スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)
[Edit]

SHARP SM-SX200

シャープ SM-SX200 プリメインアンプ メーカー希望小売価格¥1,500,000(税別) 発売2001年

100万円の1ビットデジタルアンプ、SM-SX100で一部で高い評価を受けたシャープがそれに気をよくして?出した上級機。

5.6MHzの高速1ビットスイッチングとなり前作の2倍に。出力も2倍。「ハイエンドオーディオユーザーのご要望にお応えした」とメーカーは最初の頃と違い自信も感じさせます。

同じような音質で高品位化、パワーアップなのかと思いきや、両機聞き比べた人のなかには音質傾向は結構違うように書いている人もいました。そっけない音作りを感じさせない点では100もありな印象でした。

専用のマルチチャンネルコントロールセンターと接続してパワーアンプモードでのマルチチャンネル用システムをも想定していたので、そのあたりと関係あるのかもしれません。

この機種を複数台パワーアンプにしてプリアンプと組むマルチシステムとはいったいいくらになるのやら…。

シャープはさらにSM-SX300という上級機も出しますが、そこでこれらの機種の歴史は終わってしまいます…。

ヤフオク シャープの1ビットデジタルアンプ



スポンサーサイト
[ 2013/04/11 16:41 ] ★アンプ | TB(0) | CM(0)
[Edit]

SAYA(サヤ) UIA5200

サヤ(PURE SPEED/ピュアスピード) UIA5200 プリメインアンプ メーカー希望小売価格¥232,000(税込み) 発売2013年1月

A4サイズで重さも3kgを切るという小型のプリメインアンプ。また、PCはじめ多彩なデジタル入力にも対応するDAC内蔵型。

この大きさで最近の製品となるとデジタルアンプなのかと思いきや、意外にもアナログAB級アンプ。

とするとこの大きさでクオリティも追求したとなると結構苦心したようで、パワーアンプに、二重で帰還をかける多重帰還方式を採用。これにより、消費電力と発熱を低減させて、この大きさと最大出力45W+45W(8Ω)というスペックを実現。AB級ながらD級アンプ並みの小型・省電力化とA級アンプ並みの性能を実現したといいます。

アイドル損失28Wの省力化も実現し、環境にも配慮。MOSFET-ClassAB インスツルメンテーションパワーアンプという回路で、つまりはMOSFETを使っています。

DACにはアナログデバイセズ社192KHz/24bit対応の高品位チップ、AD1955をチャンネルごとに使用。バランス型電子ボリュームを経て、パワーアンプへ導く3ブロック構成を採用。プリアンプレス設計として、S/Nを大幅に改善。

全回路を1枚の基板に集積させたシングルボード構成、入念な電源設計なども特徴。

USB 1系統と光デジタル2系統、同軸デジタル1系統、アナログライン1系統の合計5入力を備え、全デジタル入力で24bit/192kHzに対応するハイスペック。USBはアシンクロナス伝送に対応。

ヘッドホン端子もあるので、まさにPCオーディオにも最適。

メーカーの考えで面白いのは他社が32ビット対応DACを使う流行りを現状で否定的に捉えていること。実際にその数値を現状では生かすのは困難だという見方からあえてAD1955を選択したということのようです。

内容、スペックは魅力的ですが、やはりこの価格。国内大手あるいは中小メーカーでも最近は似たような製品があり、価格は数分の一。それらとは明らかに違う音があるという自信があるのでしょう。



ヤフオク 他のオーディオ機器
[ 2013/01/25 16:44 ] ★アンプ | TB(-) | CM(0)
[Edit]

Cambridge Audio Azur350A

ケンブリッジオーディオ Azur350A プリメインアンプ メーカー希望小売価格:オープン 実売5万円程度 発売2010年

Cambridge Audioのエントリーライン“Azur(アズール)350”シリーズのプリメイン。販売完了品。

同シリーズには同価格のCDプレーヤー「Azur350C」、スピーカー「S30」(実売3万円程度)があり、3点セット「SYSTEM350」というコンポセットとしても売られていました。セットだと実売価格108,000円前後とバラで買うよりかなり安価に設定されていました。ただしセットは200個限定。

