スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)
[Edit]

ESOTERIC SA-60

エソテリック SA-60 SACDプレーヤー メーカー希望小売価格¥462,000(税込) 発売2006年7月

同ブランドにしてはエントリーレベルの純オーディオプレーヤー。生産完了品。

基本的にSACD/CDプレーヤーですが、珍しいことにDVDオーディオ対応でもあります。また、マルチのアナログ出力に対応していることも、現行品にはもはやない特徴なので、貴重でしょう。

さらに、i.LINK(AUDIO)端子まで装備。

ワードシンク入力もあり、再生音もグレードアップも可能でしょう。

PCM信号のアップコンバートや、DSD信号への変換モードといった面白い機能も装備していてなかなかに多機能です。

メカニズムはVRDSではないのが惜しまれるところ。

なお、このSA-60の機能に、DVDビデオ/ビデオCDの再生機能、映像出力端子、リモート入力端子を加えたモデルがユニバーサルプレーヤー「DV-60」¥514,500・税込み、となります。



ヤフーオークション エソテリックのCD/SACDプレーヤー

SA-60おもな特徴・仕様
メカニズムは新規に開発したもの。VRDSメカではない
シーラスロジック製D/Aコンバーター(CS4398×3)を搭載
第2世代RDOTアルゴリズムとハイサンプリング対応FIRデジタルフィルター
PCM信号のアップコンバートおよびDSD信号への変換モード搭載
再生可能ディスク:スーパーオーディオCD/CD/DVDオーディオ
アナログ音声出力:XLR端子(2ch)×1、RCA端子(2ch)×1/RCA端子(5.1ch)×1
周波数特性:5Hz~88kHz(DVDオーディオ)
S/N比:130dB
ダイナミックレンジ:107dB
歪率:0.002%
デジタル音声出力:光デジタル端子×1、同軸デジタル端子×1、i.LINK(AUDIO)端子×1
ワードシンク入力フォーマット:BNC端子×1 入力可能周波数は、44.1/88.2/176.4/48/96/192/100kHzに対応
消費電力:23W(スタンバイ時 2W)
外形寸法:442W×149H×353Dmm(突起部含む)
質量:約14kg
リモコン付属
スポンサーサイト
[Edit]

ESOTERIC SZ-1

エソテリック  SZ-1 SACDプレーヤー メーカー希望小売価格¥550,000(税別) 発売2005年9月

77ミリの薄型デザインを採用した“ESOTERIC NEWハイエンドオーディオシステム”の一環として発売された薄型プレーヤー。

あまりオーディオマニアではない層を意識したかのようなデザインですが、価格はオーディオマニア以外にはきつそう…。

それだけに単にスタイリッシュなだけでなく、単品コンポとして十分凝った設計になってはいますが、さすがにこの薄さ、同社の看板のVRDSメカにはできず、中途半端な感も。

それでいて、全てのフォーマットのデジタル出力が可能なi.LINK端子を搭載したり、WORDクロック入力端子を搭載するなど、やはりとても初心者向けとは思えない本格装備。

回路も、DACにPCM/DSDの両フォーマット入力に対応したシーラスロジック社製のCS4398を採用。出力段までストレートなSACD信号処理を行うDSD-Directモードを搭載するのも只者ではありません。

余裕のあるマニアのサブ機か、家族のいるリビング向け?にしても贅沢。独自の存在感を持つ異色機種。

SZ-1sというあたかも後継機のような機種がのちに発売されます。そちらはより価格が下がった上に、プリメインアンプも内蔵し、より一般向けになった感があります。



ヤフーオークション エソテリックのCDプレーヤー

SZ-1おもな特徴・仕様
ESOTERIC NEWハイエンドオーディオシステム
エソテリック独自の軸摺動型ピックアップ
i.LINK端子を搭載
高精度DA変換技術と高精度クロック技術
高効率のWBトランス
周波数特性:10Hz~50kHz(SACD)
SN比:130dB(SACD)
ダイナミックレンジ:107dB(SACD)
オーディオアナログ出力:RCA×1系統/XLR×1系統
デジタルオーディオ出力:i.LINK×1系統/COAXIAL×1系統/OPTICAL×1系統
ワード入力端子:BNC端子×1系統
消費電力:18W(スタンバイ時:約1.5W)
外形寸法:400W×77H×342Dmm(突起部含まず)
質量:8.4kg
リモコン付属
[Edit]

