FC2ブログ








ONKYO TX-NA609

オンキヨー TX-NA609 AVアンプ メーカー希望小売価格(税別)\80,000 発売2011年3月

クラスの定番にしてAVアンプ全体の定番、同社600番台シリーズ2011年モデル。

この価格で?と驚くほかない多機能・高性能で、さらに他メーカーとは差が広がった感じです。

先代までの基本機能・性能を維持したままで内容向上しながらまたも価格据置き。

最大のトピックは、4K対応のビデオアップコンバージョン機能を搭載し、アナログ信号を最高3,840×2,160ピクセルでHDMI出力可能なこと。

また、従来は上位機でないとなかったネットワーク再生機能を装備。DLNA1.5に準拠し、デジタルメディアサーバーとして機能。ネットワークで共有したHDDやPC内の音楽再生が可能。フロントUSB端子はUSBメモリー、iPodのデジタル接続に対応。再生可能な音楽ファイルはMP3/WMA/WMA Lossless/WAV/AAC/FLAC/Ogg/リニアPCM。WAV/WMA Lossless/FLAC/LPCMは96kHz/24ビットまでの対応。インターネットラジオも聴取でき、radiko.jpの聴取も可能に、と何でもござれ。

さらにiPhone/iPod touchでAVセンターの基本操作が可能になる専用アプリ「Onkyo Remote」に対応し、こうした機器でおきがちな、マニアックな操作性すら解消するというまさに無敵状態。

肝心のアンプ部も、全7chディスクリート構成によるアナログアンプ。3段インバーテッドダーリントン回路採用、また電源部の電解コンデンサーを中心に、L/Rシンメトリーに配置。電源供給ラインや入出力経路まで左右chを対称に。例によって、ワイドレンジアンプ技術「WRAT」や、デジタルノイズ抑制回路「VLSC」も引き続き搭載した。THX Select2 Plusに準拠も同じ。

デザインも一新したので、普通はその分コストがかさみ中身が薄くなりそうなのに、今回もすごい濃いのはすごい。

さて、中古狙いマニアとしてはこれで先代が安く中古で出回るならそっちを。というのも、アンプやDACまわり、基本機能(3Dなど)に違いはないので、新機能がいらない人には古いものありでしょうから。ネットワークがいるかどうかもポイントでしょう。いる人はこっちでしょう。



ヤフーオークション オンキヨーのAVアンプ

TX-NA609おもな特徴・仕様
TX-SA608をベースに、最先端機能を装備
ネットオーディオ機能を充実させて、さらに進化(DLNA1.5準拠/Windows®7対応)
ホームオーディオ機器として初めて「radiko.jp」に対応
iPhone/iPod touchでAVセンターの基本操作が可能になる専用アプリ「Onkyo Remote」に対応
「ドルビーTrueHD」「DTS-HD Master Audio」などHDオーディオもフルサポート
「THX Select 2 Plus」規格に準拠
バーブラウン社製DAC「PCM1690」を採用
3段インバーテッドダーリントン回路
実用最大出力;190W×7(6Ω)
定格出力:130W×7(6Ω)
周波数特性:5Hz~100kHz
HDMI端子:入力6/出力1
映像入出力端子:D4入力2/出力1、コンポーネント入力2/出力1、コンポジット入力5/出力2、D-sub 15ピン1
音声入出力:デジタル入力4、アナログ入力7/出力1、7ch出力1、サブウーファー出力2
外形寸法:435W×173.5H×328Dmm
質量:11.0kg
リモコン付属
関連記事
スポンサーサイト




[Edit]

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://audioauction.blog3.fc2.com/tb.php/461-bcbd58ce