スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)
[Edit]

marantz SA-15S1

マランツ SA-15S1 SACDプレーヤー マランツの中級プレーヤー。2005年発売、定価157500円(税込み)。

デノンと人気を争う中級ゾーンのプレーヤーの機種の旧機種。当時のデノンとのおおきな設計コンセプトの違いは、ヘッドホン出力の有無と、その重視。メーカーによると、ヘッドホン回路には力を入れているという旨のことが書いてあります。

DACチップは、シーラスロジック社製CS4397。アナログ音声出力はアンバランスのみ。

後継SA-15S2との大きな違いは、後継にはあらたにデジタル入力が加えられたことです。それだけではなく、外見は似ていてもかなり内部は違うとのことです。クラシックでは、それぞれの楽器の音色と演奏者の位置がよりわかるようになった、という評論は少なくない違いを感じさせます。

今だとこの価格ではもうこの内容はできなくはなっているようですが…。

ヤフーオークション Marantz マランツのCDプレーヤー



スポンサーサイト
[ 2013/12/12 20:17 ] ★CDデッキ Marantz CD | TB(0) | CM(0)
[Edit]

marantz SA-11S2

マランツ SA-11S2 SACDプレーヤー メーカー希望小売価格¥450,000(税別) 発売2007年

ステレオ専用SACD/CDプレーヤー。2007年に発売され、ながらく中級一体型の名機として君臨していましたが、2012年8月に後継機SA-11S3が発表され、惜しまれつつ販売完了。

フラグシップSA-7S1の技術やパーツ類を注ぎこみ、先代のSA-11S1とは大きく異なる内容とされていました。

ドライブメカはオリジナルのSACDM-1。DACにはNPC・SM5866ASを採用。DSPもSA-7S1の PEC777f2をそのまま搭載。アナログ回路は、全てフルバランス・ダブルディファレンシャル構成で、高速増幅モジュールHDAMも多用。

SA-7S1との違いは、アナログ回路とデジタル回路を電気的に絶縁するための絶縁素子「デジタルアイソレータ」が省かれていること。そして、電源部のトランスが120VAから80VAに小容量化していることくらいなので、CPの高さが魅力とされていました。

SA-11S3はメカ、DACも変わり、USBにも対応したDAC機能、ヘッドホンアンプもついたのが大きな違い。ステレオへダウンミックスはされるものの、SACDマルチチャンネルソースの再生も行えるようになったというのも。

新機能がいらないなら、本機の中古もいいかもしれません。

ヤフーオークション マランツのSACDプレーヤー


[ 2012/08/08 12:17 ] ★CDデッキ Marantz CD | TB(0) | CM(0)
[Edit]

marantz CD5004

マランツ CD5004 CDプレーヤー メーカー希望小売価格¥35,000(税込) 発売2010年7月

ピュアオーディオ用単体CDプレーヤーとしてはローエンドクラスながら、上位機の技術を投入し、高級感のあるデザインにも仕上げた戦略機。

余計な機能を省き、CD再生に特化したメリットが感じられるハイスペックです。

それでいてヘッドホン端子はあるので、シンプルすぎず、いい感じです。MP3ディスクにも対応。デノンのローエンドでも高い、という人に。デノンだと音が重すぎる、という人にも。

なんとTEACのVRDS-25から買い換えたい、と言う相談をしている人がカカクコムにいますがさすがにそれは…。あれを買うような人はそんなこと言わないはずなんですが…。しかもかなりきちんと答えが書かれています。もちろんみなさん基本グレードは違う、という論調。軽いのが欲しいそうだからだそうですが、たしかに高級機は重い…。



ヤフーオークション マランツのCD/SACDプレーヤー

CD5004おもな特徴・仕様
アナログオーディオ出力回路に独自の高速電圧増幅モジュール「HDAM SA2」をバッファアンプとして搭載
M-1デザインを採用
オーディオ専用のドライブメカモジュール
「Audio EXモード」
CD-R/RWに記録されたMP3/WMAファイルの再生も可能。
ダイナミックレンジ:100dB
SN比:110dB
高調波歪率 :0.002% (1kHz)
出力端子;アナログ(アンバランス)2.25V RMS ステレオ、ヘッドホン 18mW/32Ω (可変最大)、同軸デジタル 0.5Vp-p、光デジタル -19dBm
消費電力:14W
最大外形寸法:440W×104.5H×339.5Dmm
質量:5.1kg
リモコン付属
[ 2011/07/18 11:38 ] ★CDデッキ Marantz CD | TB(0) | CM(0)
[Edit]

