FC2ブログ








TOSHIBA SD-9500

東芝 SD-9500 DVDプレーヤー メーカー希望小売価格:オープン 当時実売25万円程度 ヤフオク中古価格4-5万円程度 発売2001年12月

東芝史上最高級のDVDプレーヤー。メーカー名的にいまいちビジュアルマニアにもオーディオマニアにもピンとこないのが残念ですが、一部ではとくにそのオーディオ性能・機能の高さと、実際購入価格の安さもあって、知る人ぞ知る名機です。

DVDとしても当時としてはいいみたいですが、ここではオーディオを。

DVDオーディオに対応したプレーヤーですが、オーディオのこだわりはすごい。

DACにアナログデバイセズ社のAD1955を採用。しかもステレオ再生時、片チャンネル3基使用。さらに、アップサンプリング対応のDDコンバーター内蔵で、192kHz/24bit(CD時は176.4kHz/24bit)にアップサンプリング&ビット拡張を行なって再生。

そのうえ、デジタル入力内蔵、単体DACとして上記の性能で使うことができます。

この内容だと十分現在でも通用するでしょう。当時からも複数の評論家がこのプレーヤーをCDプレーヤーとして高く評価していました。

販売後期には数万円で投売りされていたそうです。中古価格も数万円ですが、同価格の新品プレーヤーは超えているでしょう。DACとして使えるのも○。

残念なのは、似たような機種のデノンDVD-5000に比べて出品が少ないこと。なお、電源回路はスイッチング方式。

TOSHIBA SD-9500 DVDビデオ/オーディオプレーヤー (ブラック)




ヤフーオークション 東芝のDVDプレーヤー

SD-9500おもな特徴・仕様
14bit/108MHzの超高速・高分解能映像DACを採用
新プログレッシブ回路
映像・音声基板の完全独立化
全段DC結合アナログ映像回路の採用。
最新型マルチビットデルタシグマDAC(AD1955)を全chに採用。
独自パラレルDAC方式で広いダイナミックレンジを確保(ステレオ再生時、片チャンネル3基使用)。
アップサンプリング対応のDDコンバータ内蔵。
単体のDDコンバーター、オーディオDACとしても機能するPCMデジタル入力端子を装備。
聴感特性によりセレクトした高品質パーツ群。
強度と音質特性に優れるステンレス素材を活用。
充実の映像/音楽端子群。
完全新規設計により電源回路の信頼性も向上。
幅x高さx奥行 430x118x315 mm
重量 10.2 kg
リモコン付属
関連記事
スポンサーサイト




[ 2011/02/25 08:24 ] ★DVDプレーヤー | TB(0) | CM(0)
[Edit]

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://audioauction.blog3.fc2.com/tb.php/442-f6982b2e