スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)
[Edit]

SONY BDP-S360

ソニー BDP-S360 ブルーレイプレーヤー メーカー希望小売価格:オープン 実売3万円程度 発売2009年9月5日

同社単体ブルーレイプレーヤーの第二世代機。ランクはエントリー。具体的には、「BDP-S350」の後継機。

現在はすでに生産完了。本機も後継も3Dに対応しているわけではありませんが、後継のBDP-S370は実売が下がりながらもさらにSACDに対応、iPhone/Android操作対応するなど大幅に機能向上。

本機の先代との違いはおもにドライブなどに改良を加え、画質と音質を向上させたというもの。あと、ドルビーTrueHD、DTS-HD Master Audioのフルデコードにも対応。音声信号をリニアPCMに変換して出力することが可能になっています。アナログ音声出力は2chのみ

非常に進歩の早いジャンルでもあり、オーディオに比べて陳腐化が早いと言わざるを得ません。

そのぶん中古価格の下落速度・率は速いのでそこを狙って安く買うなら。



ヤフーオークション ソニーのブルーレイプレーヤー

BDP-S360おもな特徴・仕様
同社エントリーBDプレーヤー
ドルビーTrueHD、DTS-HD Master Audioのフルデコードに対応。リニアPCMに変換して出力可能
HDMI端子は1080/24p、1080/60p出力に対応。DeepColorにも対応
「ブラビアリンク」にも対応
再生可能ディスク:BD-ROM、BD-RE ver.2.1、BD-R ver1.1/1.2/1.3(カードリッジタイプは非対応)、DVDビデオ、DVD+RW/+R、DVD-RW/-R/-R DL(2層) DVD+RW/+R/+R DL(2層/ビデオモード)/-RW(CPRM)/-R(CPRM)、DVD+RW/+R DL(2層)/-RW/-R/は8cmディスクにも対応
入出力端子:HDMI出力×1(1080/24p対応)、コンポーネント映像出力×1、D1/2/3/4×1、コンポジット映像出力×1、ステレオ音声出力×1、デジタル音声出力(光/同軸)×各1、LAN×1、EXT×1
消費電力:22W
外形寸法:約430W×56H×207Dmm
質量:約2.1kg
リモコン付属
スポンサーサイト
[Edit]

SONY BDP-S5000ES

ソニー BDP-S5000ES ブルーレイプレーヤー メーカー希望小売価格\280,000(税別) 発売2008年12月

同社高級品の証、ESシリーズ第一号にして、2011年3月現在唯一のESシリーズブルーレイプレーヤー。

3Dには対応していませんが、映像信号のアナログハイビジョン出力禁止問題が回避できる本機は、映像のアナログ出力を使用、それも高品位で、という人には重要な機種です。

音質は定価でオーディオプレーヤーと比べると厳しそうですが、映像機器は実売が下がりやすいので、それも考慮するといっきにハイCP度は高まりそうです。

ただ、他社の高級ブルーレイとは違い、SACDなどには非対応。

しかし、CD系への配慮は高く、マニアックな対策がいくつもなされており、オーディオプレーヤーとしても十分意識されています。同軸デジタルへの手当てやアナログ電源の採用、などに現れています。



ヤフーオークション ソニーのブルーレイプレーヤー

BDP-S5000ESおもな特徴・仕様
ESシリーズのブルーレイプレーヤー
高画質回路「CREAS」
プレシジョンドライブHD
バーブラウン製D/AコンバーターPCM1796を5つ採用
ジッターエリミネーション回路
同軸デジタル出力には、パルストランスを装備
電源部は、アナログ回路専用にR-コアトランスを搭載
再生対応ディスク:BD-R/BD-RE/DVD-R/DVD-RW/DVD+R/DVD+RW/DVD-R DL/DVD+R DL CD-R/CD-RW
入出力端子:HDMI出力×1[1080/24p対応]、コンポーネント映像出力×1、D1/2/3/4:1、コンポジット映像出力×1、S映像出力 ×1、ステレオ音声出力×1、マルチチャンネル出力×1、デジタル音声出力(光/同軸)×各1、LAN×1、EXT×1
消費電力:42W
外形寸法:430W×125H×365Dmm(突起部含む)
質量:約10kg
リモコン付属
[Edit]

marantz BD7004

マランツ BD7004 ブルーレイプレーヤー メーカー希望小売価格\95,000(税別) 発売2009年8月

末尾に4のつくシリーズの同社製ブルーレイプレーヤーのローエンドの普及機。BD-Liveへの対応やDivX HD、 AVCREC、AVCHD再生等の機能を備えますが、上位のようにSACDに対応しないのでいわゆるユニバーサルではありません。3Dにも非対応。

すでに映像的には古くなっていることもあり、すでに生産完了。後継のUD7006は3Dに対応するだけでなく、SACDにも対応、ネットワーク機能も強化で価格は同等と大幅内容アップなので本機はまさに過去もの。

