FC2ブログ








Lo-D HMA-9500

ローディ(日立)HMA-9500 ステレオパワーアンプ メーカー希望小売価格\230,000 1977年発売。

パワーステージの増幅素子として世界で初めてパワーMOS-FETを採用したアンプ。というだけでなく、いわゆる長岡教徒のアイテムとして有名。長岡鉄男氏が後継機同Ⅱを高く評価したことからこのニ機種が長岡教徒の必須アイテム化。MOS-FETのアンプはこの後現在に至るまで膨大に出たにも関わらず、この最初期のものが最高という意見はいまだ根強いようです。これを買う人に詳しい説明は不要でしょう。

見てわかるように発売から時間が経ったのと、マニアックアイテムだったため、中古はあっても、手の入っていないものはないと言われるほど。まあ、これを買う人は因果も含めてわかる人でしょうから問題ないでしょうが…。

時間がたつほど動く機体は減っていくと思われるので、欲しい人はお早めに。



ヤフーオークション Lo-D(日立)のオーディオ機器

HMA-9500おもな特徴・仕様
パワーMOS-FETを採用
左右独立に電源トランス
DCアンプ構成
実効出力(両ch駆動)
100W+100W(8Ω、5Hz~100kHz)
120W+120W(8Ω、5Hz~20kHz)
S/N(入力ショート)110dB
定格消費電力 350W(電気用品取締法)
外形寸法 幅435×高さ192×奥行410mm
重量 28kg
関連記事
スポンサーサイト




[ 2010/07/27 11:48 ] ★アンプ | TB(0) | CM(0)
[Edit]

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://audioauction.blog3.fc2.com/tb.php/139-5e351c15