スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)
[Edit]

QUAD ESL2805

クォード ESL2805 スピーカー メーカー希望小売価格\700000(税別・一本) 2006年発売

上位2905とともに、同社創立70周年記念モデル(創立1936年)。もちろん、同社の代名詞、エロクトロスタティック型。

ここ数年はかなりフレンドリーな価格のダイナミック型スピーカーでも人気を高めている同社ですが、やはり、往年からのファンは、静電型のラインナップの維持、向上に期待しているでしょう。

これは従来からデザイン、機構などに現代的な手を加え、よりクオリティの向上を狙ったようです。

ただ、従来的な音との違いも指摘されるので、従来的モデル、989などとも比較されることを勧めます。

なお、本機の上位との違いはパネルがこっちは4枚、あっちは6枚ということのようです。スケール感に違いが出るようです。スペック上は低音再生能力に違いがあります。2905の項目も参考にしてください。





ヤフーオークション クォードのオーディオ機器

ESL2805おもな特徴・仕様
クオード創立70周年の記念モデル
同社の代名詞、エレクトロスタティック型
キャビネットレス構造
高剛性アルミ合金のフレームをステンレス・パイプで補強
光沢ピアノフィニッシュのサイドパネル・トップパネル
スパイクと平型脚が付属
型式: フルレンジ エレクトロスタティック
振動板: 超軽量フィルム
パネル数: 4
タイムディレイ: 8分割連続同心円リング
出力音圧レベル: 86db(2.83V RMS/1m)
定格インピーダンス: 8Ω
最大許容入力: 55V
周波数特性: 33Hz~23kHz
消費電力: 6W
外形寸法: 695(W)×1040(H)×385(D)mm
重量: 34.8kg(1台)
スポンサーサイト
[ 2010/12/20 12:55 ] ★スピーカー QUAD | TB(0) | CM(0)
[Edit]

QUAD ESL2905

クォード ESL2905 スピーカー メーカー希望小売価格\900000(税別・一本) 2006年発売

同社の本道、エレクトロ・スタティック型(静電型)スピーカーの現行(2010年現在)最高級機。

下位機、2805とともに、同社創業70周年記念モデル。

かつての名機、ESL63の基本を受け継ぎながらも、マニアがそれらに講じていた音質向上対策をはじめから取り入れたようなところが見受けられる現代的なところも。フレームのステンレス・パイプ補強や、ピアノ塗りなどに表れています。

下位機との違いはパネルの数で、おもにスケール感の違いに出るようです。価格差は一台20万円。小さくはありません。

デザインが昔と違う!という人はこちらも現行のESL989 Vintageにしてはいかがでしょうか。価格は同程度ですが、デザインは往年の雰囲気っぽいです。逆に従来モデルの「木と布+黒一色」が古臭いと思う人はこちらでしょう。ただ、音はかなり違うみたいです。本気で買う場合はじっくり試聴、できれば989や下位も並べて聴ける環境がいいでしょう。それもアンプもクォードが用意できる環境で。

同価格帯の989が併売されているということは、やはりかなり音が意図的に違うこともあるのでしょう。





ヤフーオークション クォードのオーディオ機器

ESL2905おもな特徴・仕様
クオード創立70周年の記念モデル
同社の代名詞、エレクトロスタティック型
キャビネットレス構造
高剛性アルミ合金のフレームをステンレス・パイプで補強
光沢ピアノフィニッシュのサイドパネル・トップパネル
スパイクと平型脚が付属
型式: フルレンジ エレクトロスタティック型
振動板: 超軽量フィルム
パネル数: 6 (下位は4)
タイムディレイ: 8分割連続同心円リング
出力音圧レベル: 86dB(2.83V RMS/1m)
定格インピーダンス: 8Ω
最大許容入力: 55V
周波数特性: 28Hz~21kHz
消費電力: 6W
外形寸法: 695(W)×1430(H)×385(D)mm
重量: 41.6kg(1台)

[ 2010/12/20 12:14 ] ★スピーカー QUAD | TB(0) | CM(0)
[Edit]

QUAD 22L2

クォード 22L2 スピーカー メーカー希望小売価格(税別・ペア)\280,000 2008年発売。

前作、22Lのモデルチェンジ版。好評だった前作にも関わらず、10ヶ所もの改良を加えたといいます。

一見してわかるのは、ウーハーのセンターキャップの形状の変更。それ以外にも音質に関わる部分を強化。エンクロージャーの厚みの増加などがあります。

結果、価格はペアで6万円上昇しています。

それでも、海外製スピーカーとしてはまだ安価な部類。これもやはり同社の静電型にあこがれるけれども、その導入はいろいろ難しい人にも、そうでない人にも広く受け入れられるのではないでしょうか。

Black RoseWood Cherryの色違いあり。



ヤフーオークション クォードのオーディオ機器


22L2おもな特徴・仕様
全てを一貫した自社開発と生産
新開発ウーファー、ケブラー振動板を採用、アルミダイキャストフレーム
ツイーターにアルミボイスコイルを採用
バイワイヤリング対応大型ターミナル
OFCの内部配線
25mm厚の堅牢、強化MDF採用エンクロージャー
無垢のツキ板を採用し、7回もの塗装と研磨をくり返した質感あるピアノフィニッシュ
Black RoseWood Cherryの三色のカラーバリエーション
型式:2.5ウェイバスレフ
ツィーター 25mm
ミッド 170mm
ウーファー 170mm
最大入力(RMS) 300W
インピーダンス 6Ω
出力音圧レベル 89dB/1W/1m
再生周波数帯域(-6dB) 30Hz-28KHz
クロスオーバー周波数 150Hz、3KHz
外形寸法:285W×909H×295Dmm
質量 19kg(1本)
[ 2010/11/25 21:22 ] ★スピーカー QUAD | TB(0) | CM(0)
[Edit]





上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。