marantz SA-13S2

マランツ  SA-13S2 SACDプレーヤー メーカー希望小売価格¥250,000(税別) 発売2009年5月

13S1の後継機、というより、SA-15S2をベースにした上位機。

13S1との最大の違いは、外部デジタル入力を持つこと。これによりDACとしても動作可能。96kHzまで対応。

ヘッドホンアンプの高品位も謳っています。

メカエンジンやDACも15S2と同じですが、そこはオーディオなので、部品の物量やチューニングのせいもありやはり価格相応には違うようです。

少し前の機種のためかPCには対応していません。おそらくこれから後継が出るとすれば対応するでしょう。

なお、デジタル入力は光のみ。同軸も欲しかった。そこも次は改善して欲しい。それに192kHzへの対応も必要かもしれない。



ヤフーオークション マランツのCD/SACDプレーヤー

SA-13S2おもな特徴・仕様
新開発のオリジナルメカエンジン「SACDM-10」を搭載
メカモジュールのベースに、ケブラーの約2倍の強度を持つという「ザイロンFRP」を使用
5mm厚アルミトップカバー
高剛性アルミ削り出しインシュレーター
銅メッキシャーシ、ダブルレイヤードシャーシ
銅メッキシールドケース封入トロイダルトランス
オリジナルの高速電圧増幅モジュール「HDAM」「HDAM-SA2」を採用
DACはシーラスロジック製の「CS4398」
CD-R/RWの再生にも対応、ディスクに記録したMP3/WMAの再生も可能
光デジタル音声入力装備、単体のDACとしても使用可能。24bit/96kHzまで対応
SACD/CD/DACモードのそれぞれに、2種類のフィルタモードを用意
マランツ特注のカスタム電解コンデンサー
アナログ出力回路とヘッドホン出力の間にバッファアンプを搭載
定評のヘッドホン出力回路と、その電源回路も見直し、従来モデルよりも高音質化
真鍮削り出しのピンジャック
S/N比 SACD、CD共に110dB
高調波歪率 SACD 0.001%、CD 0.0015%
RCAアナログステレオ出力、同軸デジタル、光デジタル出力各1系統
光デジタル入力1系統
消費電力:20W
外形寸法:440W×127H×419Dmm
質量:14.5kg
リモコン付属
[ 2011/06/15 16:51 ] ★CDデッキ Marantz CD | TB(0) | CM(0)
[Edit]

marantz CD-7

マランツ CD-7 CDプレーヤー メーカー希望小売価格¥450000(税別) 1998年発売

当時のフラグシップモデル。この次の代のフラグシップ(SA-1)からはSACD対応になるので、CD単機能の高級機としては最後のモデル。

いまやおなじみの独自の高速電圧増幅モジュール・HDAMを全アナログステージに採用しているだとか、新たに開発された3モード切り替え型デジタルフィルターを搭載しているだとか、いろいろマニア心をくすぐる文句が踊っていますが、中古機器で実用的に見た場合、この機種はマランツにしては珍しく、デジタル入力を持っているのです。

このことが中古機器としての価値を高めていると個人的には思います。

ただ、とくにハイビット対応とは謳っていませんし、サンプリングは48kHzまでと明記しています。なお、背面を見るとビットセレクターなるのものがあって、そこで16ビットと20ビットの切り替えになっています。これは内部でのアップコンバート用なのでしょうか?

それでも、同社の高級CDに憧れているだけでなく、そのDACも外部入力で活かしたい人には十分魅力的でしょう。

SA-1にはデジタル入力がない、ということもありますし。

近年のマランツはまたデジタル入力を積極的に装備するようになってきましたが、高級機ではそうでないことも付記しておきます。

MARANTZ  CD-7 CD中古
MARANTZ  CD-7 CD中古
価格:189,000円(税込)
ショップ: AV Pro shop ヤマデン


ヤフーオークション マランツのCD/SACDプレーヤー

D/A変換部には16ビットTDA1541AS2(ダブルクラウン)をデュアル・ディファレンシャルで構成
3モード切り替え型デジタルフィルターを搭載
HDAMを全アナログステージに採用
32k、44.1k、48kHz対応D/Aコンバーターとしても利用が可能
アナログ出力 アンバランス:1系統、2.2V
バランス:1系統、4.4V
デジタル出力 同軸:1系統、0.5Vp-p/75Ω(ピンジャック)
光:2系統、-19dBm(角型光コネクター)
デジタル入力 同軸:1系統、0.5Vp-p/75Ω(ピンジャック)
光:1系統、-19dBm(角型光コネクター)
消費電力(電気用品取締法) 22W
最大外形寸法 幅454×高さ118×奥行333mm
重量 16.0kg
リモコン付属
[ 2011/04/08 12:24 ] ★CDデッキ Marantz CD | TB(0) | CM(0)
[Edit]

