FC2ブログ








KENWOOD DPF-7002

ケンウッド DPF-7002 CDプレーヤー。1997年発売、定価58000円(税別)。

ミニコンサイズながら、32fs Fine D.R.I.V.E.と呼ばれる当時最高水準のDA変換分解能を持ち大変注目されました。各種オーディオ賞も多数受賞。

また、デジタル入力を持ち、DACとしても使えるので、CD部分が壊れても使い続けることができます。アナログ出力は可変。リモコン操作なので、リモコンがないと、出力レベルをいじれなくなるので注意。

ケンウッドが独自に開発したD.R.I.V.E.システムをさらに改良し、D.R.I.V.E.に32fs 22bitというデジタルフィルターを組合わせた32fs Fine D.R.I.V.E.システムを搭載。従来の4倍の32fs 1.4MHzのサンプリング周波数で22bit相当の解像度を獲得。また120dBの高SN比を達成。

当時としては画期的な性能、しかもミニコン、さらに意外な低価格で業界を驚かせました。すぐにデノンがAL24プロセッシングで分解能を追い越しますが。

それにケンウッドは現在もハイビットプロセッサーを使っていますがなぜかサプリームEXという全然違う名前です。このあたり、他社とは違います(他社はずっと同じ名前を使っています)。

これはミニコンとしてかなり売れたので、中古も多く、買いやすい機器のひとつでしょう。



ヤフーオークション ケンウッドのCDプレーヤー

DPF-7002おもな仕様
D/Aコンバーター 22ビット 32倍オーバーサンプリング
周波数特性  4Hz~20kHz(EIAJ)
SN比  120dB 以上(EIAJ)
ダイナミックレンジ  100dB 以上(EIAJ)
チャンネルセパレーション  100dB 以上(EIAJ、1kHz)
出力レベル /インピーダンス  可変出力:2V/0.3kΩ
デジタル入出力 コアキシャル:0.5Vp-p/7Ω
オプティカル:-15dBm~-21dBm(発光波長660nm)
定格消費電力 13W(電気用品取締法)
最大外形寸法 幅270× 高さ133×奥行315mm
重量 5.6kg
関連記事
スポンサーサイト




[ 2010/06/29 17:50 ] ★CDデッキ KENWOOD(CD) | TB(0) | CM(0)
[Edit]

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://audioauction.blog3.fc2.com/tb.php/106-fb2aac8b