202、ローダーはマランツ製。
CD5000とCD4000は同じメカで詳しい型番は知らん。これは全部philips製
(雑誌とかには載らんし。)トレーの形をみても違いは一目瞭然。

88 :86[]投稿日:03/01/02 00:50 ID:lB+n+63h[1/1回]
>>87
自分の房な質問に丁寧に答えていただいてありがとうございます!
非常に参考になりました。
自分の聞いている音楽は洋楽のロックとクラシック、あと父の影響でよくわからない民謡音楽
みたなものを聞いています
購入した際には是非報告させていただきます
89 :名無しさん@お腹いっぱい。[]投稿日:03/01/02 03:18 ID:VkNYPXA3[2/4回]

>>86
レスありがとうございます。
ご購入の際にはMDにダビングすると、音がどう変わるのか教えて下さい。
職場でよく購入相談とか受けるのですが、MDについては答えようがないので
少し困ってた。(ポータブルのMDを利用している人は多いからね)
よろしくお願いします。

90 :(=^ω^)ノ[sage]投稿日:03/01/02 08:30 ID:???
僕CM6200先月買ったばかりだょぅ。
なんか質問ありますか?

91 :(=^ω^)ノ[]投稿日:03/01/02 08:38 ID:9/9VBLWJ[1/2回]
なんかCDによって物凄く動作音がうるさいょぅ。
CCCDとか傷のあるなしに関わらず。この機種で6代目くらいだけど、
ここまでうるさいのは初めてでした。なぜか知らないけど
CDによってまた曲番によってカタカタ音出したり、出さなかったりする。
バラードだと絶えられないょぅ・・・・
MDの再生は静かだけど。あとCDからMDにダビングする際に
音質を3パターン位選ぶことができて、中域厚くしてボーカル重視の
MODEとかあるょぅ。音はハイアガリの爽やか系だ。
厚みとかは期待しちゃだめ。うるさいからパイオニアの
今度買う積もりだょぅ。


スポンサーサイト
[ 2013/06/22 16:01 ] ★MDデッキ | TB(0) | CM(0)
[Edit]

DENON DMD-1300

デンオン DMD-1300 MDレコーダー メーカー希望小売価格¥69,800(税別) 発売1996年

先に発売されていたDMD-1500と同等の性能をより安価に実現したような機種。

当時としては普通のLPモードはおろか、カナ入力もなし。デジタル入力は光、デジタル出力は光を装備。

上位との違いがわかりにくいですが、デジタル入力にこちらは同軸がないのは違い。

ラムダスーパーリニアコンバータを採用したDAC部。

ヤフオク中古取引例
1,700 円 7 13年4月7日 動作品。(リモコン付き)周辺の汚れ・細かなギズなどが、ありますが、現状で再生はアナログ・光デジタル共に、異常はありません。録音に関しては、出品に当たり、アナログのみ数回テストしましたが、たまに「Defect」エラー表示がでます。

ヤフオク デノンのMDレコーダー


[ 2013/04/17 18:28 ] ★MDデッキ | TB(0) | CM(0)
[Edit]

DENON DMD-1500

デンオン DMD-1500 MDレコーダー メーカー希望小売価格¥85,000(税別) 発売1995年

MDがまだそう普及していなかったころの単品機。ゴールドパネルでなかなか立派な外観。ブラックもありました。

当時のデンオンらしく、ラムダS.L.C.20ビット8倍オーバーサンプリング・デジタルフィルター搭載のDAC部。おそらく4万円台程度のCDプレーヤー同等でしょう。PCM61Pのチップが使われているらしいです。

LPモードはおろか、カナ入力もなし。ただ、デジタル入力は光・同軸、デジタル出力は光と充実。

期待される機能?DACモードはない模様。

2chから:DMD-1500を使ったことがあるが、あれも音が悪過ぎだった。 しかもデジタルレック ボリュームがついていなかったので、 DMF-7020に買い替えた。これは正解だった。
・DENONのDMD-1500ってDACモードで使えますか? 159 :名無しさん@お腹いっぱい 。:2010/08/20(金) 08:37:36 ID:ReDHtEk8. >>158 前にあったMDスレでDMD-1500 はDACモードなしって言ってたね。