marantz SA8004

マランツ SA8004 SACDプレーヤー メーカー希望小売価格(税別)\95,238 発売2010年8月。

なんといっても、USB-DAC機能があらたに装備されたことが最大のトピック。しかも、ちゃんとハイビット・ハイサンプリングにも対応しています。24/96まで。

さらに、iPod/iPhoneデジタル入力にも対応。こちらは16/48まで。

加えて、24/192まで対応するデジタル入力も装備。

ヘッドホン出力もあるので、かなり高度なUSB-DAC/ヘッドホンアンプと言えます。さらに、USB-DDC機能も装備。入力信号のビット数・サンプリング周波数のままリニアPCMで出力。

もはやプレーヤー部がおまけのようです。

単体のUSB-DAC/HPアンプも実際同社は出しているので、これはSACDも聴きたい人向けのプレーヤーでしょう。

逆に、PC連携するつもりのない人には余分な機能がいっぱいついていることになりますが、これからPCオーディオは避けられないと思いますよ。



ヤフーオークション マランツのSACDプレーヤー

SA8004おもな特徴・仕様
新たにUSB DAC機能を搭載
光デジタル、同軸デジタル入力も備えており、単体DACとしても利用可能
USBストレージクラス対応のUSBメモリやプレーヤーにも対応し、MP3やWMA、AAC、WAVファイルが再生可能(USBメモリ接続の場合はWAV以外のロスレスフォーマットに対応していないことに注意)

入力端子 サンプリング周波数 分解能
USB 32/44.1/48/96kHz 16/24bit
同軸・光32/44.1/48/64/88.2/96/176.4/192kHz 同じ

iPod/iPhoneデジタル接続対応USB入力端子、こちらは16/48までの対応
音楽CDおよび全てのデジタル入力信号の出力に対応する同軸/光デジタル出力を装備。フロントUSB入力からの信号は44.1kHzに変換して出力。その他のデジタル入力信号はソースのサンプリング周波数のまま出力
DACには、シーラスロジックの「CS4398」を採用
トレー部にザイロンFRPを採用したオリジナルのメカモジュールを搭載
アナログ出力回路は独自の高速電圧増幅モジュールHDAM、HDAM SA2を搭載
入出力端子:USB入力2(TypeA×1、TypeB×1)、同軸デジタル入力1、光デジタル入力1、同軸デジタル出力1、光デジタル出力1
消費電力:25W
外形寸法:440W×109H×344Dmm
質量:7.8kg
[ 2010/12/22 12:39 ] ★CDデッキ Marantz CD | TB(0) | CM(0)
[Edit]

marantz SA-13S1

マランツ SA-13S1 SACDプレーヤー メーカー希望小売価格(税別)\250,000 ヤフオク中古価格9万円程度 発売日2007年3月。生産完了。

先に発売されていた下位機SA-15S1の回路に、上位モデルSA-7S1の開発過程で製作されたハイグレードパーツや上位モデルを凌ぐメカエンジンを投入し徹底的にサウンドチューニングしたという中級機。なんと、上級機SA-11S1を上回るメカと電源を採用しているということです。

このあとモデルチェンジし、13S2に。本機との最大の違いは、デジタル入力の有無。本機にはなし。比較的のモデルチェンジの遅い現代のピュアオーディオ界にあってもう生産完了に。

つまり、DACとしても使いたいなら本機はだめ。しかし、その気がないなら本機の中古はありでしょう。なお、メカニズムやDACチップは違います。

お得意のヘッドホン回路も15S1よりさらに強化しているとのことです。アナログ出力はRCAのみ。



ヤフーオークション マランツのSACDプレーヤー

ビジュアルグランプリ2007 SUMMER ≪銅賞≫受賞モデル

SA-13S1おもな特徴・仕様
SACDステレオ対応
DACはシーラスロジックCS4397を採用
高精度システムクロック
HDAM 搭載、電流帰還型オーディオ出力回路
トロイダルコアのトランス電源
OPアンプを使用しないオールディスクリート回路の高音質ヘッドホン出力
高剛性メカモジュール、シャーシ設計
ディスプレイには蛍光表示管に比べノイズ発生が少ない液晶ディスプレイを採用
周波数特性:2Hz~50kHz(SACD/-3dB)
ダイナミックレンジ:111dB(SACD)
高調波歪率:0.001%(1kHz)
出力端子:アナログ2ch(RCA)1、同軸デジタル1、光デジタル1
消費電力:22W
最大外形寸法:440W×127H×419Dmm
質量:14.8kg
リモコン付属
[ 2010/11/28 16:18 ] ★CDデッキ Marantz CD | TB(0) | CM(0)
[Edit]

marantz SA-15S2

マランツ SA-15S2 SACDプレーヤー メーカー希望小売価格(税別)\150,000 発売2008年10月。

15S1の後継機。外観はそっくり。ところが、SA-15S2は主要なデバイスと回路がそっくり新しくなっているので、マイナーチェンジではなく、別物です。あらたにデジタル入力端子もつき、さらに便利に。

