FC2ブログ








CES アキュフェーズ、フランコ・セリブリンのスピーカーでデモ

アメリカ・ラスベガスで開催中の世界最大の家電見本市2013International CES。

日本のオーディオメーカーも出品。なかではアキュフェーズは今回、フランコ・セリブリンのスピーカーでデモを行っているそうです。

アキュフェーズのブースには同社現行のフラグシップシステム勢ぞろい。

それでもって鳴らすのはフランコ・セルブリンの「Ktema(クテマ)」。

フランコ・セルブリンとはかのソナス・ファベールの創業者であるフランコ・セルブリン氏のブランド。氏がソナス・ファベールを離れて興したブランド。

つまりはいわゆるソナス・ファベールのサウンドを現在保持しているのはフランコ・セルブリンということになるでしょう。

アキュフェーズとフランコ・セルブリンの組み合わせが奏でる音はいったいどんなものでしょう?

ブースでは同ブランドの「Accordo」という小型スピーカーでもデモしているそうです。フラグシップ以外のプリメインなどでのデモも行っているのでしょうか?

円高でアキュフェーズは海外で大変だったでしょうが、これからはきっと良くなるでしょうね。

参考元:
http://www.phileweb.com/news/audio/201301/10/12926.html
関連記事
スポンサーサイト




[ 2013/01/12 17:40 ] 業界ニュース | TB(0) | CM(0)
[Edit]

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://audioauction.blog3.fc2.com/tb.php/1006-ef382fa7