FC2ブログ








DENON PMA-2000SE

デノン PMA-2000SE メーカー希望小売価格¥178,500(税込)  ヤフオク中古価格10万円程度 発売2009年7月下旬。

現在国産中級アンプの定番、デノンの2000番台シリーズの現行機。今世代の大きなポイントはリモコンの復活。2000ⅢR以来実に9年ぶり。個人的にはリモコン派なので、歓迎です。

このシリーズはモデルチェンジごとに着実に音は向上していると思いますが、その分定価もじりじり向上しているので、そこをどう考えるか。

先代とはいっけん何も変わっていないように見えますが、奥行きが5センチ短くなっています。それでいて同重量。剛性があがったとも言えます。でかすぎで置きにくかった人にはこの5センチは大きいのではないでしょうか。

ヒートシンクの形状の再検討、2個のパワートランスのシャーシへの固定方法が再検討、主要プリント基盤の書き換えなど、意外と変更されていて、大きなモデルチェンジだったようです。

かつてはクラシックには明るすぎる、剛直すぎるイメージもありましたが、先代あたりからはそこも改善されて感じます。

現行なので中古でも10万円くらいします。モデルチェンジも当分先でしょうし、こんなものでしょう。

ただ、これを改良した100周年記念モデルが出たので、その動向次第でこの機種の相場も変わるかもしれません。



ヤフーオークション デノンの2000シリーズのアンプ

PMA-2000SEおもな特徴・仕様
UHC-MOSシングルプッシュプル回路
プリアンプ部と出力段の電源を分離
振動を抑えるDIRECT MECHANICAL GROUND構造
6ブロック・セパレーテッド・シャーシ
L.C.(Leakage Canceling)マウント・ツイン・トランス
リモートコントロール対応、高品位27型大径ボリウム
パワーアンプダイレクト端子&プリアウト端子
MM/MC対応フォノイコライザー搭載
定格出力/両チャンネル駆動(CD→SP OUT)80W+80W(負荷8Ω、20Hz~20kHz、T.H.D. 0.07%)
実用最大出力/160W+160W(負荷4Ω、1kHz、T.H.D. 0.7%)
全高調波歪み率/0.01%(定格出力-3dB時、負荷8Ω、1kHz)
出力端子/スピーカーAorB:負荷4~16Ω、A+B:負荷8~16Ω
SN比/(Aネットワーク)LINE:108dB(入力端子短絡時)PHONO MM:89dB(入力端子短絡時、入力信号5mV時)、PHONO MC:74dB(入力端子短絡時、入力信号0.5mV時)
消費電力/275W(待機電力0.3W以下)
外形寸法/W434×H181×D435mm(脚、ツマミ、端子含む)
質量/24.0kg
関連記事
スポンサーサイト




[ 2010/11/16 16:58 ] ★アンプ DENON (アンプ) | TB(0) | CM(0)
[Edit]

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://audioauction.blog3.fc2.com/tb.php/246-e18af23f