FC2ブログ








ディナウディオ 「EXCITE」シリーズモデルチェンジ

ハイエンドショウトウキョウ2013において、DYNAUDIOは同社のスピーカーシリーズ、「EXCITE」シリーズのモデルチェンジを発表するとともに、実機を展示、デモも行いました。

EXCITEは2008年に、DYNAUDIOのエントリークラスのシリーズとして誕生。同社の人気シリーズとなり、同社の国内ユーザーを広げる原動力になったもの。

ウーファーやバスレフポートを改善し帯域を強化。クロスオーバーに見直しをかけて正確な位相コントロールとスムーズなサウンドバランスを実現したとしています。

発売予定時期は10月下旬。ラインナップは下記の通り。

・EXCITE X38(3Way・フロアスタンド)/451,500円(ペア・税込)
・EXCITE X34(2Way・フロアスタンド)/336,000円(ペア・税込)
・EXCITE X14(3Way・ブックシェルフ)/152,250円(ペア・税込)
・EXCITE X24C(センタースピーカー)/105,000円(税込)

また、X38を除く3機種がインピーダンスを前機種の4Ωから8Ωに変更。より初心者にも鳴らしやすいスペックへ。

さて、これにより、旧シリーズは生産完了。これまでのシリーズに興味のあった人はこれからは中古でより安価に買える可能性が広がります。

しかし、この記事にもあるように、旧シリーズはエントリークラスといいながらも、同社らしく、インピーダンス4Ωという初心者向けとは思えないものでした。しかし、そういうことも含めて、分かった人が買う分には問題ないと思います。

新シリーズではもっと小型機も充実してくるかとも思いましたが、それがなかったのは残念です。
関連記事
スポンサーサイト



[ 2013/10/21 18:55 ] 業界ニュース | TB(0) | CM(0)
[Edit]

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://audioauction.blog3.fc2.com/tb.php/1143-e78dfcdd