ヤフオク中古取引例
1,100 円 1 2月3日 ジャンク・通電確認していません・電源コードが切断されています
・天板に傷があります

ヤフオク デノンのMDレコーダー


[ 2013/04/17 18:16 ] ★MDデッキ | TB(0) | CM(0)
[Edit]

DENON DMD-F101

デノン DMD-F101 MDレコーダー 発売2002年発売

同社の単品売り対応ミニコンポ、「[ef]D-F101シリーズ」シリーズ用のデッキ。単品使用可能。シリーズはサイズ幅250mm、奥行き250mm、高さ82mmで統一。

さすがデノンらしく、ミニコン用のようでいて、MDLPモードに対応、デジタルRECボリウム機能を搭載するだけでなく、2系統の光デジタル入力端子、1系統の光デジタル出力端子を装備している端子の充実はポイント。

ミニコンサイズでデジタル出力があるのはデノンの特徴でしょう。外部DACにつなぎたい人には便利で必須。

ヤフオクでの実際の中古取引例 価格・入札・日付
8,251 円 9 4月7日 作動良好 ★美品★

ヤフオク デノンのMDレコーダー


[ 2013/04/11 17:01 ] ★MDデッキ | TB(0) | CM(0)
[Edit]

KENWOOD DMF-3020

ケンウッド DMF-3020 MDレコーダー メーカー希望小売価格¥39800(税別) 発売2000年

単品フルサイズMDデッキのエントリーゾーン機のなかで、その音のよさで他社をリードしていた、低価格機の代表機。

上位のようなハイビットプロセッサーを装備しないかわり、基本性能・機能を充実。この価格帯では異例の同軸入出力の装備が特徴。

サンプリングレートコンバーターも装備。

とはいえ、ATRAC Ver4.5だとこのあとのソニー低価格機よりは録音性能で劣るはず。この時点でのハイCP機であったということでしょう。

それでも安く、同軸が必要な人にはいまでも使い道があるでしょう。出品がいつもあるのも買いやすい。



ヤフーオークション ケンウッドのMDデッキ

DMF-3020おもな特徴・仕様
20bit精度1ビットD/Aコンバーター
ATRAC Ver4.5
サンプリングレートコンバーター
D/Aコンバーション 1ビット
オーバーサンプリング 8fs(352.8kHz)
A/Dコンバーター 5次⊿Σ方式
SN比(EIAJ) 100dB以上
ダイナミックレンジ(EIAJ) 90dB以上
デジタル入出力:光/同軸各1
アナログ入出力:各1
定格消費電力 11W
最大外形寸法 幅440×高さ94×奥行379mm
重量 4.0kg
リモコン付属
[ 2011/04/11 12:45 ] ★MDデッキ | TB(0) | CM(0)
[Edit]

KENWOOD DMF-7003G (K's Esule)

ケンウッド DMF-7003G (K's Esule) およびGなし メーカー希望小売価格\90000(税別)70000(税別・Gなし)ヤフオク中古価格8000円程度 1999年発売

ケンウッドのミニコンK`sシリーズのMDデッキであると同時に、さらなる高級シリーズ、K's Esuleシリーズ用として出た機種。Gがエシュール用で、ゴールドカラーにサイドウッド付き。違いはカラーとサイドウッドのみとされていて、それなのに価格は2万円違います。ただし、音は違うと専門誌ではレポートされていました(サイドウッドがつくだけでも音はかわりますから)。

K'sシリーズ用としては、MDの録音ビット精度が24ビットになったことからモデルチェンジされた経緯があります。

これで、ケンウッドのMDデッキの技術は最終形。再生系も録音系もすべて24ビット処理されます。

例によって、DAC/ADC機能があるので、デッキジャンクでもそれ狙いで需要があります。

ヘッドホン端子はありません。それが欲しい人は同社のDMF-7020となります(そちらも中身は一緒とされています・物理スペックが全く同一です)。コンパクトがいい人はこれでしょう。



