スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)
[Edit]

pioneer BDP-LX71

パイオニア BDP-LX71 ブルーレイプレーヤー メーカー希望小売価格(税別)\112,381 ヤフオク中古価格4.5万円程度 発売2008年11月

「Best Performance in class」を掲げ、映像/音ともに高いコストパフォーマンスを目指したという同社の当時の中級モデル(現在は生産完了)。SACDは非対応。

ビジュアル愛好家から見たら3D非対応なので、過去のものなのでしょう。最近流行りのPC対応とかipod対応とかありませんし。このクラスの現行品がありませんね(2010年12月時点)どうしたのでしょう。

おもにオーディオ面に力の入った機種です。DACはウォルフソンのWM8740を全チャンネルに投入。ブルーレイ・マルチチャンネル音声をデコードしてからリニアPCMでHDMIから出力可能です。これにより、ブルーレイ音声非対応のAVアンプの一部で高音質再生可能です。PQLSをHDMIで初搭載しましたがステレオのみです。

上位LX91はさらにオーディオ面が強化されています。

重要な点として、機能・性能の強化、安定性を維持のため、ファームウェアのアップデートが何度も行われています。これをしないと、動作が不安定になる恐れがあるので、購入したら必ず行いましょう。本機のファームウェアアップデート専用ページ
 生産完了なので、いつまで面倒みてくれるかわかりませんが…。




ヤフーオークション パイオニアのブルーレイプレーヤー

ビジュアルグランプリ2009 ≪BDプレーヤー部門≫受賞モデル

BDP-LX71おもな特徴・仕様
機能などの詳細は非常に煩雑なので、メーカー該当ページを見ることをお薦めします。
ディープカラー出力に対応
1080/24p出力機能
ブルーレイのロスレスサラウンドフォーマットに対応。これらの音声はLPCM信号に復元し、HDMI端子から出力可能。また、アナログ信号に変換し7.1chマルチチャンネル端子からも出力可能
PQLS(Precision Quartz Lock System)を初めてHDMI接続で実現(ステレオ)
再生可能メディア・ファイル:BD-ROM(BDMV)、BD-R/RE(BDMV、BDAV)、BD-R DL/RE DL(BDMV、BDAV)、DVDビデオ、DVD-R/RW(ビデオモード、VRモード)、DVD-R DL(ビデオモード、VRモード)、DVD+R/+RE(ビデオモード)、DVD+R DL(ビデモード)、AVCHDディスクAVCRECディスク、音楽CD、CD-R/RW(音楽CDフォーマット)
再生可能メディア・ファイル(PCファイル):メディア→CD-R/RW、DVD-R/RE、DVD-R DL、DVD+R/+RE、ファイル→WMA9、MP3、JPEG、DivX
出力可能解像度:480/60i、480/60p、720/60p、1080/60i、1080/60p、1080/24p
周波数特性:4Hz~88kHz(192kHzサンプリング時)
音声S/N比:115dB
ダイナミックレンジ:103dB
全高調波歪み率:0.0015%
入出力端子:HDMI×1、コンポーネント映像出力×1、D4×1、S2映像×1、映像出力×1、光デジタル出力×1、同軸デジタル出力×1、アナログ2ch音声出力×1、アナログマルチch音声出力×1、コントロール×1
消費電力:37W
外形寸法:420W×124H×360Dmm
質量:5.7kg


スポンサーサイト
[Edit]

Pioneer BDP-320

パイオニア BDP-320 ブルーレイプレーヤー メーカー希望小売価格:オープン 実売4万円程度 ヤフオク中古価格1万5千円程度 発売2009年 5月

BDP-330(2010年5月発売)の前の機種。ipodでの操作に対応していないのが大きな違い。また、LAN経由でのコンテンツ再生、youtube視聴機能もないもようです。3Dにも非対応(330も対応していません)。

また、HDMI時のPQLSは本機はステレオのみですが、330はマルチでも対応します。

中古価格を考えても、本機は微妙ではないかと思います。それだけ新機種は低価格・高機能になってきています。

もっと古いのと比べると、本機は、BDライブ、AVCRECディスク に新規対応しました。

ロスレス音声のHDMIからのリニアPCM出力は、このあとの機種でできるのかはわかりません。



ヤフーオークション パイオニアのブルーレイプレーヤー

BDP-320おもな特徴・仕様
詳細な機能などのメーカー情報ページ
基本性能にこだわったエントリーモデル
ディープカラー出力に対応(36ビット)
1080/24p出力
トリプルHD ノイズリダクションシステム
ロスレスサラウンドフォーマットに対応。これらの音声はLPCM信号に復元し、HDMI™端子から出力することも可能
BD-LIVE™(BDライブ)に 対応
再生可能メディア:BD-ROM/-R/-RE/-R DL/-RE DL、DVD-Video/±R/±RW/±R DL、CD、AVCHDディスク、AVCRECディスク
再生可能ファイル:WMA9/MP3/JPEG
出力可能解像度:480/60i、480/60p、720/60p、1080/60i、1080/60p、1080/24p
入出力端子:、HDMI×1、コンポーネント映像出力×1、映像出力×1、光デジタル出力×1、アナログ2ch音声出力×1、LAN端子×1、USB端子×1、IR入力×1
消費電力:26W
外形寸法:420W×75H×287Dmm
質量:3.5kg
[Edit]





上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。