FC2ブログ








Pioneer SC-LX82

パイオニア SC-LX82 AVアンプ メーカー希望小売価格\335,000円(税込)2009年10月発売。

先代81とアンプとしての基本は変わっていないようですが、デジタル部などに変更。HDMIもver.1.3a対応に。

まず、PQLS機能がマルチチャンネル対応に拡大。「SC-LX90」で開発された「プレシジョン・ディスタンス」をこのクラスのモデルとして初搭載。なんとミリ単位でスピーカー位置による音の変動を調整できるといいます。

先代に引き続いて、PCオーディオに対応するとともに、あらたにiPodとのデジタル接続に対応。iPodを使う人には見逃せない機能です。

しかし、もう型落ち。新機種83のほうは、HDMI端子はVer 1.4aで、3DとARCに対応。つまり本機はそれがなし。他にも、新音声フォーマットへの対応なども。また、アンプの見直しもあったようです。

とはいえ、ブルーレイをつないで、普通にマルチを楽しむ分にはそう変わらない機能、性能ではないかと思います。



ヤフーオークション パイオニアのSC-LXシリーズのAVアンプ

SC-LX82おもな特徴・仕様
7.1ch対応のAVアンプ
THX社の最高認証である「THX Ultra2 Plus」を獲得
ドルビーTrueHD、DTS-HD Master AudioなどHDオーディオデコーダーを搭載するほか、ドルビーデジタル プラス/DTS-HD High Resolution Audio/DTS EXPRESSなど広く対応
パイオニアとICEpower社が共同開発したアナログクラスDアンプ、「ダイレクトエナジーHDアンプ」を搭載
「PQLSマルチサラウンド」 & 徹底した低ジッター設計
スピーカーの位相特性を自動補正する「フルバンド・フェイズコントロール」技術を搭載
3次元自動音場補正システム「Advanced MCACC」搭載
「プレシジョン・ディスタンス」をこのクラスのモデルとして初搭載
iPod/iPhoneのデジタル音声伝送と動画コンテンツ再生に対応
PCやインターネットから音楽を気軽に楽しめる「Home Media Gallery」機能に対応
●定格出力:110W×7ch(1kHz、1%、8Ω)
●周波数特性:5~100kHz ±3dB
●ライン入力S/N比:103 dB (IHF-A)
●音声入力端子:同軸3、光4(アサイン可能)、オーディオ9
●映像入力端子:コンポジット5、S端子5、コンポーネント3、D4端子2
●その他入力端子:HDMI5(フロント1系統含む。音声再生可能)、USB1、LAN端子1
●音声出力端子:光デジタル2、オーディオ4、プリアウト…フロントL/R、センター、サラウンドL/R、サラウンドバックL/R、SW 出力(1系統)
●映像出力端子:コンポジット4、S端子3、コンポーネント2(MONITOR、ZONE2)、D4端子1
●その他端子:HDMI出力2、RS232C出力1、12Vトリガー出力2、SR入出力1
●消費電力:330W
●外形寸法:420mm×460mm ×200mm
●質量:18.5kg
関連記事
スポンサーサイト




[ 2010/11/22 19:13 ] ★AVアンプ パイオニア | TB(0) | CM(0)
[Edit]

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://audioauction.blog3.fc2.com/tb.php/260-fbe758da