とはいえ、本機はまずは海外ブランドにしては安価で、それでいてフルサイズの単品アンプであることが大きな特徴で、競合製品も少ないだけに貴重な製品のひとつ。十分単体購入する価値がありそうです。

45W+45W(8Ω)とやや出力は小さめですが、海外メーカーでありながら、国内メーカー並みに機能は豊富で、トーンコントロールやヘッドホン端子もあり、リモコンも装備。内部を見ても電源はトロイダルトランスとなかなか立派。

DACやCDプレーヤーが注目されてしまうメーカーだけに隠れた良品かもしれません。

ヤフーオークション ケンブリッジオーディオのオーディオ機器


[ 2012/09/29 15:57 ] ★アンプ | TB(0) | CM(0)
[Edit]

SHARP SM-SX100

シャープ SM-SX100 プリメインアンプ メーカー希望小売価格¥1,000,000(税別) 発売1999年

ピュアオーディオ界からは距離のあった当時のシャープが突如として発表した高級プリメインアンプ。

ただのアンプではなく、シャープが1ビットデジタル方式と呼ぶ、デジタルアンプ方式だったから驚き。いまでこそデジタルアンプと呼ばれるものがいっぱいありますが、当時は皆無。しかもデジタルといいながらもアナログの一種であるPWMでなく、真にデジタル方式といえるPDMデジタル方式。これは今日でもシャープとシャープの流れを汲むNmodeくらいしかものにしていないようです。

デザインも斬新。筐体もコストのかかった豪華なものですが、旧来のマニアにはあまり受けなかったようです。しかし一部マニアにはその音の良さが浸透し、今日のNmodeの存在につながっています。だからこれはまだ過去の遺物や失敗作などではないのです。

第一号機だけにどうしても後の機種よりサンプリング周波数など、技術的に劣る部分もありますが、価格的な物量のメリットはあるようで、価格が折り合えば今でも面白いかも。今のNmodeがこのクラスを出してくれれば…。

ユーザーの声として、デジタル入力よりアナログ入力のほうが良かったという意見は興味深いものです。SACDの1ビット出力を受ける専用端子を搭載していますが、シャープの専用端子。使うなら対応SACDプレーヤーとなります。豊富な入力端子も高級機らしく魅力。ピーコックグリーン、カクテルブルー、チタンシルバーの3種類のバリエーションがあり。リモコンはない模様。トンコン、ヘッドホンなどもなし。

ヤフオクでの実際の取引で相場を読む
211,000 円 45入札 12年3月11日 システム入れ替えの為出品致します、完動品で御座います、見た目もほとんど傷もなく美品だど思います、最近ではオークションでもほとんどでなくなりましたのでこの機会にいかがですか?今回格安より出させて頂きます、付属品はインシュレーター及び電源ケーブル及び元箱になります。



世界初の2.8MHzの高速サンプリング、7次デルタシグマ変調回路を搭載した1ビットデジタルアンプ。
高品質ボリュームを採用
銅メッキシャーシや金メッキ無酸素銅基板を採用
電源部には電流共振型ゼロ電源スイッチング方式のスイッチング電源を使用
バイワイヤリング対応スピーカー端子
入力端子:
ST光デジタル入力:1系統
BNC同軸デジタル入力:1系統
RCA同軸デジタル入力:1系統
角型光デジタル入力:1系統
RCAアナログ入力:2系統
XLRアナログ・バランス入力:1系統
出力端子:
角型光デジタル出力:1系統
RCAアナログ出力:1系統
定格消費電力 130W
最大外形寸法(つまみ・突起部含む/mm):幅472×高さ89×奥行462
質量:約18.5kg
[ 2012/04/09 16:44 ] ★アンプ | TB(0) | CM(0)
[Edit]

