FC2ブログ








marantz PM-13S2

マランツ PM-13S2 プリメインアンプ メーカー希望小売価格¥262,500(税込) 発売2009年9月

同社の中級機種。先代13S1からのモデルチェンジの体裁。実際には、先行して販売されている下位機、PM-15S2に音質向上のための改良を施した機種、ということのようです。

高音質化パーツの投入やチューニングによる向上ということです。そのため、とくに出力が増加することもなく、物理スペックも同一です。つまりとにかく音に効く改善を行い、それが全てであるということです。

この機種にはオーディオ界、とくに海外で有名なKen Ishiwata氏が監修したということで、海外では、「marantz/K.I. Signature series」の30周年記念モデルとして、「PM-KI Pearl」という名称で販売されるのだそうです。

Ken Ishiwata氏はマランツのアドバイザーのような方らしく、海外では有名らしいですね。CECの社長さんと同姓同名ですが、別人のはずです。

ともかく本機は、同社の中級機で、より上級にあるバランス入力や、バイワイヤリング対応可能になる複数スピーカー端子がありません。

とはいえ、音に関する評価は高く、上記の機能が不要ならば、十分メリットはある機種のようです。

また、上位は大きすぎる、という向きの人もいるので、薄型かつ、高品位という条件を満たす最高レベルが本機になるという事情もありますから本機の存在意義は高いでしょう。



ヤフーオークション マランツのプリメインアンプ

PM-13S2おもな特徴・仕様
PM-15S2をベースとして、さらに贅沢な高音質パーツの投入、徹底したチューニングによって、音質を向上させたスペシャル・エディション・モデル
マランツオリジナル高速電圧増幅モジュールHDAM(R) SA3 採用
大型トロイダルトランス
PM-15S2の33%増となる20000μFのコンデンサー
トーンコントロール機能
リモコン機能
定格出力(20Hz~20kHz両ch同時駆動):90W×2(8Ω)、140W×2(4Ω)
全高調波歪率(20Hz~20kHz両ch同時駆動、 8Ω負荷):0.05%
周波数特性(CD、1W、8Ω負荷):5Hz -100kHz±3dB
入出力端子:PHONO入力1、LINE入力3、RECORDER入力2/出力2、プリアウト1、パワーアンプダイレクト入力1
消費電力:220W
外形寸法:440W×127H×444Dmm 
質量:20.0kg
関連記事
スポンサーサイト




[ 2011/02/05 12:58 ] ★アンプ マランツ | TB(0) | CM(0)
[Edit]

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://audioauction.blog3.fc2.com/tb.php/409-01e825a2