ヤフーオークション ケンウッドのMDデッキ

DMF-7003Gおもな特徴・仕様
D.R.I.V.E.をさらに進化させた24bitD.R.I.V.E.を搭載
ジッター成分の少ないクロックを生成
デジタル録音ボリューム
サンプリングレートコンバーター
外部モニター(DAC)機能
音声圧縮方式:ATRAC Ver4.5 
D/Aコンバージョン:24ビット精度1ビット 
オーバーサンプリング:8fs(352.8kHz) 
方式:4次元ΔΣ方式+D.R.I.V.E. 
周波数:8Hz~20kHz(EIAJ) 
SN比:110dB以上(EIAJ) 
ダイナミックレンジ:95dB以上(EIAJ) 
総合ひずみ率:0.004%以下(1kHz、EIAJ) 
チャンネルセパレーション:105dB以上(1kHz、EIAJ) 
デジタル入出力:コアキシャル(0.5Vp-p/75 オーム)、オプティカル(-15dBm~-21dBm/発光波長660nm) 
定格消費電力:16W 
外形寸法:292W×104H(スパイク含む)×328Dmm 
質量:4.9kg
[ 2010/12/18 13:36 ] ★MDデッキ | TB(0) | CM(0)
[Edit]

KENWOOD DM-9090

ケンウッド DM-9090 MDレコーダー メーカー希望小売価格\125000(税別) ヤフオク中古価格1万円程度 1997年発売。

同社史上最高級のMDデッキ。ATRACver4.5(ソニー製)を用いながらも、独自の20bit Rec D.R.I.V.E.システムで20ビット精度録音を実現していました。

また、なんといっても再生系に、24bitD/Aコンバーターと同社独自のハイビットプロセッサー D.R.I.V.E.システムを組み合わせて24ビット精度再生を行っていました。これは当時としては他社を含め、CDプレーヤーの最高級機レベルをも超えるハイスペックです。

A/Dコンバーターは1ビット4次ノイズシェーピングで20bitの分解能。

このデッキはMDとしてはまだ発展途上であり、完成形ではありませんが、再生機あるいは、外部デジタル信号のDACとして使えば、今日的な意味があります。

そう、外部入力モニターがあり、24bitD/Aコンバーター(48kHzまで)として使えます。

録音ジャンク品はそれこそ数千円で落札できるので、用途によってはかなりお買い得になるでしょう。ADCとして使うのも面白いでしょう。



ヤフーオークション ケンウッドのMDデッキ

DM-9090おもな特徴・仕様
独自の20bit Rec D.R.I.V.E.システムで20ビット精度録音を実現
24bit Fine D.R.I.V.Eで、24ビット精度DA変換
デジタル録音ボリューム
サンプリングレートコンバーター
外部モニター(DAC)機能
読取り方式 非接触光学式読取り(半導体レーザー)
記録方式 磁界変調オーバーライト方式
回転数 400rpm~900rpm(CLV)
音声圧縮方式 ATRACver4.5(Adaptive Transform Acoustic Coding)
D/Aコンバーション 1ビット(24bit Fine D.R.I.V.E.) オーバーサンプリング 32fs(1411kHz)
A/Dコンバーション 4次ΔΣ方式+D.R.I.V.E.変換(20ビット精度)
サンプリング周波数 44.1kHz
デジタル入出力 コアキシャル入出力:0.5Vp-p/75Ω
オプティカル入出力:-15dBm~-21dBm(発光波長660nm)
定格消費電力 16W
最大外形寸法 幅440×高さ130×奥行373mm
重量 10.2kg
[ 2010/12/18 13:08 ] ★MDデッキ | TB(0) | CM(0)
[Edit]

SONY MDS-JA50ES

ソニー MDS-JA50ES MDデッキ メーカー希望小売価格\180000(税別) ヤフオク中古価格2万円程度。1996年発売。

ソニー史上最高価格のMDデッキ。ただし、MDレコーダーとしてだけ見ると、これより後の機種のATRACのバージョンの方が最新で優秀。MDLP非対応。

一方、再生機としては中級CDプレーヤー同等の贅沢な回路で、多分あとの機種より上等。

本機は、高精度アドバンストパルスD/Aコンバーター CXD2562、カレントパルスD/AコンバーターCXA8042を使用したDAコンバージョンシステム。それは、CDP-XA7ESに採用されたカレントパルスD/Aコンバーターシステムと同等です。

