スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)
[Edit]

KENWOOD R-SE7

ケンウッド AVINO  R-SE7 プリメインアンプ メーカー希望小売価格¥24,000(税別) 発売1997年 ヤフオク中古相場3000円程度

1996年に第1弾が発売されたケンウッドの小型高品位な単品売り対応のミニコンポシリーズ、AVINOの第2世代のプリメインアンプ。

第1弾がヒットし、波に乗った第2世代は価格がわずかに下がったうえに、純A級動作時の出力もアップ(5wから7.5wへ)するなど内容強化。寸法は少し変わり、重量は300g減少。

これもマニアのサブ機やデスクトップ用として根強い人気がある機種です。

第1弾、R-SA7よりもさらに売れたのか、ヤフオクでは多く見かけるように思います。

リモコンがないとすべての操作はできないので、リモコンは必須というのがシリーズ通しての基本でしょう。

ハードオフなどでもよく見ますがヤフオクより結構高いのでヤフオクでしょうか?

ヤフーオークション ケンウッドのAvinoシリーズのミニアンプ


スポンサーサイト
[ 2012/08/23 17:56 ] ★アンプ kenwood | TB(0) | CM(0)
[Edit]

KENWOOD R-SA7

ケンウッド AVINO  R-SA7 プリメインアンプ メーカー希望小売価格¥25,000(税別) 発売1996年 ヤフオク中古相場2000円程度

1996年に第1弾が発売されたケンウッドの小型高品位な単品売り対応のミニコンポシリーズ、AVINOのプリメインアンプ部。

この小型低価格で、量販店で売られるミニコンながら、純A級動作をするということで、一部のオーディオ愛好家の間では話題になったモデル。

オーディオ評論家にもサブ機や一般向けの高品位機として評価し、薦めていた記憶があります。

当時はなかったPCオーディオ用に今ならうってつけの機種のひとつ。

結構売れたようで、中古も豊富。相場も安定。リモコンがないとすべての操作はできないので、リモコンありにしたい。下手するとリモコン単体のほうが高いですから。

このあとR-SE7、R-SG7とモデルチェンジし、出力アップなどの違いがありますが基本は同様のようです。

ヤフーオークション ケンウッドのAvinoシリーズのミニアンプ


[ 2012/08/22 17:05 ] ★アンプ kenwood | TB(0) | CM(0)
[Edit]

KENWOOD L-A1

ケンウッド L-A1 プリメインアンプ メーカー希望小売価格¥280,000(税別) ヤフオク中古価格8万円程度 発売1992年

同社最後の高級アンプであるとともに,最後のLシリーズとなってしまった機種。 CDプレーヤーのL-D1も同時発売で、いっしょに組んで使うことを想定したものです。

お得意のSuper C4回路を搭載するなど、当時の同社アンプ技術のすべてが投入されているといっていいでしょう。

シンプルな外観と操作性ながら、意外にもリモコンが付属しているのは便利。フォノもMM/MC対応。バランス入力もあります。ACコードが交換できないのが、やや時代を感じさせます。

本機は、実験的シリーズというわりにはあまり実験や冒険を感じさせない雰囲気でした。むしろ普通に高級機なイメージ。

同社はこの後もいろいろと新しい技術を開発するので、ぜひ、それらを反映させた新しいLシリーズをまた出して欲しいものです。

ヤフーオークション ケンウッドのアンプ

初段増幅部にSuper C4回路を搭載
クアドライブ・マルチプル・ファイナルステージを採用
450VAの容量を持つ大型タイプのトロイダルトランス
高音質タイプのアルミ電解コンデンサーを採用
フロントパネルは5mm厚のアルミ押出し材
定格出力(20Hz~20kHz、両ch動作、THD 0.005%) 100W+100W(8Ω)
定格消費電力(電気用品取締法) 280W
最大外形寸法 幅476×高さ163×奥行469mm
重量 27.6kg
リモコン付属

[ 2011/04/18 12:56 ] ★アンプ kenwood | TB(0) | CM(0)
[Edit]