Nmode X-PM2F

エヌモード X-PM2F メーカー希望小売価格¥140,000(税込み) 発売2010年10月

同社1bitデジタルアンプの廉価機だったX-PM2の後継機で、価格はいっきに5万円アップ。

それだけに中身には大きく手が加えられ、従来の倍、24.5MHzの高速サンプリングへと変更。Rコアトランスの電源容量を30VAから80VAへと大幅アップ、内部に1kgのカウンターウェイトを搭載するなどしました。それでいて、外観にはほとんど変化がないという潔さ?とにかく音は良くなったのだから文句はないだろう、と言わんばかりです。

相変わらず?ビギナーならちょっと驚くようなスペック上の小出力ですが、わかっている人が買っているようですので。

X-PM2ユーザーにも差額相当でX-PM2Fにバージョンアップできるサービスがあります。また、オーディオショップの吉田苑チューニングバージョンもあるので、中古を買うときはよく説明を見ることをおすすめします。

この機種も固定ファンがいるのと、この機種とよく比較されるのがソウルノートであるのも特徴。もちろん、シャープと迷う人も。

ヤフオクでの実際の取引例
86,000 円 33入札 '11年9月13日 吉田苑 付属品は全て揃っていますシステム変更のため出品いたします。22年12月5日購入のまだまだ新しいアンプです。
とても大事に使用していましたので大きなキズはありません。音に関しまして主観ではありますがどの音も主張しない素直な音を出すアンプだと思っております。



ヤフーオークション エヌモードのオーディオ機器

おもな仕様
出力:11W+11W(8Ω)、18W+18W(4Ω)
全高調波歪率:0.01%以下
周波数特性:5Hz~100Hz(+0、-1db)
S/N比:100dB
消費電力:7.0W(アイドル時)/18.1W(J60065)
入力端子:RCAピンジャックx4系統
寸法:(W)420x(H)98x(D)243mm 重量:6.4kg


[ 2012/03/12 16:38 ] ★アンプ | TB(0) | CM(0)
[Edit]

Nmode X-PM1

エヌモード X-PM1 プリメインアンプ メーカー希望小売価格¥139,000(税込み) ヤフオク中古相場7-9万円程度 発売2008年12月 

シャープで1bitデジタルアンプに携わった技術者が立ち上げた新メーカーのプリメインアンプ第一弾。

おおざっぱにはデジタルアンプ方式で、期待どおりではありますが、なぜかその内容はシャープで開発したPDM方式ではなく、パワーアンプ部にトライパス社製のCLASS T PWMアンプを搭載したデジタルプリメインアンプでした。

とはいえ、PWMアンプとしては出色のS/N比を実現するなどいきなり高い技術力を見せ付けました。電源部は120VA Rコアトランスに、小容量ケミコンを多数並列接続にしたハイスピードパワーサプライという構成。

なにより、比較的ピュアオーディオとしては安価ながら音が良いということで評判になり、同社の名前をオーディオ界に知らしめることに成功しました。さすがにシャープのようにリモコン対応などの多機能性はありませんが、必要ないなら特に問題ないでしょう。ペア想定のCDプレーヤー、CD-1が同時発売されていました。

小手調べだったのか、この機種は比較的早く生産完了し、新機種や後継機にチェンジ。そちらはPDM方式1bitデジタルアンプとなっています。

それでも、この機種の中古価格は結構するので、この音が良い、というユーザーがいるようです。消費電量42Wという省電力も魅力。

ヤフオクでの実際の取引例:
90,000 円 20入札 2012年2月12日 音質は研ぎ澄まされた美しい音で、今まで満足できず買い替えを繰返してきましたがこれ以上の物はいらないと思う程でした。
ずっと所有していくつもりでしたが、ゴルフにはまり金策の為出品致します。CD-1も同時出品しますので、合わせての購入をお勧めします。