単体DACとしても使えるので、ジャンクをそう使うのもいいでしょう。

A/Dコンバーターにソニーの最高級DATデッキ DTC-2000ESに採用された 高性能24ビットΔΣ型A/Dコンバーター CXD8493を採用しているので、ADCにもいいでしょう。



ヤフーオークション ソニーのESシリーズのMDデッキ

MDS-JA50ESおもな特徴・仕様
第4.5世代ATRAC用DSPCXD2537Rを採用
ワイドビットストリームテクノロジー
サンプリングレートコンバーターを搭載
デジタルRECレベルコントロールを搭載
タイムマシン録音機能を搭載
カレント・パルスD/Aコンバーターを採用
V.C.(Variable Coefficient・可変)デジタルフィルターを搭載
4種類のポジション(スタンダード/スプライン/プレーン/アナログタイプ)を好みに応じて選択することが可能
Rコアトランスを採用
FBシャーシを採用
デジタル出力の語長を切換えられるデジタルアウト語長切替え機能(20bit/16bit)を搭載
A/Dコンバーター 24bit⊿∑
D/Aコンバーター カレントパルスD/Aコンバーター
可変(V.C.)フィルター
周波数特性 5Hz~20kHz ±0.3dB
ダイナミックレンジ 105dB以上(再生時)
SN比 108dB以上(再生時)
全高調波歪率 0.002%以下(再生時)
ワウ・フラッター 測定限界(0.001%W・peak)以下
入力端子 ライン:1系統
光デジタル:2系統
同軸デジタル:1系統
出力端子 ライン:1系統
光デジタル:1系統
ヘッドホン:1系統
消費電力 22W
外形寸法 幅430×高さ125×奥行375mm
重量 約14.3kg
[ 2010/10/22 12:35 ] ★MDデッキ | TB(0) | CM(0)
[Edit]

SONY MDS-JA333ES

ソニー MDS-JA333ES MDデッキ メーカー希望小売価格\100000(税別)2000年発売

ソニーのESシリーズデッキ最終機。この時点での最高級機。MDLP対応。漢字表示対応という珍しい機能つき。

録音機としても優秀なスペックなだけでなく、再生機としてもソニーのCDプレーヤー同様の技術が盛り込まれていて面白い機種です。24bit(V.C)デジタルフィルターとS-TACTパルスジェネレーターを一体化したVC24 plusを搭載していることがそれ。可変(V.C.=Variable Coefficient)デジタルフィルターでは、再生時にフィルターの遮断特性を変える事で微妙な音の変化が得られます。このころのソニーのCDプレーヤーに搭載されていました。MDだからDACにもなるので、プレーヤーより面白いかも。カレント・パルスD/Aコンバーターも中級CDプレーヤーでないとないので、これはかなりいいでしょう。

また、カタログには書いていませんが、なんとMDの24ビット出力が可能だとか。DAC/ヘッドホンアンプ/デジタルセレクター/ADCとしてまだまだ使えるでしょう。



ヤフーオークション ソニーのESシリーズのMDデッキ

MDS-JA333ESおもな特徴・仕様
MDLPモードを搭載
ワイドビットストリームテクノロジーを導入
S.F Edit(スケールファクターエディット)機能を搭載
カレント・パルスD/Aコンバーターを採用
デジタルRECレベルコントロールを搭載
サンプリングレートコンバーターを搭載
タイムマシン録音機能を搭載
型式 MDデッキ
A/Dコンバーター 24bit⊿∑
D/Aコンバーター カレントパルスD/Aコンバーター
VC24 plus
音声圧縮方式 ATRAC/ATRAC3
周波数特性 5Hz~20kHz ±0.3dB
ダイナミックレンジ 106dB以上(再生時)
SN比 106dB以上(再生時)
全高調波歪率 0.0025%以下(再生時)
ワウ・フラッター 測定限界(0.001%W・peak)以下
入力端子 ライン:1系統
光デジタル:2系統
同軸デジタル:1系統
出力端子 ライン:1系統
光デジタル:1系統
ヘッドホン:1系統
消費電力 20W
外形寸法 幅430×高さ123.5×奥行375.5mm
重量 約10.5kg
[ 2010/09/06 12:18 ] ★MDデッキ | TB(0) | CM(0)
[Edit]