ESOTERIC X-05

エソテリック X-05 SACDプレーヤー メーカー希望小売価格\480,000(税別) 発売2007年12月

ブランド生誕20周年記念モデルとして発売された同社ミドルクラスSACDプレーヤー。

期待どおりにVRDSメカを搭載。SACDにも対応する「VRDS-NEO(VMK-5)」メカニズム。静粛化も進んでいるようです。

ピックアップには同社のSACDプレーヤー「P-03」にも採用されている軸摺動型ピックアップを搭載。DACには24bit/192kHz対応のシーラスロジック社製「CS4398」をデュアル・モノ構成で搭載。ワードシンク機能が搭載されており、外部からワードクロックに同期することもでき、価格からするとハイエンド的には高機能。デジタル入力はなし。

一方、同社からは2009年には同価格でUSBやデジタル入力に対応するなど、より高機能のSA-50も登場。しかし、そちらはVRDSではありません。

音もかなり違うようで、同ブランド的なソリッドさは本機のほうがあるようです。

ただ、機能的には今後はもっと充実した後継機が出るものと思われます。そこも見極めて買いたいところです。

ブラックモデルもあり。





ヤフーオークション エソテリックのCD/SACDプレーヤー

X-05おもな特徴・仕様
ブランド生誕20周年記念モデル
「VRDS-NEO(VMK-5)」メカニズムを搭載
DACには24bit/192kHz対応のシーラスロジック社製「CS4398」をデュアル・モノ構成で搭載
トロイダル・トランス
外部からワードクロックに同期可能
対応ディスク:スーパーオーディオCD/CD/CD-R/CD-RW
アナログ出力:XLR×1、RCA×1
デジタル出力:光デジタル×1、同軸デジタル×1
ワードシンク入力:BNC端子×1 入力可能な周波数は、44.1/88.2/176.4/100kHz
S/N比:130dB (スーパーオーディオCD、1kHz、JEITA)
ダイナミックレンジ:107dB (スーパーオーディオCD、1kHz、JEITA)
消費電力:15W
外形寸法:442W×153H×353Dmm
質量:17kg
リモコン付属
[Edit]

ESOTERIC D-01

エソテリック D-01 D/Aコンバーター メーカー希望小売価格\1100000(税別・一台) 2004年10月発売 受注生産品

SACDトランスポートP-01と対になる同社最高級DAC。驚くことになんとモノラルDACというコンセプト。世界初とのこと。

そのため、組み合わせる機器は必然的に専用端子を持つP-01に(一般の機器とも組み合わせできるようです。チャンネル選択機能があるので。SACDの場合はこれのみになるでしょう)。

技術的な最高のものを追求した結果なのでしょうけど、それにしてもすごい。

で、このサイトで扱うからには、ちゃんとヤフーオークションに出品されているからです。それもまたすごい…。いったいいくらで落札されるのか?見当もつかないくらいです。

専門店の中古にもめったに出ないし、買える人も限られているのでしょう。

品位にこだわったアナログ・ボリュームがついているので、プリアンプを省くことができますが、これを買う人がそんなところでCPを意識したりはしないでしょうし。

(あとでこのページを見た人へ。2010年12月10日には出品されていたのです)



