FC2ブログ








SONY BDP-S360

ソニー BDP-S360 ブルーレイプレーヤー メーカー希望小売価格:オープン 実売3万円程度 発売2009年9月5日

同社単体ブルーレイプレーヤーの第二世代機。ランクはエントリー。具体的には、「BDP-S350」の後継機。

現在はすでに生産完了。本機も後継も3Dに対応しているわけではありませんが、後継のBDP-S370は実売が下がりながらもさらにSACDに対応、iPhone/Android操作対応するなど大幅に機能向上。

本機の先代との違いはおもにドライブなどに改良を加え、画質と音質を向上させたというもの。あと、ドルビーTrueHD、DTS-HD Master Audioのフルデコードにも対応。音声信号をリニアPCMに変換して出力することが可能になっています。アナログ音声出力は2chのみ

非常に進歩の早いジャンルでもあり、オーディオに比べて陳腐化が早いと言わざるを得ません。

そのぶん中古価格の下落速度・率は速いのでそこを狙って安く買うなら。



ヤフーオークション ソニーのブルーレイプレーヤー

BDP-S360おもな特徴・仕様
同社エントリーBDプレーヤー
ドルビーTrueHD、DTS-HD Master Audioのフルデコードに対応。リニアPCMに変換して出力可能
HDMI端子は1080/24p、1080/60p出力に対応。DeepColorにも対応
「ブラビアリンク」にも対応
再生可能ディスク:BD-ROM、BD-RE ver.2.1、BD-R ver1.1/1.2/1.3(カードリッジタイプは非対応)、DVDビデオ、DVD+RW/+R、DVD-RW/-R/-R DL(2層) DVD+RW/+R/+R DL(2層/ビデオモード)/-RW(CPRM)/-R(CPRM)、DVD+RW/+R DL(2層)/-RW/-R/は8cmディスクにも対応
入出力端子:HDMI出力×1(1080/24p対応)、コンポーネント映像出力×1、D1/2/3/4×1、コンポジット映像出力×1、ステレオ音声出力×1、デジタル音声出力(光/同軸)×各1、LAN×1、EXT×1
消費電力:22W
外形寸法:約430W×56H×207Dmm
質量:約2.1kg
リモコン付属
関連記事
スポンサーサイト




[Edit]

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://audioauction.blog3.fc2.com/tb.php/495-125bb1ef