FC2ブログ








Raidho Acousticsの新スピーカー「X Monitor」

大きさのわりにびっくりの価格で登場した、Raidho Acoustics Ayra C-1の弟機が登場。

Ayra C-1は、わずか11・5センチウーハーによる小型2ウェイ。

しかし、専用スタンド込みで126万円というまさにハイエンド価格。

いくらオーディオが趣味の世界とはいえ、この大きさにこの価値を置くのは勇気がいりそう。

つまりは、極上のニアフィールドリスニングによる高度な再生を目指した製品。

しかし、この製品、しっかりと評価されたようで、たとえば国内でのキソアコースティックの登場にもつながったのではないかと思われます。

そして、弟機が登場、ということは、一台限りの珍品で終わらず、確固たる地位を確立した証拠とも言えましょう。

大きさ、スペックなどは同様で、スタンドも共通。半額以下の定価で、どこまで独自コンセプトをハイレベルに実現しているかが興味深いところです。

この価格の「小型2ウェイ」の定番、B&Wやモニターオーディオが大きく見える小ささ。いわば激戦のこの価格帯でどう戦えるか?
関連記事
スポンサーサイト




[ 2011/03/26 16:12 ] 業界ニュース | TB(0) | CM(0)
[Edit]

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://audioauction.blog3.fc2.com/tb.php/516-6b9dd215