FC2ブログ








Pioneer A-07 ステレオプリメインアンプ 中古情報

オークション中古オーディオ情報。Pioneer A-07 \230,000(税別・1995 年発売)ステレオプリメインアンプ

リモコンなし、トーンコントロールなどなし、ヘッドホン端子なしのシンプル志向のアンプ。それだけに、潔くスピーカーを鳴らすことに専念するようなコンセプトと思われます。

実際、このクラスにあって、完全ツインモノラル構成と、アンプとしての性能・物量に全力投球といったかんじ。

余計な機能はいらない、このクラスでとにかくスピーカーをよく鳴らしたいという人向けではないでしょうか。

また、パイオニアには、現在このクラスのアンプがないので、それでもパイオニアのこのクラスで聴きたい人にも。

スピーカー端子もひとつのシンプルさ。フォノはMMあり。一方アンプのゲイン切り替えは搭載。


■特長■
ツイントランスに代表される内部回路の左右対称レイアウトによるツインモノラル構造
電流帰還型回路による1段増幅で必要なゲインを得るワイドレンジリニアサーキットを搭載
高精度アッテネーターボリュームを採用
放熱特性と振動減衰特性に優れたエアロウイングヒートシンクを採用
信号経路をできるだけシンプルにするアドバンスト・ダイレクト・コンストラクションを採用
アンプのゲインを切換える機能あり
金メッキ入力端子
万力タイプの大型スピーカーターミナル
電源ケーブルには大容量極太タイプのOFCケーブルを採用




ヤフオク パイオニア/エクスクルーシヴのオーディオ機器
機種の仕様・定格
型式 ステレオプリメインアンプ
定格出力(両ch駆動、20Hz~20kHz)
100W+100W(4Ω、 0.03%)
50W+50W(8Ω、0.01%)
ダンピングファクター
300(20Hz~20kHz、 8Ω)
350(1kHz、8Ω)
入力感度/ インピーダンス
Phono MM:2.8mV/50kΩ
CD、Tuner、Line、Tape:200mV/50kΩ
Phono 最大許容入力 MM:150mV(1kHz、 0.2%)
出力レベル /インピーダンス Tape rec:200mV/1kΩ
周波数特性 Phono MM:20Hz~20kHz ±0.3dB
CD、Tuner、Line、Tape:1.5Hz~400kHz +0 -3dB
S/N(IHF、 Aネットワーク、
ショートサーキット) Phono MM:84dB
CD、Tuner、Line、Tape:105dB
電源電圧 AC100V、 50Hz/60Hz
消費電力(電気用品取締法) 200W
外形寸法 幅440× 高さ164×奥行479mm
重量 23.3kg
:Pioneer:プリメインアンプ
関連記事
スポンサーサイト



[Edit]

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する