FC2ブログ








YAMAHA A-S2000

ヤマハ A-S2000 プリメインアンプ メーカー希望小売価格(税別):\199,000 発売日2007年12月。

しばらくホームシアターに注力し、ピュア・オーディオから遠ざかっていた同社が久々に出した本格プリメインアンプ。名機の系譜、2000番台を使っていることにもその意欲が現われています。

全段バランス伝送プリメインアンプとして新規開発。往年の名機を思わせるクラシックな外観ながら、リモコンも装備するなど、中身、機能は現代的。

ヘッドホンアンプ(さすがにこれはバランス回路ではない)に力を入れていることもアピールするなど、昨今のヘッドホンブームも意識したもの。なんと、さまざまな負荷インピーダンスに対応する専用レベルトリマーも装備。これは他社には見られない独自機構。

同シリーズ・同デザインのネットワークプレーヤーが今年発売されたところも見ると、この復活2000番台の評判はいいようです。

非常にバランス増幅にこだわった機種です。バランス端子は使わなかった長岡鉄男が生きていたらなんと評したでしょうか?何でも特許も取っている独自回路だとか。

ですから、アンプ以外にもバランス端子のある機種とセットで使うことが望ましいでしょう。

外装仕上げはシルバーヘアラインのフロントパネルとナチュラルバーチのサイドウッド(天然木全面突板仕上げ)を組み合わせた(S)シルバーと、ブラックヘアラインのフロントパネルとダークブラウンのサイドウッド(天然木全面突板仕上げ)を組み合わせた(B)ブラックの2種類。



ヤフーオークション ヤマハの2000番台のプリメインアンプ

オーディオ銘機賞2008 ≪銀賞≫受賞モデル
ビジュアルグランプリ2008 ≪オーディオアンプ(プリメインアンプ)部門≫受賞モデル

A-S2000おもな特徴・仕様
ヤマハ独自の「フローティング&バランス・パワーアンプ」を初採用
ラインアンプ~トーンコントロール~パワーアンプの主要ステージすべてをフルバランス回路で統一
(フォノイコライザーおよびヘッドホンアンプを除く)
4基の大容量パワーサプライを搭載
カーボンシース・ブロックケミコン
電源部を中央に、パワーアンプブロックを両端に配置した左右対称コンストラクション
フルディスクリート構成ヘッドホンアンプ&フォノイコライザーアンプ
メインイン
プリアウト
特製メタルレッグ(スパイク/パッド選択式)
定格出力(20Hz~20kHz、0.02%THD):90W+90W/8Ω、150W+150W/4Ω
実用最大出力(JEITA):120W+120W/8Ω、190W+190W/4Ω
音声入力:6系統(XLR1、RCA4、フォノ〔MM/MC〕1)
音声出力:2系統(プリアウト1、レックアウト1)
消費電力:220W
外形寸法:435W×137H×465Dmm
質量:22.7kg
関連記事
スポンサーサイト




[Edit]

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://audioauction.blog3.fc2.com/tb.php/254-28b66737