スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)
[Edit]

15年前に20万だったサンスイのコンポーネントステレオと最近の5万程度のステレオ。どちらがいいでしょう?

yahoo!知恵袋で質問日時: 2011/12/5 23:30:46 解決日時: 2011/12/20 06:28:33の質問を参考。

「15年前に20万だったサンスイのコンポーネントステレオと最近出ている5万程度のステレオ。音質的には
どちらがいいでしょう? 」といったもので、

回答は、単品コンポでしたら、15年前のものの方が当然、音質は良いですね。というもの。

質問者が何と何を比べているのかが、わかりづらいために、回答者も複数考えられるパターンを想定して答えています。

まず、たとえばアンプならアンプ単体での話しならサンスイの圧勝でしょう。回路の進歩よりも物量部分の差がでてしまいます。

一方、セットステレオなら話は違います。その場合ならたしか20万円でもそうたいした音ではなかったはず。アンプもミニで現在の単品最低クラス以下のはず。

現在の実売5万円程度のミニコンはパワーこそありませんが、小音量でのクオリティの向上は明らかに感じられます。

昔のものはミニコンでもあまり小音量のクオリティを考えていないので、実際の使用では大きな差がでそう。昔のミニコンはなぜか日本の住環境を無視したパワフル方向にばかり向かっていました。流れが変わったのは96年のケンウッドや98年のオンキヨーあたりからでしょう。

実際、小音量といっても、6畳くらいで大きな音は出るくらいのことです。昔のミニコンは家でPAでもするの?といったものも。

サンスイの古いアンプは性能はいいですが、修理やメンテが大変なので、知識のある人向けだとは思います。
関連記事
スポンサーサイト

[ 2011/12/20 12:17 ] 質問・答えの例 | TB(0) | CM(1)
[Edit]

はじめまして、ランキングから来ました。
これからもいろいろ参考にさせていただきます!
[ 2011/12/21 16:14 ] [ 編集 ]

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://audioauction.blog3.fc2.com/tb.php/784-676a4c5f







上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。