FC2ブログ








Victor M-L10

ビクター M-L10 ステレオパワーアンプ メーカー希望小売価格¥350,000(税別) 発売1981年

同社最上位に位置するLaboratory(ラボラトリー)シリーズとして発売したパワーアンプ。組合せを想定したP-L10(25万円)と同時発売。

M-7050(1979年・25万円)の後継機的位置で、スイッチング歪みゼロとパワーリニアリティの両立を狙った同社独自の技術で、このあとも同社の看板技術になるスーパーAサーキットを搭載。出力トランジスタには新開発のものを採用するなど意欲的。

スピーカー出力2系統、ヘッドホン出力装備。

キャビネットはP-L10と同じく、ローズ調リアルウッドの鏡面ピアノ塗装仕上げ。やはり、プリとセットで揃えたいところでしょうか。

ビクターのパワーアンプは珍しく、このあとは1991年にリリースのME-1000(モノパワー・150万円)しかないようです。ステレオ機としては最後。

ネット上に見られる音への印象としては、メリハリ方向でなく、優雅とか、落ち着いているといった表現の一方、どっしり感もある、といった感じに見受けられました。

ヤフオクでは動作品で4万円というところでしょうか。

2chから:ビクターM-L10 優しくてしっとりした良いアンプだよ。 古いから、リスクは有るが、音質 抜群。ただ、メリハリの出るアンプじゃない。 低インピの高級スピーカーには不向きだが、 じっくり音楽鑑賞なら、30万級の音質だ。

ヤフオクでの実際の取引例:
45,000 円 4 13年3月3日 使い始めの際、出力が0.05W以下の小さい音量の時に音が途切れる症状がございます。0.05W以上の出力を一度だして頂くと通常通り問題なくご使用頂けます。原因は恐らくスピーカーリレーの劣化でミニコンポなどに見られるものと同じでございます。使い始めだけコツをつかんで頂ければその他の動作は良好でございますので十分ご活用頂ける状態でございます。
35,500 円 5 13年3月9日 ジャンク 左側は正常に音は出ますが右側は割れて音が出ます。

ヤフーオークション ビクターのアンプ



仕様など
実効出力 160W+160W(8Ω)
定格消費電力 350W(電気用品取締法)
外形寸法 幅460×高さ204×奥行418mm
重量 28.0kg
:Victor:アンプ:パワーアンプ:個
関連記事
スポンサーサイト



[Edit]

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://audioauction.blog3.fc2.com/tb.php/1031-36890f86