FC2ブログ








アンダンテラルゴのオーディオラック「リジッド・タワー」、13年2月21日から価格変更

ハンドメイドのオーディオラックを製造・販売しているアンダンテラルゴ(株)は同社オリジナルのオーディオラック「リジッド・タワー」に関して、2013年2月21日より価格を変更すると発表しました。

内容としては値上げ。

何万円ものオーディオラックが珍しくはない世界にあっても、それでも高価と思われる価格帯に属するのが「リジッド・タワー」でした。

1台ずつハンドメイドで組み上げるという製造スタイル、音楽性と音質だけを追求というコンセプトからなのでしょう。40-50万円程度するモデルが並びます。今回そこに値上げ。42万円から最高67万円という価格帯に。

アンダンテラルゴは最高級オーディオアクセサリー販売を謳っており、たとえばリンのLP12用に最適というリジッドテーブルなどが看板のようです。また、ブラックラビオリのインシュレーター、コードカンパニーのケーブル類など、愛好家なら聞いたことがあるようなメーカーも扱っています。

「リジッド・タワー」が自社品なのか輸入メーカー品なのかはわかりませんが、この改訂が既に進行しはじめている政権交代後の円安によるものなのでしょうか?

そうなるとやはり、今後、ただでさえ高い一部の海外オーディオ機器、オーディオアクセサリー類は値上げが続くことになるでしょうか?

それでもこのラックも値上げしながらも販売継続されるというのですから、価格を気にしない?オーディオ愛好家の方に頑張ってもらってオーディオ界はこれからもなんとかしのいでいくのでしょうね?

なにしろこのニュースを扱ったファイル・ウェブの記事はこんなマイナーな話題とおもいつつ、記事アクセスランキングの2位!ファイル・ウェブの読者の方々は何を思ってこの記事をたくさん読んでいるのでしょう。

参考元:(価格情報もあり)
http://www.phileweb.com/news/audio/201212/25/12902.html

関連記事
スポンサーサイト




[ 2013/01/08 17:28 ] 業界ニュース | TB(0) | CM(0)
[Edit]

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://audioauction.blog3.fc2.com/tb.php/1002-17359e68