ヤフーオークション エヌモードのオーディオ機器

おもな仕様
出力:60W×2(8Ω)、90W×2(4Ω)
S/N比:100dB (IHF Aネットワーク) 
歪 率:0.015%(両ch駆動、8Ω負荷、30W)
周波数特性:5Hz~100KHz(±1db)
消費電力:42W(J60065)/ 9W(アイドリング時)
入力端子:RCA×3系統、ミニステレオジャック×1系統 
外形寸法:420W×98H×243Dmm 質量:6.0kg
リモコンなし
[ 2012/03/12 12:01 ] ★アンプ | TB(0) | CM(0)
[Edit]

Topping TP22

Topping TP22 プリメインアンプ 直販価格¥9,800(税込み) 発売2011年5月9日

アンプ出力の向上とともに、高音質化を図った新モデル。デジタルアンプICに新採用のトライパス製・TK2050を使用しているのが特徴。1チップでできているものではないようです。

大出力が可能なチップ。ここでは同社にしては大出力というほどに留めていますが、そこそこ出力は大きくなっています。使い方によってはもっと出力を取り出せるものなのであえてそうしているということでしょう。

電源電圧がTP21の14Vから20Vに上がっているのはいろいろな使い方を想定している人にはどうでしょうか?

このチップを使った上位機も期待されるでしょう。TK2050を使用しているアンプは海外にもあるようです。国内のほかのガレージメーカーでも手がけないでしょうか?



ヤフーオークション Toppingのオーディオ機器

TP22おもな特徴・仕様
1クラス上のデジタルアンプIC Tripath「TK2050」を採用
インプットセレクター付き2系統入力
バナナプラグに対応
出力 30W x 2 @4Ω、25W x @8Ω
スピーカー対応インピーダンス 4-8Ω
スピーカーアウトx2
RCAステレオインプットx2
寸法 高さ45mm x 幅113mm x 奥行き198mm
重量 約740g・本体
付属品 本体、ACアダプター、ACケーブル、マニュアル(英文/中文)
[ 2011/09/17 17:13 ] ★アンプ | TB(0) | CM(0)
[Edit]

Topping TP21

Topping TP21 プリメインアンプ 直販価格¥6,980(税込み)

拓品电子(中国)の小型デジタルアンプシリーズの上位機。下位に比べ出力が大きく、ヘッドホンアンプも内蔵。

下位とは1000円刻みで高いだけで、逆にさらなる上位は本機の倍以上するので、本機はもっとも価格対パフォーマンスには優れている気がします。

ただし、アナログ入力専用。

デジタル入力、あるいはUSB入力が欲しい人には本機は向きません。

電源はACアダプター方式。

ヤフオクでも新品販売が主ですが、たまに中古は出ます。

Topping デジタルアンプ [TP21]




ヤフーオークション Toppingのオーディオ機器

TP21おもな特徴・仕様
Tripath TA2021を採用したPWM方式デジタルアンプ
出力 25W x 2 @4Ω、13W x2 @8Ω
インピーダンス 4-8Ω
全高調波歪率 0.03% THD+N @ 10W, 4Ω
出力 スピーカーアウトx2(バナナプラグ対応 金メッキ処理)、
入力 RCAステレオインプット(金メッキ処理)
寸法 高さ45mm x 幅113mm x 奥行き171mm(突起部含む)
重量 592g(ACアダプター含まず)
付属品 TP21本体、ACアダプター(14V4A)、ACケーブル
[ 2011/04/22 12:02 ] ★アンプ | TB(0) | CM(0)
[Edit]

SHARP SM-SX10

シャープ SM-SX10 プリメインアンプ メーカー希望小売価格¥252000(税込み)ヤフオク中古価格14万円程度 発売2005年

同社フラグシップ1ビットデジタルプリメインアンプ、SM-SX300の技術を投入した、ミドルレンジ価格の製品。

具体的には、11.2MHz高速スイッチング周波数、サンプリング周波数122.5MHzという高速動作を実現。先代機種が2.8MHzスイッチングからの進歩。また、新たに負帰還技術も導入し、クオリティの向上を図ったとのことです。

さて、現在、同社はデジタルアンプはもとより、ピュアオーディオから撤退。しかし、定年退職したエンジニアの方がエヌモードという新ブランドを設立、さらなる新技術を投入した1ビットデジタルアンプを発売していることはオーディオ界ではすでに知られています。