SONY MDS-JA555ES MDデッキ

ソニーの最高級MDレコーダーMDS-JA555ES。1999年発売。定価126000円(税込み)。古いのでMD-LP非対応。デッキとしての能力は疑いようもなく高いでしょうが、古いので、ピックアップの消耗が心配。

ただ、これをDAC/ヘッドホンアンプとして使うなら、録音ジャンクを狙うのも面白い。中級CDプレーヤーレベルのデジタル部と思われるので、十分使えると思う。

マニアックポイントとしては24ビットデジタル出力。



ヤフーオークション ソニーの高級MDデッキ

MDS-JA555ESおもな特徴・仕様
信号処理能力の高いATRAC用“TYPE-R”DSPを搭載。
新開発の128倍fs対応のS- TACT(Synchronous Time Accuracy ConTroller) ICを採用
24ビット可変デジタルフィルター
シャーシ全体の振動を吸収するFBシャーシの厚みを強化
デジタルRECレベルコントロール搭載

型式 MDデッキ
A/Dコンバーター 24bit⊿∑
D/Aコンバーター カレントパルスD/Aコンバーター
24bit可変(V.C.)フィルター
周波数特性 5Hz~20kHz ±0.3dB
ダイナミックレンジ 108dB 以上(再生時)
SN比 108dB 以上(再生時)
全高調波歪率 0.002%以下(再生時)
入力端子 ライン:1 系統
光デジタル:2系統
同軸デジタル:1系統
出力端子 ライン:1 系統
光デジタル:1系統
同軸デジタル:1系統
ヘッドホン:1系統
消費電力 23W
外形寸法 幅430× 高さ126×奥行375.5mm
重量 約15.3kg
[ 2010/05/11 12:19 ] ★MDデッキ | TB(0) | CM(0)
[Edit]

SONY MDS-JA22ES

ソニー MDS-JA22ES MDレコーダー メーカー機能小売価格¥89000(税別) ヤフオク中古価格万円程度 発売1998年 

ESシリーズとしては最も安価な機種。新開発のATRAC用Type-R DSPを採用しているのも特徴。

当時の最上位は33ES。A/Dコンバーターのビット数(24ビット)と再生系のDACまわり、アナログ回路などで差がつきます。電源回路の規模も違います。

逆にいうと、デジタル録音するだけなら、差はない可能性もあります。

上位とは再生音にだいぶグレードの差があるという指摘があり、DAC代わりにするのならそのあたりも考慮したいところです。

ただ、この機種は中古実売が結構安いので、そこそこでいいなら、本機はお買い得かもしれません。33ESだと2万円は下りませんから。カレント・パルスD/Aコンバーター搭載機種でこの安さはなかなかないと思います。

時期からして、MDLPには非対応。



ヤフーオークション ソニーのESシリーズのMDデッキ

ATRAC用Type-R DSPを採用
ワイドビットストリームテクノロジー
デジタルRECレベルコントロールを搭載
S-TACT IC
サンプリングレートコンバーター
カレント・パルスD/Aコンバーター
ピッチコントロール機能
タイムマシン録音機能
A/Dコンバーター 20bit⊿∑
D/Aコンバーター カレントパルスD/Aコンバーター
可変(V.C.)フィルター
周波数特性 5Hz~20kHz ±0.3dB
ダイナミックレンジ 99dB以上(再生時)
SN比 102dB以上(再生時)
全高調波歪率 0.003%以下(再生時)
ワウ・フラッター 測定限界(0.001%W・peak)以下
入力端子 ライン:1系統
光デジタル:2系統
同軸デジタル:1系統
出力端子 ライン:1系統
光デジタル:1系統
同軸デジタル:1系統
ヘッドホン:1系統
電源電圧 AC100V、50Hz/60Hz
消費電力 16W
外形寸法 幅430×高さ125×奥行345mm
重量 約7.8kg
リモコン付属
[ 2010/05/10 12:48 ] ★MDデッキ | TB(0) | CM(0)
[Edit]

