FC2ブログ








Pioneer VSA-AX10i-N

パイオニア VSA-AX10i-N AVアンプ メーカー希望小売価格¥493,500(税込) ヤフオク中古価格6万円程度 発売2002年11月

当時のフラグシップ。VSA-AX10のモデルチェンジ。基本的に先代に、i.LINKによるデジタル伝送およびPQLS機能を加えたもの。

ですから、MOS-FETを採用した7チャンネルプリメインアンプでもあるわけです。

また、バーブラウンPCM1704を採用したDAC部も魅力。ハイビットプロセッサーもついています。

最新のブルーレイ対応の中級AVアンプのプリ部だけを使って、本機をパワーアンプにするのが面白いでしょうし、DAC内蔵プリメインとして使うのもいいでしょう。アナログアンプとしては現行中級機を上回るのは確実ですから。

i.LINKはもはや過去の遺物でしょうか…。



ヤフーオークション VSA-AX10シリーズ

VSA-AX10i-Nおもな特徴・仕様
ケーブル1本で、DVDオーディオやSACDのマルチチャンネル・デジタル音声の接続が可能なi.LINK
「VSA-AX10」で確立した「アドバンスド・マルチチャンネル・ステレオフォニック思想」をベースに、部品やレイアウトの見直し等による一層の高音質化や、当社独自の音場補正システム「MCACC」(マルチチャンネル・アコースティック・キャリブレーション・システム)をさらに精度を向上して搭載
ほかは先代を踏襲
実用最大出力(JEITA、1kHz、10%、6Ωサラウンド時):200Wx7 
定格出力(20Hz~20kHz、0.09%、6Ωサラウンド時):150Wx7 
入力端子:デジタルAUDIO/i.LINKx2、同軸x3、光x5、アナログAUDIOx5、Phonox1、アナログマルチチャンネル入力x1、AV入力(コンポジット、Sビデオ、オーディオ)x7、コンポーネントx3、D4x2 
出力端子:フロントスピーカー出力 L/Rx1、センター スピーカー出力x1、サラウンドスピーカー出力L/Rx1、サラウンドバックスピーカー出力L/Rx1、サブウーファープリアウトx2、デジタル光x2、ユニバーサルスピーカーBx1、アナログAUDIOx2、AV入力(コンポジットx4、Sビデオx5)、コンポーネントx1、D4x1 
消費電力:615W 
待機時消費電力:0.65W 
外形寸法:440W×203H×476D mm 
質量:31.0Kg
関連記事
スポンサーサイト




[ 2010/04/03 11:16 ] ★AVアンプ パイオニア | TB(0) | CM(0)
[Edit]

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://audioauction.blog3.fc2.com/tb.php/440-dd69ee77