KENWOOD KA-1001G

ケンウッド KA-1001G プリメインアンプ メーカー希望小売価格¥60000(税別) ヤフオク中古価格8千円程度 発売1994年6月

ミニコンサイズでありながら単品仕様のK'sシリーズ初代シリーズ用プリメインアンプ。

この成功により、ミニコンサイズの単品、というジャンルが確立。今日でもオンキヨーなどが続けています。

本機はこのサイズや価格からして、本格的な構造や設計、また音の良さで話題になりました。

トロイダルトランスを搭載し、ファイナルにL.A.P.T.のディスクリートアンプ、フロントパネルは5mm厚の高級感あるアルミ材を使用、ボリュームもアルミ無垢、それでいてミニコン的な操作感の良さ、かさばらなさもあり、人気になったようです。

ナチュラルベースサーキットという低音増強回路もついています。

中古市場でも多く見つかることからやはり人気があったのでしょう。しかし、時間が経っているためか、「ジャンク品」の出品も多いです。おそらくみな似たようなどこかが壊れているのでしょう。直せる人には格安で手に入る機種です、その場合千円くらいですから。



ヤフーオークション ケンウッドのアンプ

KA-1001Gおもな特徴・仕様
K'sシリーズのプリメインアンプ
ディスクリート構成
ファイナル段にはL.A.P.T.トランジスターを採用
アルミ無垢ボリューム
金メッキピンジャック
バナナプラグ対応スピーカー端子
定格出力 40W+40W(8Ω、20Hz~20kHz、0.09%)
EIAJ実用最大出力 75W+75W(4Ω)
消費電力 100W(電気用品取締法)
外形寸法 幅270×高さ136×奥行346mm
重量 7.6kg
リモコン付属
[ 2011/03/08 08:20 ] ★アンプ kenwood | TB(0) | CM(0)
[Edit]

KENWOOD L-01A

ケンウッド L-01A プリメインアンプ メーカー希望小売価格¥270000(税別)ヤフオク中古価格4万円台程度 発売1979年

当時トリオと名乗っていた同社の、ケンウッドブランドによるプリメイン第一号機とのこと。

当時のトリオにとってはケンウッドは実験的な高級機を出すためのブランドであったそうですが、いまやそれがメインのブランド名になったことはみなさんもご存知のとおりですが、もはやこんな実験的だろうが、なかろうが本格的なアンプを出さなくなったことも周知です。

本機は電源別筐体。それを生かした大容量電源。それでいて大出力でもないというところに意図のある意欲的な製品だったのでしょう。

このあとさらに倍くらいの価格のL-02Aというアンプも同社は出すことになるのです。

KENWOOD L-01A アンプ中古
KENWOOD L-01A アンプ中古
価格:48,000円(税込)
ショップ:AV Pro shop ヤマデン




ヤフーオークション ケンウッドのアンプ

L-01Aおもな特徴・仕様
非磁性体構造
電源部別筐体
サブソニックフィルター
ラウドネス
低格出力:100W+100W (8Ω)
入力:phono MM/MC AUX TUNER TAPE 
寸法:本体W44×H15.6×D45.2cm 
重量:本体9.5kg
電源部
寸法:W17×15.6×40.5cm  
重量:17.5kg 
[ 2011/03/08 07:56 ] ★アンプ kenwood | TB(0) | CM(0)
[Edit]

KENWOOD KAF-7002

ケンウッド KAF-7002 プリメインアンプ メーカー希望小売価格¥75000(税別) ヤフオク中古価格1万5千円程度 発売1996年

単品仕様の高級ミニコン、K'sシリーズのプリメインアンプの上級機。

K'sシリーズの2代目として登場。先代シリーズと違い、上位、下位の2種を投入。そのうちの上位。

特徴は小さいのに本格派、というだけでなく、ファイナルトランジスタに、新開発のTRAITR(Thermally Reactive Advanced Instantaneous TRansistor)を採用していること。先代はLAPTでした。会社は同じサンケン製。

温度検出・補正回路をパワートランジスタに内蔵、ワンチップ化し、優れた動特性を確保するというこの後の同社アンプ技術にもずっと使われる重要技術です。

この機種はいわゆるミニコンサイズの単品仕様アナログアンプのなかでは、史上最高傑作とも言われる名機とも評されています(これ以上力を入れて作られた高級機がないという事情もありまししょうが)。

小型デジアンに違和感を覚えるが、フルサイズのアナログアンプもどうも、という人に、本機は妥協のないミニコンサイズアナロクアンプの代表ですからいいのではないでしょうか?