それだけに中古、在庫で安ければ、使用目的によってはお得になるでしょう。同社らしく、オーディオ部分には相応に気を使っていますから。



ヤフーオークション マランツのブルーレイプレーヤー

BD7004おもな特徴・仕様
BD-Live/DivX HD/AVCREC/AVCHDに対応したBlu-ray Discプレーヤー
各種HDオーディオのデコーダーを内蔵
アナログオーディオ出力は7.1chと2ch専用出力を装備
HDMI出力端子は1080/24p出力、36ビットDeepColor出力、x.v.Color出力に対応
再生可能メディア:BDビデオ、BD-R/RE、DVDビデオ、DVD-R/RW、CD、CD-R/RW
対応カード:SD/SDHC/miniSD/microSD
出力端子:HDMI×1、コンポーネント映像×1、コンポジット映像×1、同軸デジタル音声1、アナログ2ch×1、アナログ7.1ch音声×1、IR フラッシャー端子(IN/OUT)、RS-232C端子、LAN×1
音声SN比:115dB
全高調波歪率:0.004%
ダイナミックレンジ:100dB(BD/DVD)
最大消費電力:28W
外形寸法:440W×105H×324Dmm
質量:4.9kg
リモコン付属

[Edit]

marantz UD9004

マランツ UD9004 ブルーレイプレーヤー メーカー希望小売価格\550,000(税別) 発売2009年7月

Blu-ray Disc/DVD/SACD/DVD-Audio/CDに対応するユニバーサルプレーヤー。さらにPC/SDに対応のネットワークプレーヤー機能もあり。3Dは非対応。

見た目はマランツそのものですが、基本部分である映像回路・ドライブメカは、同じD&MホールディングスグループのDENON・DVD-A1UDと同じ。DENON独自機能のDENONリンクやアルファプロセッサー系の回路が抜かれ、音声回路にマランツ独自のものを搭載したモデル、ということです。

実際には、電源もデノンとは違うので、音はかなり違うものと思われます。アナログ回路が電源トランスから全てマランツのものに変更されており、設計思想も、よりSACDのアナログ再生能力に注力しているようです。

ややデノンより高いですが、デノンの音よりマランツが好きな人にやはり向いているでしょう。それだけ両ブランドの音は違いますから。

映像中心で安ければいい人は、どちらかの製品で安いのを選べばいいと思います。また音声はデジタル伝送中心の人もどちらでもいいと思います。ただ、画質も違うという指摘があり、電源が変わるだけでもそうしたことは起こるので、簡単ではないかもしれません。最後はやはり好みでしょうね。しかし、簡単に買えるランクのものではないですからね…。





ヤフーオークション マランツのブルーレイプレーヤー

UD9004おもな特徴・仕様
同社映像プレーヤーのフラグシップ
BDとSACDのほか、DVDビデオ/DVDオーディオ、CDの再生にも対応したユニバーサルプレーヤー
DACは旭化成エレクトロニクスの216kHz/32ビット対応「AK4399」を、全チャンネルに計6個搭載
297MHz/14ビット映像DAC
アナログ音声出力の音質を高めた設計
新開発メカモジュール
大容量のトロイダルトランスを採用、銅メッキシールドケースで封入
シャーシは電源回路と映像回路、音声回路をそれぞれ独立させた3BOX構造
再生可能メディア:BDビデオ、BD-R/RE、DVDビデオ/オーディオ、DVD±R/RW、SACD、CD、CD-R/RW
対応カード:SD/SDHC/miniSD/microSD
接続端子:HDMI×2、コンポーネント映像×1、コンポジット映像×1、S映像×1、デジタル音声(光1、同軸1)、アナログ2chバランス×1、アナログ7.1ch音声×1、コントロール端子(IN/OUT)、RS-232C端子、LAN×1
音声SN比:125dB
全高調波歪率:0.0008%
ダイナミックレンジ:110dB
消費電力:80W
外形寸法:440W×163.5H×409Dmm
質量:19.2kg
リモコン付属
純銅無垢インシュレーター

[Edit]

marantz BD8002

マランツ BD8002 ブルーレイプレーヤー メーカー希望小売価格¥336,000(税込) 発売2008年6月

記念すべき同社初のブルーレイプレーヤー。

オーディオよりのユニバーサル系プレーヤーではなく、ビジュアルよりの機種。

よってSACD再生機能はなし。といっても、高精度D/Aコンバーターを全チャンネルに搭載。ディファレンシャル駆動の高精度192kHz/24bitD/Aコンバーターをステレオ再生用に1個、マルチch再生用に4個、それぞれ独立した回路として搭載、という、さすがにこれくらいはこだわっています。銘柄・型番まではわかりませんでした。

いまとなってはスペック・性能に陳腐化が見られます。そこをついて安く買えれば。

どうしても第一号機ということもあり、ややコスト高でしたでしょうか?

現在はさらに洗練された機種も出ており、生産完了。第一号機が好きな人にはいい?




ヤフーオークション マランツのブルーレイプレーヤー

BD8002おもな特徴・仕様
こちらにも詳しい情報があります
HDオーディオフォーマットのビットストリーム出力に対応
HDオーディオの信号をデコーダーも内蔵
Ver.1.3a対応のHDMI出力端子を1系統搭載
HDMIによるDeepColor出力や1080/24p出力に対応
297MHz/12bit対応の映像DACを搭載
音声DAコンバーターは高精度192kHz/24bit
SDカードに記録したMP3/WMAの音楽ファイル、JPEG画像の再生にも対応。DivXファイルの映像再生も可能
再生可能ディスク:BDビデオ、DVDビデオ、BD-R/RE、DVD-R/RW、音楽用CD、CD-R/RW、メモリーカード
映像出力端子:HDMI×1、色差(BNC×1、ピンジャック×1)、S映像×1、コンポジット×1
アナログ音声出力:7.1ch×1、2ch×1
デジタル音声出力:同軸×1、光×1
消費電力:65W
外形寸法:440W×140H×402Dmm
質量:10.5kg
[Edit]





上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。