FC2ブログ








Technics SL-PG5

テクニクス SL-PG5 CDプレーヤー メーカー希望小売価格\39800(税別) 発売2001年ごろ

ピュアオーディオから撤退してしまった同ブランド最後の単品CDプレーヤー。

定価4万円ゾーンで1990年代、一時圧倒的な強さを見せていた松下の最後の意地とでも言うべきか、同社の代名詞ともなったゾーン・機種を最後にしたのは何か意味があったのでしょうか。

マニアにはおなじみの、というかこれでないと同ブランド廉価CDプレーヤーは語れない、MASH・1ビットDACを搭載。

光学サーボ(フォーカス、トラッキング、トラパース)と信号処理系、D/A変換部を1チップに集積させた、スーパー1チップLSIを新規開発・搭載ということで、最後までクオリティアップに努力しました。ただ、不思議なことに全盛時より物理スペックがかなり低下しています。数が売れなくなったからでしょうか?

センタートレイに10キー、ヘッドホン端子と、作るほうもよくわかっていらっしゃるようで。ゴールドパネルはどうかな?

同社のMASH・1ビットDAC型4万円ゾーン機は、マニアでないならこれ以上何が要るの?という疑問を起こさせるほどのクオリティと万人受けする万能型の音作りが特徴でした。

よくも悪くも日本のピュアオーディオ文化のひとつの形でしたが、残念ながらそれすら過去の遺産となりました。

本機の音を聴いて、過去を思い起こすのもいいでしょうか。もはやコレクターズアイテムです。



ヤフーオークション テクニクス・パナソニックのCDプレーヤー

SL-PG5おもな特徴・仕様
MASH・1ビットDAC
スーパー1チップLSI
デジタルサーボを採用
音楽用CD-RとCD-RWの再生に対応
周波数特性 2Hz~20kHz ±0.5dB
ダイナミックレンジ 96dB以上(JEITA)
SN比 100dB以上(JEITA)
全高調波歪率 0.004%以下(1kHz、JEITA)
ワウフラッター 測定限界以下(JEITA)
電源 AC100V、50Hz/60Hz
消費電力 6W
2.6W(電源off時)
外形寸法 幅430×高さ104×奥行290mm
重量 3.6kg
関連記事
スポンサーサイト




[Edit]

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://audioauction.blog3.fc2.com/tb.php/388-7726d2be