従来から高評価のヘッドホンアンプもさらに高品位化とのこと。ハイビット/ハイサンプリングに対応しているので、DAC/ヘッドホンアンプとしても使えます。おしいのはUSB端子のないところ。次のモデルチェンジではつけてくるかも。

SACDはステレオのみ対応。上も下もあるので、予算との戦いでしょうか。



ヤフーオークション マランツのSACDプレーヤー

SA-15S2おもな特徴。仕様
新開発のオリジナルメカエンジン「SACDM-10」を搭載
メカモジュールのベースに、ケブラーの約2倍の強度を持つという「ザイロンFRP」を使用
オリジナルの高速電圧増幅モジュール「HDAM」「HDAM-SA2」を採用
DACはシーラスロジック製の「CS4398」
CD-R/RWの再生にも対応、ディスクに記録したMP3/WMAの再生も可能
光デジタル音声入力装備、単体のDACとしても使用可能。24bit/96kHzまで対応
SACD/CD/DACモードのそれぞれに、2種類のフィルタモードを用意
マランツ特注のカスタム電解コンデンサー
トロイダル型電源トランス
アナログ出力回路とヘッドホン出力の間にバッファアンプを搭載
定評のヘッドホン出力回路と、その電源回路も見直し、従来モデルよりも高音質化
真鍮削り出しのピンジャック
S/N比 SACD、CD共に110dB
高調波歪率 SACD 0.001%、CD 0.0015%
RCAアナログステレオ出力、同軸デジタル、光デジタル出力各1系統
光デジタル入力1系統
消費電力 20W
サイズ 440x123x419 mm
重さ 13.5 kg



[ 2010/10/14 12:55 ] ★CDデッキ Marantz CD | TB(0) | CM(0)
[Edit]

Marantz SA8260

マランツ SA8260 CD/SACDマルチプレーヤー 希望小売価格104,790円(税抜価格99,800円)2003年8月 発売。ヤフオク中古価格3万円前後。

SACDマルチに対応したプレーヤーであることが最大の特徴。くわえて、当時、CD再生の音質も良いと評判になった機種。ということは当時としてはハイCPということでしょう。ヘッドホン端子もあり。

現在同様シーラスロジック製のDACや、電流帰還型のHDAM(高速電圧増幅モジュール)回路も搭載。

映像回路のあるSACDマルチプレーヤーはいやだ、という人に。いまは映像回路なしのSACDマルチプレーヤーはなかなかないですから。



ヤフーオークション マランツのSACDプレーヤー

SA8260おもな特徴・仕様
スーパー オーディオCDマルチ・チャンネル・プレーヤー
電流帰還HDAMを搭載した全6チャンネル同一構成マルチ・チャンネル・オーディオ回路
シーラスロジック社製Super Audio CD-DAC「CS4397」を3個搭載
EIトランスを電源部に搭載
Super Audio CD/CD オーディオ専用メカモジュール
高音質ヘッドホン出力
ダブル・レイヤード・シャーシ
LPF切替スイッチ
Display-Off機能搭載
Super Audio CD/CD TEXT表示機能搭載
タイマー再生対応機能
音声出力 2.2Vrms
デジタル出力(CDのみ) 同軸:0.5Vp-p/75Ω 光:-19dBm
ヘッドホン出力 50mW/32Ω(可変最大)
消費電力 28W
最大外形寸法 幅440×高さ124×奥行307mm
重量 7.7kg
[ 2010/09/30 16:39 ] ★CDデッキ Marantz CD | TB(0) | CM(0)
[Edit]