ヤフーオークション エソテリックのCD/SACDプレーヤー

技術的な詳細などは同社機器ページ

ESOTERIC D-01おもな特徴・仕様
世界初のモノーラルのD/Aコンバーター
24bitマルチビット型D/AコンバーターPCM1704を8個使用
デジタルフィルターは、FIR、RDOT、FIR+RDOTの3種類から選択可能
音質にこだわったアナログボリューム装備
高剛性ボディコンストラクション
アナログ特性 ダイナミックレンジ 112dB(JEITA)
全高調波歪 0.001%(JEITA)
周波数特性 2Hz~80kHz(-3dB)スーパーオーディオCD
S/N比 118dB(JEITA)
ボリュームコントロール範囲 +6dB~-99.5dB(アナログ)0.5dBステップ
入力端子 デジタル入力 i.LINK(IEEE1394)×2/XLR×2(ES-LINK)/RCA×1
ワードシンク入力 BNC×1
出力端子 アナログ出力 XLR×1/RCA×1
ワードシンク出力 BNC×1
消費電力 23W
外形寸法(W×H×D) 445mm×108mm×420mm
質量 21kg

[Edit]

ESOTERIC SA-50

エソテリック SA-50 SACD/CDプレーヤー/USB-DAC メーカー希望小売価格¥409500(税込) 2009年3月発売

同社SACDプレーヤーのエントリー機。これまでの同社に比べても、大変多機能になっているのが特徴の魅力ある機種。

最大の特徴は、32ビットDACを同社で初めて搭載したこと(このあと上位にも続々搭載)。また、USB入力を備え、本格的にPCに対応したこと。

やや古いので、ハイビットなどには対応していないようです。が、全てのデジタル入力をアップコンバートするという魅力的な機能があります。

ワードシンク入力、バランス出力、さらに、ボリューム調整機能(リモコン対応)と豊富。バランス端子のホット切り替え可能なので、全てのバランス機器につなげます。

プリなしのシンプルなシステム、パワードスピーカーへの直結などいろいろ使えそうです。ただ、ドライブは、VOSPでVRDSではありません。つまり格下。VRDSでなければ同社でない、と思う人はどうします?

今後、よりUSB入力を強化したモデルの発売も予想されます。

エソテリック Super Audio CD/CD Player SA-50 [9%OFF] (premuim vintage)




ヤフーオークション エソテリックのCD/SACDプレーヤー

★ESOTERIC SA-50の価格情報(楽天)★

ESOTERIC SA-50おもな特徴・仕様
DSD・PCM対応の32bit演算処理D/Aコンバーター、旭化成エレクトロニクス社製ΔΣ型DACデバイス「AK4392」を搭載
CD再生および外部デジタル入力信号は、2倍(64/88.2/96kHz)、4倍(128/176.4/192kHz)へのPCMアップコンバートに加え、DSDへのアップコンバートも可能
USB・光・同軸入力を持つ、32ビット高性能D/Aコンバーター機能
デジタルアッテネーター機能
ワードシンク入力端子を装備
XLR出力は、フルバランス構成(2番/3番HOTの選択可)
高剛性ボディ
同社独自の3点支持ピンポイントフット
再生可能ディスク: SACD、CD、CD-R、CD-RW
出力端子: XLR端子(2ch) ×1 、RCA端子(2ch) ×1
出力インピーダンス: XLR:100Ω、RCA:100Ω
最大出力レベル: 2.2Vrms (1kHz、フルスケール、10kΩ負荷時)
周波数特性: 5Hz~40kHz (SACD)
S/N比: 130dB
デジタル出力: 光/同軸各1
デジタル入力: 光/同軸各1
USB入力: USB TypeB 端子 ×1 (USB1.1準拠)
ワードシンク入力端子: BNC端子 ×1
入ワードシンク力可能周波数: 44.1、88.2、176.4、100 kHz(矩形波)
ワードシンク入力インピーダンス: 75Ω
ワードシンク入力レベル: TTLレベル相当
消費電力: 15W
外形寸法: (W×H×D) 442mm×153mm×353mm
質量: 18kg
[Edit]

ESOTERIC X-30

エソテリック X-30 CDプレーヤー メーカー希望小売価格¥315,000(税込) ヤフオク中古価格\130000前後 発売2002年10月。

VRDSメカによるCD単機能プレーヤー最終機。名機VRDS-25xsの後継機的ポジションでもあります。「RDOT」方式DAC採用。なぜか物理スペックは高級プレーヤーにしてはいずれも低め。

この機の音を長岡鉄男は聴くことができませんでした。25xsとは大分違うようです。本当は25xsの後継はVRDS-50でしたが、どうもマニアの受けが悪く、25xsが継続生産されるという事態を招きました。

本機はブランドをエソテリックに格上げしましたが、中古の人気を見るとマニアはやっぱり25xs?

