FC2ブログ








SONY SS-LA500ED

ソニー SS-LA500ED スピーカー メーカー希望小売価格\29,000(税別・一本) ヤフオク中古価格1万円台前半程度 発売2001年10月

マルチチャンネル再生をスマートかつ高品位に実現するという目的で発売された小型機種。

マルチ用フロント、リア用という位置づけ。シリーズになるセンタースピーカーSS-LAC505ED、および、サブウーハーSA-WD200も同時発売していました。

3次元構造の金属キャビネットは音にも好影響だろうし、便利なスタンドも付属、カラーも豊富なので、結構人気が出るかと思いましたが、そうでもなかったようです。

しかし10年経った今から見ると、PC用デスクトップスピーカーとしてかなり有望に思えます。

当時は三浦孝仁氏がピュアオーディオマルチ用スピーカーとして評価していた覚えがあります。

定価の2割程度で買えし、これは隠れたお買い得機ではないでしょうか。



ヤフーオークション ソニーのスピーカー

SS-LA500EDおもな特徴・仕様
キャビネットにマグネシウムダイキャストを採用
3次元形状のラウンドフォルムで定在波を抑える
フラッグシップモデル(当時)である「SS-1ED」や「SS-AL5mk2」で好評のEDトゥイーターを採用
ダイヤモンドホワイト・アメジストパープル・アクアマリンブルー・トパーズオレンジ・パールブラックの5色
デスクトップスタンド付属
使用スピーカー 110mmウーファー、
25mmドーム型トゥイーター、バスレフ方式
公称インピーダンス 8Ω
最大入力 120W
出力音圧レベル 87 dB(1W、1m)
再生周波数帯域 58~70,000Hz
外形寸法(W×H×D) 160×320×220mm
質量 約5.0kg・一本
関連記事
スポンサーサイト




[Edit]

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://audioauction.blog3.fc2.com/tb.php/562-2a6f5bc9