FC2ブログ








Monitor Audio Platinum PL300

モニターオーディオ Platinum PL300 メーカー希望小売価格¥1,260,000(税込・ペア) 発売2007年9月

同社のフラグシップスピーカーであるだけでなく、いまや世界のハイエンドスピーカーの代表にまで上り詰めた現代を代表する名機。

これを自宅用リファレンスに導入している評論家も複数いるようです。林正義氏などいます。

また、海外ハイエンド機種にしては驚くほどのハイCPであるとも評されており、価格関係なく、実質現代最高のスピーカーであると評する人もいます。

自身も下位機を自宅導入している小林貢氏は、ほかの海外少数生産ハイエンドメーカーが同じものを作ったら、何倍もする価格になるだろうと言っています。

ハイテク技術と、一般的に高価そうな材料で固められています。詳しくはメーカーサイトでご確認ください。

特徴が下位のPL200と同様ですが、それもそのはず、300と200の違いは、200mmバスドライバーを165mmに変更しただけ、とそれに伴うサイズ・重量の変化、です。それも意識するといいでしょうか?

ライバルはB&Wでしょうか。両方持っている人もいそうです。

これがまたヤフオクで取引されているというのもすごい。





ヤフーオークション モニターオーディオのスピーカー

オーディオ専門誌の受賞多数。書ききれないほど。

Platinum PL300おもな特徴・仕様
メーカー機種ページ
リボン型トゥイーター。C-CAM合金をサンドイッチした振動板を採用。NeFeBレアアース・マグネット
セラミック処理されたアルミ・マグネシューム(C-CAM)
Rigid Diaphragm Technology (RDT)コーン
HiVe2ポート・テクノロジーにより気流を加速して、乱れを減少させる、ストレートなバスレフポートを採用
キャビネットは、木製ベニヤのマルチラミネート(多重積層)で包み込んだ堅いベニヤ板構造
キャビネットの仕上げは黒檀(Ebony)とサントス・ローズウッド(Santos Rosewood)に、11層に及ぶ艶のあるピアノラッカーでコーティング
前部バッフルは、Andrew Muirheadによって供給されたストラススペイ(Strathspey)革を使用
WBT Platinum Signature terminalスピーカー端子
再生周波数帯域:28Hz~100kHz
感度(1W@1M):90dB
インピーダンス:4Ω
ドライバー構成:200mmRDTバスドライバー×2、100mmRDTミッドレンジドライバー×1、C-CAMリボントゥイーター×1(3ウェイ)
外形寸法:288W×1113H×368Dmm(スタンド含む)
質量:46.5kg(スピーカー本体のみ)
関連記事
スポンサーサイト




[Edit]

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://audioauction.blog3.fc2.com/tb.php/359-9d38384d