そちらのほうはさらにスイッチング周波数が上がるなどしていますが、リモコンがない、デジタル入力がない、デザインがあっさりしているなど、小規模ハイエンドメーカー的な色彩が強いのも確かです。

本機は、入力が豊富で、リモコンはもとより、トンコン、バランスもアナログ入力限定ながら効くなど、使い勝手やデザイン面ではさすが大メーカーの仕事であることを意識させます。i.LINK端子までも装備されています。

そういうことで、シャープ系1ビットアンプに興味があって、このくらいの予算で、しかも使い勝手もほしいという人には向いていると思います。

なお、オーディオ専門店の吉田苑がバージョンアップさせた版も中古市場に流通しています。それらは型番に「SE」とついており、たしかⅢまであります。クロック精度を高めるなどしているようです。性能も高いようですが、中古価格もいくらか上がるようです。



SM-SX10おもな特徴・仕様
フラグシップの技術を継承した1ビットアンプ
サンプリング周波数122.5MHz、スイッチング周波数11.2MHz
ΔΣダイナミックフィードバック回路
定格出力:100W+100W(4Ω負荷、1kHz時)、50W+50W(8Ω負荷、1kHZ時)
入力:i.LINK入力×1、RCA同軸デジタル入力×1、角型光デジタル入力×1、RCAアナログ入力×3
出力:角型光デジタル出力×1、RCAアナログ出力×1
定格消費電力:110W
外形寸法:430W×90H×454D mm
質量:約9.0kg
リモコン付属
[ 2011/03/22 08:54 ] ★アンプ | TB(0) | CM(0)
[Edit]

SHARP SM-SX1

シャープ SM-SX1 プリメインアンプ メーカー希望小売価格¥350,000(税別) ヤフオク中古価格8万円程度 発売1999年

フラグシップモデルSM-SX100(100万円!)の技術をもとに、より身近な価格で登場させた普及を意識した機種…のはずでしたが、普及しませんでした。

小型軽量の機種はまだ早すぎた感もありました。スイッチング電源やデジタルアンプも。

しかし、現在のオーディオマニアはシャープ系デジタルアンプに注目しており、現在はエヌモードやソウルノートにその流れがあるように思われます。

かつて聴かなかった、買わなかった人も、試してみようか、というくらいの中古価格になってきたので、いかがなものでしょうか?

デジタル入力中心なので、プレーヤーに凝る必要がないのもメリット。いまならPCからつなぎましょう。

専用1BIT端子を搭載、対応プレーヤーと接続することでスピーカーの直前までSACDを1ビットのままピュアに伝送・増幅が可能というのも売り文句でしたが、その場合、その専用プレーヤーも導入せねばならないので、あまり役に立ちません。

トンコンやヘッドホンがあればもっとよかった。それなら私も一台買いたかったです。SX-10ならトンコンもありますが、中古価格が高め。



SM-SX1おもな特徴・仕様
2.8MHzの高速サンプリング/7次⊿Σ変調方式
7次デルタシグマ変調LSI1ビットアンプ
高効率、小型化を実現
スイッチング電源
定格出力 50W+50W(8Ω負荷、1kHz時)
周波数特性 5Hz~100kHz(+1dB、-3dB)
入力端子:
 RCA同軸デジタル入力端子×1
 角型光デジタル入力端子×1
 RCAアナログ入力端子×3
 1ビットデジタル入力専用端子×1
出力端子 :角型光デジタル出力:1系統
RCAアナログ出力:1系統
定格消費電力 75W
最大外形寸法 幅300×高さ66×奥行411mm
重量 約6.8kg
[ 2011/03/21 15:49 ] ★アンプ | TB(0) | CM(0)
[Edit]

CEC AMP5300R

CEC AMP5300R プリメインアンプ メーカー希望小売価格\118,000(税別) 発売2008年9月

先代AMP5300のモデルチェンジ版。例によって、CEC独自のLEF(Load Effect Free)回路を搭載した純A級シングルエンデッドアンプに、ゲイン自体をコントロールして音量を調節する音量コントロール方式 IGM(Intelligent Gain Management)ボリューム。つまり、音量調整つきパワーアンプという体裁は変わらず。