Marantz SA-14

マランツ SA-14 SACDプレーヤー 希望小売価格250000円(税別) 2000年11月 発売。

SACDステレオ対応(マルチ非対応)のSACDプレーヤー。近年のマランツプレーヤーにおける特徴の、ヘッドホンアンプはなし。電源がプレーヤーながらトロイダル。強力です。

ver.2というモデルチェンジ版もあるので、購入するときは要注意。クロック改造の中古品も多いようなので、そこも注意点でしょう。

SACDのデジタル出力がないのは時代です、逆にアナログのみでいい人にはお買い得でしょう。



ヤフーオークション マランツのSACDプレーヤー

SA-14おもな特徴・仕様
シングル・レイヤー/デュアル・レイヤー/ハイブリットSuper Audio CDディスクに対応
CD-R/CD-RWディスクの再生
高性能Super Audio CD DACをディファレンシャルで搭載
マランツオリジナル高速モジュール・HDAMによる電流帰還方式を採用した出力アンプ
スーパーリング・トロイダルトランスを採用した強力電源部
ダイキャスト・メカニズムと総アルミキャビネットによる高信頼性設計
デジタル出力をRCA、トスリンク光各1系統装備(CD出力のみ)
消費電力(電気用品取締法) 21W
最大外形寸法(W×H×D) 458×110×395mm
質量 11.8kg
[ 2010/09/10 12:59 ] ★CDデッキ Marantz CD | TB(0) | CM(0)
[Edit]

marantz SA-1

マランツ SA-1 メーカー希望小売価格¥550,000(税別) 発売2000年12月

同社によるSACDプレーヤー記念すべき第一号機。

というわけで、もちろんSACDはステレオのみ対応。デジタル出力も不可。

それ以外はこの価格ということもあり、当時の同社技術をふんだんに投入した高級機です。最大の特徴はあのDAC7を使っていることと言っていいでしょう。HDAMも採用。

しかしコストのかかる第一号機だったためか、まだ SACDの音作りが確立されていなかったためか、評価としてはやや分解能に不満があるという声が聞かれます。より最新の中級機には負けているといった論調です。

ヘッドホン出力もありませんし、期待されたDAC入力もなし。これがあればやはり良かった。

それでもやっぱりDAC7の高級機が欲しい!という人には貴重な選択肢のひとつであることは間違いありません。



ヤフーオークション マランツのSACDプレーヤー

SA-1おもな特徴・仕様
マランツのSuper Audio CDプレイヤー1号機
1bitデュアルD/AコンバーターDAC7(TDA1547)をチャンネルあたり2個ずつ(D/Aコンバーターとしては4個)使用
デュアルHDAMを採用
銅メッキ・シールドカバー付きの大容量スーパーリングコア・トロイダルトランスを採用
ダイキャストメカニズムに重量級のベースプレート
周波数特性:2Hz~50kHz-3dB(SACD)、 2Hz~20kHz(CD) 
ダイナミックレンジ:110dB(SACD)、98dB(CD) 
高調波歪率:0.0018%(SACD)、 0.002%(CD) 
出力端子:RCA1、バランス1、同軸デジタル1(CDのみ)、光デジタル1(CDのみ)系統 
外形寸法:458W×110H×395Dmm
重量 17.7kg
リモコン付属
[ 2010/09/09 20:07 ] ★CDデッキ Marantz CD | TB(0) | CM(0)
[Edit]

marantz SA7003 SACDプレーヤー 中古

マランツ SA7003 SACDプレーヤー。メーカー希望小売価格(税別):\60,000。 発売日:2008年9月。

SACDプレーヤーとしては安価なマランツのベーシッククラスの機種。現行品。上位8003との違いはおもにUSB入力の違いだそうで、それが全く要らない人はこちらがお得だという話もあるようです。SACDはステレオのみの対応。

例によって、ヘッドホン回路に注力した、というのもセールスポイントになっています。

トレー部には、ケブラーに比べ約2倍の強度を持ち、防弾チョッキなどにも使用されているザイロンFRPを採用。これにより防振・制振・遮音効果を高めているのだそうです。



メーカー製品情報ページ

ヤフーオークション マランツのCD・SACDプレーヤー

オーディオ銘機賞2009 ≪デジタルプレーヤー部門賞≫受賞

SA7003おもな特徴・仕様
SA8003と同じマランツオリジナルドライブとHDAM(R)SA2テクノロジーを採用したオーディオ回路
MP3/WMAファイルや、MP3/WMAを記録したCD-R/RW再生に対応
シーラスロジック社製DAC CS4398を搭載
高速電流バッファーアンプ搭載のハイクオリティーなヘッドホン出力

SN比(A-Weighted)スーパーオーディオCD 110dB オーディオCD 110dB
最大外形寸法(幅×高さ×奥行き)440.0mm×107.0mm×339.5mm
質量(本体)5.9kg
[ 2010/06/22 20:44 ] ★CDデッキ Marantz CD | TB(0) | CM(0)
[Edit]





上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。