それでも中古価格は安くないので、長岡教徒とは関係なく優れたプレーヤーのひとつのようです。

デジタル入力があり便利。バランス出力あり。



ヤフーオークション エソテリックのCDプレーヤー

参考試聴記事

X-30おもな特徴・仕様
VRDSメカ
「RDOT」方式DAC
D/Aコンバーター:Swing-Suppressionノイズシェーピング、24ビットΔΣ・PWM差動方式
ダイナミックレンジ:96dB以上(JEITA)
S/N比:96dB以上(JEITA)
全高調波歪率 0.005%(JEITA)
音声出力:アナログ(RCA×1、XLR×1)、デジタル(RCA×1、TOS×1)
消費電力:18W
外形寸法: 442W×147H×344Dmm
質量:24kg
[Edit]

Esoteric P-0s

エソテリック P-0s CD専用トランスポート。希望小売価格 1,600,000円(税抜)2001年12月生産終了

P-0sは、P-0に各種の高音質化対策を行い、より完成度を高めたモデル。また、運転音を低減したとのこと。それだけ運転音が大きいと言われていました。

国産ハイエンドCD専用トランスポートの最高峰との評判も高い機種。SACDなしなのも逆にマニア好み。

まさに物量投入時代の最後の申し子かも。いまトランスポートの時代は軽薄短小でも結果を出せるPCオーディオへ。PCオーディオのハイエンドと比較してみたい品ナンバーワンでしょう。

出力端子はさすがに豊富。このあたりは中級機にはできない装備。これがヤフオクで売っているというのも凄い。



ヤフーオークション エソテリックのCDプレーヤー

P-0sおもな特徴・仕様
世界初のロスレス・スレッド送り超精密機構
最先端デジタルサーボ
TOC作成プログラム機能
高精度アルミダイキャスト・ボディの光ピックアップ
再生可能ディスク CD
デジタル音声出力
BNC ×1 (COAXIAL)
XLR ×1 (BALANCED)
RCA ×1 (COAXIAL)
ST ×1 (OPTICAL)
デジタル出力フォーマット 44.1 kHz
ワードシンク入力 BNC ×1 (COAXIAL)
対応ワードシンク周波数 44.1 kHz
消費電力 57W
外形寸法
本体部 445mm×178mm×530mm
電源部 220mm×178mm×439mm
質量 本体部 30.0kg
電源部 17.2kg (フットベース含む)


[Edit]

ESOTERIC X-50W、X-50WVUK CDプレーヤー 中古

中古オーディオ機器探求。CDプレーヤー編。ESOTERIC X-50W。1999年発売。定価525000円。X-50WVUKはそのバージョンアップモデル。

例によって、ノンフローティングVRDSメカニズム搭載。腕に覚えのあるマニア向けでしょう。セッティングの面からも。同社一般製品と違うのは、ワディアのDACを採用していること。

デジタル入力はなし。なぜか光デジタル出力が2つ。どういう意図でしょう。出力レベルが調整できるかはわかりません。

 
 


メーカー X-50W詳細情報

ヤフーオークション エソテリックのCDプレーヤー

X-50Wおもな仕様・特徴
ノンフローティングVRDSメカニズムと高剛性リジッド構造
アルミ削り出しターンテーブルを採用
WADIA社製D/Aコンバーターを搭載
WBT社のRCA出力端子装備
差動バランスD/A回路
2トランス構成

■デジタル出力:光2 、同軸1
■アナログ出力:アンバランス(RCA)1系統、バランス(XLR)1系統
■リモコン:あり
●寸法/重量:465(W)×161(H)×352(D)mm/25kg
[Edit]





上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。