SONY MDS-JB940

ソニー MDS-JB940 MDデッキ メーカー希望小売価格¥69,000(税別) 発売2000年

JB9○○シリーズの最終機。930の後継機。価格は4000円のアップ。

はじめてMDLPに対応、漢字・ひらがな表示対応のフルドットディスプレイをあらたに採用するなど、機能面において大きく進化。

ADCも20ビットから24ビットに高精度化。

一方で、プレーヤーとしてはカレントパルスD/AコンバーターからハイブリッドパルスD/Aコンバーターへと変更になり、この部分ではランクダウンしています。

新機能の盛り込みと再生まわりのグレードの維持を両方行うと、コスト面で厳しくなるためでしょう。

MDLPや漢字表示が必要な人ならこれでしょう。一方、標準モード再生機能が重要なら先代のほうが上。あるいは、アナログ音源をAD変換して録音する場合は本機が上、となります。



ヤフーオークション ソニーのMDデッキ

MDS-JB940おもな特徴・仕様
MDLPモードに対応
ATRAC用TYPE-R DSP
24bit(V.C)デジタルフィルターと綺麗なパルスを生成するS-TACTパルスジェネレーターを一体化したVC24 plusを搭載
漢字・ひらがな表示対応のフルドットディスプレイ
A/Dコンバーター :24bit⊿∑
D/Aコンバーター :ハイブリッドパルスD/Aコンバーター
VC24 plusデジタルフィルター
周波数特性 5Hz~20kHz ±0.3dB
ダイナミックレンジ 98dB以上(再生時)
SN比 100dB以上(再生時)
全高調波歪率 0.003%以下(再生時)
入力端子 ライン:1系統
光デジタル:2系統
同軸デジタル:1系統
出力端子 ライン:1系統
光デジタル:1系統
同軸デジタル:1系統
ヘッドホン:1系統
消費電力 12W
外形寸法 幅430×高さ110×奥行287mm
重量 約5.3kg
リモコン付属
[ 2010/05/09 04:19 ] ★MDデッキ | TB(0) | CM(0)
[Edit]

SONY MDS-JE700

ソニー MDS-JE700 MDレコーダー メーカー希望小売価格¥69,000(税別) 発売1996年

MDレコーダーが毎年進歩していたころの中級機。

ATRACのバージョンは古く(カタログ写真から推定するとver,4.0・CXD2650R)、ましてやMDLPにも非対応、デジタル録音レベルもスケールファクターもいじれません。

しかし、再生機としてはなんとカレントパルスDACを搭載、ESシリーズなみの豪華さです。

MDデッキはだんだん録音性能・機能を追求したコスト面での反動か、再生系が弱くなっていくので、この時期は豪華です。

また同軸入力もあり。これもなくなっていきます。

標準モードや外部入力用の再生機として、まだまだ力を発揮しそうです。

リモコンがないだけでかなり安く買える可能性があります(1000円台など)。逆に完動美品だと1万円を超えることもあり、幅が広いです。

ヤフーオークション ソニーのMDデッキ



MDS-JE700おもな特徴・仕様
ワイドビットストリームテクノロジーを採用
カレント・パルスD/Aコンバーターを搭載
周波数特性 5Hz~20kHz ±0.3dB
ダイナミックレンジ 98dB以上(再生時)
SN比 100dB以上(再生時)
全高調波歪率 0.003%以下(再生時)
入力端子 ライン:1系統
光デジタル:2系統
同軸デジタル:1系統
出力端子 ライン:1系統
光デジタル:1系統
ヘッドホン:1系統
消費電力 11W
外形寸法 幅430×高さ107.5×奥行315mm
重量 約4.4kg
リモコン付属
[ 2010/04/29 11:45 ] ★MDデッキ | TB(0) | CM(0)
[Edit]





上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。