ヤフーオークション ケンウッドのアンプ

KAF-7002おもな特徴・仕様
K'sシリーズのプリメインアンプ上位機
TRAITRを採用
電源部には新開発のリングコア・トロイダルトランスを採用
フォノMM対応
定格出力 50W+50W(6Ω、20Hz~20kHz、0.06%)
実用最大出力 110W+110W(EIAJ、3Ω)
SN比(IHF-66) Phono MM:77dB
Line(CD):100dB
定格消費電力 150W(電気用品取締法)
最大外形寸法 幅270×高さ143×奥行345mm
重量 7.5kg
リモコン付属
[ 2011/02/27 12:07 ] ★アンプ kenwood | TB(0) | CM(0)
[Edit]

KENWOOD KAF-5002

ケンウッド KAF-5002 プリメインアンプ メーカー希望小売価格¥49000(税別)ヤフオク中古価格1万1千円程度 発売1996年

ミニコンサイズ単品コンポ、K'sシリーズの2代目ラインナップのプリメイン下位。上位7002とは26000円の差がありますが、外見、基本設計に違いはなく、一般的にはこちらがお得感があったように思われます。

ただ、現在、中古価格の差は4千円ほどになっており、そうなると微妙なところ。

上位とはスペック上はわずかな出力の差だけに見えますが、実際には音質そのものもかなり違うようです。

ファイナルトランジスタに、新開発のTRAITR(Thermally Reactive Advanced Instantaneous TRansistor)を採用、トロイダルトランスを採用といった部分は共通しています。

PC脇に置いて使う小型アンプとして再び注目を浴びているようです。



ヤフーオークション ケンウッドのアンプ

KAF-5002おもな特徴・仕様
K'sシリーズのプリメインアンプ
TRAITRを採用
電源部には新開発のリングコア・トロイダルトランスを採用
フォノMM対応
定格出力 40W+40W(6Ω、20Hz~20kHz、0.09%)
実用最大出力 90W+90W(EIAJ、3Ω)
SN比(IHF-66) Phono MM:77dB
Line(CD):100dB
定格消費電力 110W(電気用品取締法)
最大外形寸法 幅270×高さ143×奥行345mm
重量 7.1kg
リモコン付属
[ 2011/02/27 08:17 ] ★アンプ kenwood | TB(0) | CM(0)
[Edit]

KENWOOD KAF-3030RS

ケンウッド KAF-3030R プリメインアンプ メーカー希望小売価格\39900(税込み) 発売2000年  

エントリー機を得意とする同社。しかしながら、定価4万円クラスのプリメインアンプは1990年代はじめからずっとデノンの390シリーズが独走。ケンウッドもこのゾーンでは苦戦続き。

その流れを打ち破るべく2000年に発売された戦略機。

豪華なアルミパネルにハイテクっぽい技術や回路を満載してデノンに臨みましたが…。

結果はいまひとつだったようです。それが残念なくらいいい感じには見えますが。

近年のケンウッドはPC対応の小型アンプで元気。デノンは相変わらず。

中古で、数千円ならこれも悪くないと思いますが。フォノMMもありますし。プリメインアンプでケンウッドのフルサイズの単品コンポとしては、今のところ最後のモデルとなってしまっています。

