FC2ブログ








DENON PMA-1500SE

DENON PMA-1500SE プリメインアンプ メーカー希望小売価格(税別)\90,000 ヤフオク中古価格5万円程度 発売2010年5月

国内メーカーエントリーから中級クラスプリメインアンプの定番が5年ぶりにモデルチェンジ。

相変わらず物理スペックに変更はなく、内部の細かい部分でのブラッシュアップ。消費電力が45ワット増えていますね。電源部には結構手を入れたようです。

基板全体の位置を下げる、パワーアンプの基板とヒートシンク内側の接合部に新たに銅箔プレートを置き、UHC-MOS素子の温度上昇を抑える、ヒートシンクの共振モードが分散するようにフィンの厚みを3パターンとする、など。前作は16ディアメーターだったボリュームを、大型27ディメーター電動ボリュームに変更。以上で重量が約1キロアップ。価格も1万円アップ。

一方、UHC-MOSを搭載し、パワー部シングルプッシュプル構成である点は初代から変わりなし。

上位と並べて聴くと、低音の量感、力感にいつも違いはありますが、上位が出すぎと思う向きもあり、本機の存在意義はあるでしょう。プリアウト、メインインなど機能などもすべて従来どおり。

ただ、上位もまたリモコン対応に戻ったので、リモコン目当ての人は悩むかもしれません。



ヤフーオークション DENON PMA-1500

PMA-1500SEおもな特徴・仕様
UHC-MOSシングルプッシュプル回路
L.C.(Leakage Canceling)マウント・ツイン・トランス
コンストラクションを見直すなど前作から改良(新)
従来機に比べ1.5倍の電流容量を持つショットキーバリアダイオードと高音質カスタムブロックタイプ電解コンデンサーにより構成される電源回路(新)
新形状ヒートシンク採用(新)
上級機PMA-2000SEと同じ大型の電動ボリウムを採用(新)
ローノイズFET採用の高性能フォノイコライザー搭載
パワーアンプダイレクト端子&プリアウト端子を装備
定格出力:70W+70W(8Ω、20Hz~20kHz、T.H.D. 0.07%)
実用最大出力:140W+140W(4Ω、1kHz、T.H.D. 0.7%)
周波数特性:5Hz~100kHz(0~-3dB)
S/N比(Aネットワーク):LINE 108dB(入力端子短絡時)、PHONO MM 89dB(入力端子短絡時、入力信号5mV時)、PHONO MC 74dB(入力端子短絡時、入力信号0.5mV時)
消費電力:295W
外形寸法:434W×134H×410Dmm
質量:15.5kg
関連記事
スポンサーサイト




[ 2010/11/17 21:00 ] ★アンプ DENON (アンプ) | TB(0) | CM(0)
[Edit]

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://audioauction.blog3.fc2.com/tb.php/320-48f33525