FC2ブログ








Accuphase E-302

アキュフェーズ E-302 プリメインアンプ メーカー希望小売価格¥220,000(税別) 発売1984年12月

同社の当時廉価機に属するプリメイン。

これまではパワーアンプのファイナル段にMOS-FETを使っていた同社でしたが、ここではトランジスタ4個(サンケン製)によるパラレル・プッシュプル構成とし、ドライブする前段にMOS FETドライブ段を採用しました。700VAの大型トランスを採用した強力電源。

価格の釣り合いと大パワーの両立を狙ったものかはわかりませんが、これにより、低インピーダンスに強く、しかも出力も大きく取れるようになっています。

この代から外観デザインが変わり、シーリングパネルの採用、シャンペンゴールド色も相まって、高級感にあふれた、しかも時代性を感じさせないものになりました。明らかに現在の同社ローエンドより豪華に見えます。別売りウッドキャビネットがあるというのは時代を感じますが。

使い勝手としてもプリ、パワー分離使用可能で、便利。フォノもありますし、リモコンがない不便が我慢できれば、ヤフオク中古相場も10万円は切る感じですし、結構良さそうです。ただ、トーンコントロールは意外にもなし。要注意です。フォノが初めから内蔵の音質的メリットは小さくないようです。

実際、同社のプリメインでヤフオク中古価格が10万円を切る機種は少ないです。それもおそらく10万円を切るなかではもっとも新しい部類でしょう。

現在の機種に比べて意外と奥行きが浅く、重くないのは設置面では有利でしょう。

ブラック仕上げのバージョンもあったそうです。

ヤフオクでの実際の取引例
75,000 円 84 12年11月25日 動作に関しては、すべての機能に全く問題はありません。特にPHONO入力はMCヘッドアンプを搭載しており、MC,MMともこのクラスでは聞けないような高解像度の音がします。90年代以降のアキュフェーズはAD-9,AD-10のようなコネクター式イコライザーに変更になったため音があまく、アナログ派にはこのアンプがお勧めです。

66,500 円 60 12年11月14日 今回、マニアの方にコレクションをまとめて譲っていただきました 動作確認済み音出し確認済みです 音の厚みと解像度は一級品です

ヤフーオークション アキュフェーズのプリメインアンプ



フォノMM/MC対応
対数圧縮型ピーク指示のパワーメーターを搭載
ラウドネス・コンペンセーターを搭載
連続平均出力(EIA、両ch動作、20Hz~20kHz、歪率0.02%以下)
180W+180W(4Ω)
120W+120W(8Ω)
消費電力 55W(無入力時)
280W(電気用品取締法)
外形寸法 幅445×高さ145(脚含む)×奥行370mm
重量 16.2kg
http://www.accuphase.co.jp/history.html
:プリメインアンプ:プリアウト:メインイン
関連記事
スポンサーサイト



[Edit]

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://audioauction.blog3.fc2.com/tb.php/1009-e6af0a36