FC2ブログ








ONKYO D-908E

オンキヨー D-908E スピーカー メーカー希望小売価格(税別・一本)\140,000 発売2006年6月

国内よりも欧米で絶賛されたブックシェルフスピーカー D-312Eをベースに容量を拡大し、低域の再現力を高めたトールボーイスピーカー。

現行(2011年)のオンキヨー最高級機。

リング型振動板ツィーター、大口径65mmのボイスコイル、重量1090g/直径140mmの巨大なフェライトマグネット、新開発のウーファー振動板である「A-OMFモノコックコーン」(2層のアラミド繊維でコットンを挟み込み、さらにPEN繊維を合わせた構造)、リアルウッドの突き板仕上げ、といった同社ならではのハイテクと物量を投入。

相変わらず、海外ハイエンドメーカーならこの価格帯では搭載しにくいリング・ツィーターの搭載がアドバンテージと思います。

しかし、思ったほど国内では人気がないようで、やや不遇なのではないかと思います。それはD-312E以上だと思います。

ホームシアター用と思われ勝ちのようですが、それにしては能率が低く、しかも低インピーダンス。普及価格帯のAVアンプでうまく鳴らせないのではないでしょうか?それも真価を知らないままの不人気の一因かも。

オンキヨーの幹部の人のインタビューを見ると、近年の同社のスピーカーはデジタルアンプの強力な駆動力を前提にしている節があり、そこをうまくするといいのかもしれません。

デジタルアンプがさらに普及すれば過去の名機になるかもしれないのです。

それより同社にはこれ以上の高級スピーカーも望みます。

ONKYO スピーカーシステム (1台) D-908E




ヤフーオークション オンキヨーのスピーカー

D-908Eおもな特徴・仕様
世界で高い評価を得たスピーカー「D-312E」をベースに開発したトールボーイスピーカー
リング型振動板ツィーター
A-OMFモノコックコーンウーハー
バイワイヤリング対応ネジ式ターミナル
バナナプラグ対応
キャビネット表面は、手作業の塗装によるリアルウッドの突き板仕上げ
型式:2ウェイ・バスレフ型
ウーハー:16cm A-OMFモノコック/ツィーター:4cmリング
防磁設計(JEITA)
定格インピーダンス:4Ω
最大入力:200W
定格感度レベル:83dB/W/m
定格周波数範囲:28Hz~100kHz
クロスオーバー周波数:2kHz
キャビネット内容積:41リットル
最大外形寸法:322W×1040H×380Dmm
質量:21.8kg
関連記事
スポンサーサイト




[ 2011/01/20 20:48 ] ★スピーカー オンキヨー | TB(0) | CM(0)
[Edit]

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://audioauction.blog3.fc2.com/tb.php/387-181f1906