FC2ブログ








marantz UD9004

マランツ UD9004 ブルーレイプレーヤー メーカー希望小売価格\550,000(税別) 発売2009年7月

Blu-ray Disc/DVD/SACD/DVD-Audio/CDに対応するユニバーサルプレーヤー。さらにPC/SDに対応のネットワークプレーヤー機能もあり。3Dは非対応。

見た目はマランツそのものですが、基本部分である映像回路・ドライブメカは、同じD&MホールディングスグループのDENON・DVD-A1UDと同じ。DENON独自機能のDENONリンクやアルファプロセッサー系の回路が抜かれ、音声回路にマランツ独自のものを搭載したモデル、ということです。

実際には、電源もデノンとは違うので、音はかなり違うものと思われます。アナログ回路が電源トランスから全てマランツのものに変更されており、設計思想も、よりSACDのアナログ再生能力に注力しているようです。

ややデノンより高いですが、デノンの音よりマランツが好きな人にやはり向いているでしょう。それだけ両ブランドの音は違いますから。

映像中心で安ければいい人は、どちらかの製品で安いのを選べばいいと思います。また音声はデジタル伝送中心の人もどちらでもいいと思います。ただ、画質も違うという指摘があり、電源が変わるだけでもそうしたことは起こるので、簡単ではないかもしれません。最後はやはり好みでしょうね。しかし、簡単に買えるランクのものではないですからね…。





ヤフーオークション マランツのブルーレイプレーヤー

UD9004おもな特徴・仕様
同社映像プレーヤーのフラグシップ
BDとSACDのほか、DVDビデオ/DVDオーディオ、CDの再生にも対応したユニバーサルプレーヤー
DACは旭化成エレクトロニクスの216kHz/32ビット対応「AK4399」を、全チャンネルに計6個搭載
297MHz/14ビット映像DAC
アナログ音声出力の音質を高めた設計
新開発メカモジュール
大容量のトロイダルトランスを採用、銅メッキシールドケースで封入
シャーシは電源回路と映像回路、音声回路をそれぞれ独立させた3BOX構造
再生可能メディア:BDビデオ、BD-R/RE、DVDビデオ/オーディオ、DVD±R/RW、SACD、CD、CD-R/RW
対応カード:SD/SDHC/miniSD/microSD
接続端子:HDMI×2、コンポーネント映像×1、コンポジット映像×1、S映像×1、デジタル音声(光1、同軸1)、アナログ2chバランス×1、アナログ7.1ch音声×1、コントロール端子(IN/OUT)、RS-232C端子、LAN×1
音声SN比:125dB
全高調波歪率:0.0008%
ダイナミックレンジ:110dB
消費電力:80W
外形寸法:440W×163.5H×409Dmm
質量:19.2kg
リモコン付属
純銅無垢インシュレーター
関連記事
スポンサーサイト




[Edit]

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://audioauction.blog3.fc2.com/tb.php/482-2dc40622