ヤフーオークション ケンウッドのアンプ

KAF-3030Rおもな特徴・仕様
高音質3段差動アンプを採用
ファイナル段に「Linear TRAIT」を搭載
アルミパネル / アルミボリュームノブ採用
定格出力75W+75W(40Hz~20kHz、0.06%、4Ω)
スピーカーA、B2系統、A+B対応
MMフォノイコライザー搭載
入力端子(感度/インピーダンス):PHONO MM 2.5mV/33kΩ、LINE(Adv.DA/CD、MD/CD-R、TUNER、TAPE、AUX)200mV/47kΩ 
出力端子(レベル/インピーダンス):MD/CD-R REC、TAPE REC200mV/2.7kΩ 
定格消費電力:130W 
最大外形寸法:440W×95H×400Dmm 
質量:7.8kg
リモコン付属
[ 2011/01/16 16:41 ] ★アンプ kenwood | TB(0) | CM(0)
[Edit]

KENWOOD KAF-A55

ケンウッド KAF-A55 プリメインアンプ メーカー希望小売価格:オープン 実売\18000程度 ヤフオク中古価格1万2千円程度 発売2009年3月

一部では発売以来話題の小型プリメインアンプ。非常に今日的な機能が豊富で、じつに面白い機種。ミニコン、Prodino(CORE-A55)のアンプ部が好評で、あとから単品販売したという異色の製品。

まず全体に昨今のPCオーディオに対応し、しかもその対応幅が広いのが特徴。

USB/デジタル入力対応プリメインを基本に、ヘッドホンアンプとしても使えるよう意識しています。そもそもその、高音質フルデジタルヘッドフォンアンプとして評価されたことも単品販売の一因らしいほど。

またアンプもはやりのデジタルアンプ。それでこの価格・大きさ。国内メーカー。話題になるはずです。

入力はSDカードもOKと、つなげるものは何でもあり、みたいな節操のなさを感じるほど。なお、スピーカー出力が小さいのが欠点と言われています。

なかなか他社から似たものが出ませんが、以前からこうした機種を手がけている同社ならではのアドバンテージがあるのでしょう。

数年前から出ているKA-S10と価格・大きさ的に競合しますが、設計コンセプトが違うので、両立・併売しています。あなたはどっち?

ヤフーオークション ケンウッドのアンプ

KAF-A55おもな特徴・仕様
プリアンプ段、パワーアンプ段ともにデジタル構成とした「フルデジタルプロセッシング」を採用
横置きだけでなく付属スタンドを使った縦置きセッティングにも対応
音質を簡単に変えられる7種類のサウンドモードを搭載
専用のディスクリート電源を設け、ヘッドホン用にチューニングを施した「フルデジタル・ヘッドホンアンプ」
接続機器の出力方式に合わせた豊富な接続端子を搭載
入力端子:本体フロント部
・SDカードスロット(再生専用):1GB~32GBのSDカード(SDHCに対応)
・ヘッドホン端子(ステレオミニ)
本体背面部
・USB:USBフラッシュメモリー、マスストレージ対応のデジタルオーディオプレーヤーの再生が可能
・D-IN(デジタル光入力):デジタル音声(PCM信号)32kHz / 44.1kHz / 48kHz
・PC IN:USB接続したWindows Vista / XP搭載パソコンのUSBオーディオ
・D.AUDIO / PORTABLE IN
・AUX IN
・スピーカー端子
定格消費電力 12W(電気用品安全法に基づく表示)
待機時消費電力 0.3W以下
最大外形寸法(約) 横置き
設置 W170×H42×D144mm
質量(約) 740g / 790g(スタンド含む)
[ 2011/01/16 16:18 ] ★アンプ kenwood | TB(0) | CM(0)
[Edit]