先代との違いは、まずパワーがアップ。8Ωで20ワット増加。また、いわゆる左右独立モノラルコンストラクションに変更。トランスひとつを挟んでの左右独立回路。ヒートシンクも左右に配置。これで内部の雰囲気が大手メーカー製のようになりました。もちろん音にも好影響のはず。DIGM回路とLEF回路も最新バージョンにグレードアップとのこと。

端子類も左右対称になり、これは大手をしのぐマニアックぶり。端子のグレードもアップ。

これまで同様バランス入力にも対応。

リモコンも装備。トンコン、ヘッドホン端子はありません。テープ出力はサブウーハーにもつなげるということですが、音量調整が効くということですかね?



ヤフーオークション CECのアンプ

AMP5300Rおもな特徴・仕様
純A級シングルエンデッド・完全無帰還の回路構成
入力段から出力段まで完全左右対称の全段フルバランス設計
プリアンプ部を持たず、入力セレクターとゲインマネージメント回路DIGM(Digital Intelligent Gain Management)のみを備えた独特の設計
定格出力:120W×2(8Ω)
周波数特性:20Hz~20kHz
SN比:99dB
入力端子:XLR×2、RCA×3
出力端子:スピーカー出力×1、REC OUT×1
外形寸法:約435W×123H×375Dmm
質量:約14.3kg
リモコン付属
[ 2011/03/21 11:18 ] ★アンプ | TB(0) | CM(0)
[Edit]

SOULNOTE sa 1.0

ソウルノート sa 1.0 プリメインアンプ メーカー希望小売価格\100,000(税別) 発売2008年ごろ

同社プリメインのローエンド。販売終了の模様。

数値上のパワーよりも実使用時の品位を優先した設計で、見た目上のパワーは低め。無帰還アンプであることも特徴です。

しかし、すでに多くのオーディオファイルからの支持を得ていることから、その実力はすでに定評の域に。エンジニアはもともと有名な方ですが。

一見シンプルな外観ながらその実、ヘッドホンアンプとしてもプリアンプとしても使え、さらにこの価格でバランス入力も装備という多機能ぶり。入力ゲインも2段階調節可。

シルバーとブラックの2色あり。



ヤフーオークション ソウルノートのオーディオ機器

sa 1.0おもな特徴・仕様
Non-NFBアナログアンプ
ヘッドホンアンプやプリアンプとしても使用可能
定格出力:10W/ch(8Ω) 
全高調波歪率:0.2%(10Hz~100kHz、3.3W、8Ω) 
入力感度:0.775V 
インピーダンス:5kΩ(Gain H、Line)、10kΩ(Gain H、XLR)、4.0V/25kΩ(Gain L、Line)、50kΩ(Gain L、XLR) SN比:110dB 
消費電力:27W
外形寸法:420W×98H×243Dmm 
質量:6.0kg
[ 2011/03/21 08:38 ] ★アンプ | TB(0) | CM(0)
[Edit]

Topping TP60

Topping TP60 プリメインアンプ 直販価格14,280円(税込)

拓品电子(中国)の小型デジタルアンプシリーズのハイエンド(笑)。

デジタルアンプチップには、Tripath TA2022を使用。

トロイダルトランスを2基搭載した強力電源で、パワーもシリーズ中では桁違いの80ワット×2(@4Ω)。

入力もアナログ2系統に増え、使い勝手もアップ。

他の付属機能はないので、プリメイン専門。

メーカースペックになぜか(本体重量にACアダプター含まず)の文字がありますが、ACコードは3Pインレット式です。

直販店で品切れでもヤフオクでも新品を買うことができます。ブラックモデルのみのようです。リレーが入ってるので、電源投入時のポップノイズも心配ないようです。

マニアならこれに価格のつりあわないほどのプリアンプを奢る?

