スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)
[Edit]

BOSE Wave Music System

ボーズ Wave Music System 一体型オーディオシステム メーカー希望小売価格¥74,970(税込) ヤフオク中古価格3-5万円程度 発売2005年4月1日。

同社だけの独走市場とも言える、「ラジカセタイプオーディオの高品位版」シリーズの現行(2010年現在)。同社が1999年に発売し話題を呼んだパーソナルオーディオシステム「WaveRadio/CD」の後継機。

同社ダイレクト通販のみ、試聴も同社ショップのみというかなり限られたものながら、オーディオマニアよりも一般層に受けて好評が続く独自ポジションの機種。

音は同社独自の低音再生や、音質調整技術を生かして、オーディオマニアでない限り納得しそうなうまいつくり。同社ショップで試聴して、そう感じました。オーディオ誌などでもそういう方向の評価です。

マニアのメインにはなりえませんが、サブや居間用には十分でしょう。ただ、この価格ならマニアはバラコンを組めるか?いやそんなことだからいつまでもマニアは家族から浮くのでしょう。

これを置くのもひとつの見識かもしれません。

操作がリモコン中心なので、くれぐれも無くさないようにしましょう。



ボーズのWave Music Systemシリーズの機器

Wave Music Systemおもな特徴・仕様
CDプレーヤーとAM・FMチューナーを内蔵した一体型オーディオシステム
「デュアルウェーブガイド」で低音を従来機より増強
すべての音声信号をデジタル化してDSPで処理
大容量トロイダルトランス採用電源部
再生可能メディア:CD/CD-R/CD-RW
スピーカーユニット:60mmフルレンジ(防磁型)×2
外部入力:3.5mmφステレオミニジャック
外部出力:ヘッドホン:3.5mmφ ステレオミニジャック
再生対応フォーマット:CD-DA/MP3
消費電力:60W
外形寸法:368W×106H×219Dmm
質量:3.9kg
カラー:Platinum White(ホワイト)、Graphite Gray(ブラック)
付属品:カード型リモコン(大×1、小×1)、電源コード、FM簡易型アンテナ、デモCD
スポンサーサイト
[ 2010/12/14 17:53 ] ★ミニコン | TB(0) | CM(0)
[Edit]

KENWOOD R-K1

ケンウッド R-K1 (Kseries Esule) ミニコンポ メーカー希望小売価格¥199,500(税込) ヤフオク中古価格6万円台ほど 発売2006年12月上旬

CDプレーヤー、AM/FMチューナー、アンプを一体化したCDレシーバー。分類は一応ミニコンですが、価格・内容からは、単品コンポレベル。デジタル入力にハイビットプロセッサーがあるので、DACとしての使用も可能。

ケンウッドが単品コンポのために開発した技術を惜しげもなく投入。しかし、ミニコンしか知らない人にはいったいなんのことかと思う専門用語が並び、商品アピールとして、買い手とのミスマッチはないのかと心配されます。

発売数年を経過し、影も薄くなってきたかなと思っていたら、突如、美少女を取り入れたオーディオ読本「サウンドガール デュオ」(白夜書房・11月30日発売 )の表紙を見たら唐突に本機の絵が!これで本機のことをよく知らない人でもこれを買う人が続出するのでしょうか…?



ヤフーオークション ケンウッドのミニコンポ

メーカー詳細ページ

オーディオ銘機賞2007 ≪特別賞≫受賞モデル
オーディオ銘機賞2007 ≪レシーバー&チューナーアンプ部門賞≫受賞モデル

R-K1おもな特徴・仕様
差動出力D/Aコンバーターにより変換されたアナログ信号をロスなく伝送するためのフルバランス伝送回路
ボリュームには、Wolfson社製のボリュームコントロール「WM8816」を左右独立で使用
「Supreme EX」(20kHz以上の高調波を再現し、微細な信号付加により本来の音に近づける音質技術)
Wolfson社製D/Aコンバーター「WM8740」を左右独立に配置し、差動出力信号を生成
アンプ部には、独立電源供給型差動三段増幅回路を搭載
Super C4回路
New Linear TRAIT素子を、左右それぞれ2個使用
黒アルマイト処理チムニー型放熱器を左右独立で配置
電源には大型トロイダルトランスを採用
電源供給部の「メカ部、デジタル回路部」と「マイコン制御部」にそれぞれEIコアトランスを、「アナログ回路部」にはトロイダルトランスを採用した独立3トランス電源
フロントパネルに11mm厚(最厚部)の押し出しアルミパネルを採用
デジタル入出力端子を各2系統(デジタル×1、コアキシャル×1)搭載。また、デジタル入力端子にサンプリングレートコンバーターを採用(対応周波数:32kHz、44.1kHz、48kHz、88.2kHz、96kHz 入力信号:リニアPCM)
アナログ音声入力を3系統と、録音機用のアナログ音声出力を2系統搭載
フォノMM対応
<アンプ部>
定格出力:38W+38W(20Hz~20kHz、0.07%、6Ω)、45W+45W(20Hz~20kHz、0.07%、4Ω)
実用最大出力:55W+55W(JEITA 6Ω)、70W+70W(JEITA 4Ω)
全高調波歪率:0.015%(20Hz~20kHz、10W、6Ω)、0.003%(1kHz、10W、6Ω)
SN比:105dB(AUX、TAPE、MD、D.AUDIO)、95dB(PHONO)
入力感度/インピーダンス:520mV/100kΩ(AUX、MD/TAPE)
出力レベル/インピーダンス:520mV/200Ω(MD/TAPE REC)
<デジタル部>
周波数特性:20Hz~20kHz
SN比:110dB以上
ダイナミックレンジ:100dB
再生可能ディスク:CD、CD-R、CDRW(CD-DAフォーマット)
<総合>
定格消費電力:120W
外形寸法:約280W×151H×407Dmm
質量:約9.6kg
[ 2010/11/10 11:55 ] ★ミニコン | TB(0) | CM(0)
[Edit]





上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。