KENWOOD KA-S10

ケンウッド KA-S10 プリメインアンプ メーカー希望小売価格:オープン 実売1万6000円程度 ヤフオク中古価格1万円程度 発売2006年3月

PCの脇に置いて使用することを想定したかのような小型プリメインアンプ。縦置き可能にそれが表れています。

国内大手オーディオ専業メーカーにしては珍しく、小型でシンプル機能、そして低価格なアンプ。

中国メーカーや国内新興メーカーが台頭しているこのジャンル。国内大手はプライドがあるのか、対応できないのか、あまり手を出していません。

しかし、大手メーカーにしてはもともと小型も得意にしてきた同社はさすがに対応。

シンプルに、低出力にすることで、小型低価格を実現。はやりのデジタルアンプは採用せず、アナログ。リモコンもなし。

しかし、銅ショートバンドを施した電源トランスと、大容量コンデンサーを採用、前後左右のパネルに、3.5mm厚のアルミ押し出し材を採用、といったいかにもオーディオメーカー的設計で音に手抜きはないようです。入力1系統(D.AUDIO)は、音声出力レベルの低いデジタルオーディオプレーヤーなどポータブル機器との接続を考慮し、入力感度を高く設定するという細かさ。

スピーカーもバナナ対応で、しっかりしています。推奨スピーカー、LS-S10が用意されています。



ヤフーオークション ケンウッドのアンプ

KA-S10おもな特徴・仕様
コンパクト・高性能なアンプ
銅ショートバンドを施した電源トランスと、大容量コンデンサーを採用
前後左右のパネルに、3.5mm厚のアルミ押し出し材を採用
低音の増幅量と周波数帯域を調整できるN.B.サーキットを搭載
スピーカー端子には、バナナプラグに対応した大型スクリュー端子を採用
付属スタンドにより、縦置き設置も可能
型式 インテグレーテッドアンプ
実用最大出力(JEITA) 12W+12W(8Ω)
入力感度/インピーダンス CD、Aux:250mV/22kΩ
D.Audio:140mV/48kΩ
定格消費電力 28W(電気用品安全法)
最大外形寸法 横置き設置時:幅171×高さ67×奥行207mm
重量 約2kg
[ 2011/01/16 15:46 ] ★アンプ kenwood | TB(0) | CM(0)
[Edit]

Kseries R-K1000 中古で探す

ケンウッド、Kseries R-K1000、プリメインアンプ。メーカー希望小売価格(税別)\53,000。 発売日2007年11月。

入力から最終段までをフルデジタル化した「フルデジタルプロセッシング」(PWM方式)を搭載したプリメインアンプ。レシーバータイプ。ミニコンサイズ。AVアンプのようなマイク式自動音質補正機能あり。

デジタル入力があるのが特徴。ヘッドホンアンプも専用回路のこだわり。ハイビット/周波数拡大のプロセッシング回路「Supreme EX」で広帯域化再生を実現しています。デノンのAL24やパイオニアのレガートリンクコンバージョン、ビクターのK2プロセッシングの仲間でしょう。ケンウッドも昔ドライブシステムというのを積んでいましたが。やはりデジタル入力で活用したいですね。フォノもありますけど。クリアAという純A級みたいな動作がありますが、純A級ではないです。これでUSB入力があるともっと面白かった。



ヤフーオークション ケンウッドのアンプ

R-K1000おもな特徴・仕様
「Supreme EX」を搭載
ヘッドホン専用アンプ搭載
「Clear Aモード」を搭載
「AUTO ROOM EQ」を搭載

FM/AMチューナー
PHONO(MM入力)
TAPE入力/出力
AUX入力
デジタルオーディオプレーヤー入力
デジタル入力4系統(光×2、同軸×2) (入力信号:リニアPCM)
2系統プログラムタイマー/スリープタイマー
AUTO ROOM EQ用マイクロホン付属
リモコン付属
4Ωスピーカー対応

実用最大出力 [Clear A:オフ時] 50W + 50W(JEITA 6Ω)、60W + 60W(JEITA 4Ω)
        [Clear A:オン時] 10W + 10W(JEITA 6Ω)、15W + 15W(JEITA 4Ω)
対応サンプリング周波数 32kHz、44.1kHz、48kHz、88.2kHz、96kHz
最大外形寸法(約) 270(W)×99(H)×318(D)mm
重量(約) 5.3kg
[ 2010/06/23 11:08 ] ★アンプ kenwood | TB(0) | CM(0)
[Edit]





上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。