Topping デジタルアンプ [TP60]




ヤフーオークション Toppingのオーディオ機器

ICにTripath TA2022を使用したデジタルアンプ
電源部には高品質トロイダルトランスを2基搭載
オーディオグレードのパーツをふんだんに採用
2系統のオーディオ入力搭載、インプットセレクターで切替可能
出力 80W x 2 @4Ω、50W x @8Ω
インピーダンス 4-8Ω
全高調波歪率 0.015% @ 70W, 4Ω
出力 スピーカーアウト x2(バナナプラグ対応 金メッキ処理)、
入力 RCAステレオインプット x2(金メッキ処理)
寸法 高さ66mm x 幅178mm x 奥行き330mm(突起部含む)
重量 約4.9kg
付属品 本体、ACケーブル
[ 2011/02/19 14:32 ] ★アンプ | TB(0) | CM(0)
[Edit]

Topping TP41

Topping TP41 直販価格12,800 円(税込) 発売2010年

中国拓品电子ブランドの製品。一連のトライパス製デジタルアンプチップを採用したミニアンプの最上位機(2010年現在)。チップはTripath TA2021。

電源部の大幅な強化。また、2系統入力にセレクター機能と、便利さもアップ。ヘッドホン端子もあり。

ACアダプター電源の従来機からいっきにトロイダルトランスに電源をグレードアップ。それにともない電源コードも3Pインレットに対応。この部分を交換して音の変化も楽しめるでしょう。

大きさ、重さも増加しているので、ここは小型・軽量がいいんだ!という人は従来機でしょうか?

Topping デジタルアンプ [TP41]




ヤフーオークション Toppingのオーディオ機器

TP41おもな特徴・仕様
小型プリメインアンプ
Tripath TA2021をデジタルアンプICに採用
電源部に高品質トロイダルトランス搭載
2系統のオーディオ入力搭載、インプットセレクターで切替可能
アルミニウムケース
出力 25W x 2 @4Ω、13W x2 @8Ω
対応スピーカーインピーダンス 4-8Ω
対応ヘッドホン: 16-32Ω
出力:スピーカーアウト1系統(バナナプラグ対応 金メッキ処理)、ヘッドホン
入力:RCAx2系統(金メッキ処理)
寸法 高さ65mm x 幅154mm x 奥行き277mm(突起部含む)
重量 約2.5kg(ACアダプター含まず)
付属品 TP41本体、ACケーブル
[ 2011/01/05 12:44 ] ★アンプ | TB(0) | CM(0)
[Edit]

Topping TP20 MARK2

Topping TP20 MARK2 直販価格5980円 

拓品电子(中国)の小型デジタルアンプ。Tripath TA2020をデジタルアンプICに採用したアンプ。

同社のなかでは中級機?に位置すると思いますが、それぞれの価格差は千円単位ですので、どれを選んでもよろしいかと思います。

アナログ入力1系統のみという超シンプルな構造も安さに一役買っているのでしょう。

PC脇に置ける超小型アンプの代表機のひとつ。

ヤフオクではまず数千円レベルで買えるでしょう。直販は白箱ドットコムです。

上位TP30だとUSBにも対応し、ヘッドホン端子もついて、直販2000円の差しかないことも付記しておきます。

Topping デジタルアンプ [TP20-Mark2]




ヤフーオークション Toppingのオーディオ機器

TP20 MARK2おもな特徴・仕様
Tripath TA2020をデジタルアンプICに採用したPWM増幅アンプ
出力 23W x 2 @4Ω、13W x @8Ω
対応スピーカーインピーダンス 4-8Ω
出力:スピーカー1系統(バナナプラグ対応 金メッキ処理)、
入力:RCA入力1系統(金メッキ処理)
寸法 高さ44mm x 幅94mm x 奥行き161mm(突起部含む)
重量 454g(ACアダプター含まず)
付属品 本体、ACアダプター(12V2A)、ACケーブル
[ 2011/01/05 12:39 ] ★アンプ | TB(0) | CM(0)
[Edit]





上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。