FC2ブログ








ナスペック、AUDIO ANALOGUEとSYNTHESIS製品の取扱いを3月1日に終了

オーディオ機器輸入代理店(株)ナスペックは、同社が取り扱ってきたイタリアのオーディオブランド、AUDIO ANALOGUEとSYNTHESISの製品について、2012年3月1日に輸入販売取扱いを終了することを発表しました。

現在、次の新しい国内輸入代理店はきまっておらず、決定されるまでは、メンテナンスとアフターサービス業務についてはナスペックが可能な限り提供するとのことです。

これは意外で残念です。とくにAUDIO ANALOGUEは海外メーカーながら、比較的安価、しかも小型機もそろえる希少なメーカーだっただけに。しかも、単に安いとか小さいだけでなく、肝心の音の評価も以前から安定して高いものがあっただけに。とくに海外では珍しい小型複合機が印象的でした(このサイトでも複合機のカテゴリーで扱っています。ENIGMA2.0など)。

PCオーディオで小型機が注目されるようになり、ますます存在感を出して欲しいところだったのですが。

まずは次の新しい国内輸入代理店が決まることを祈ります。

そして、これは二の次かもしれませんが、代理店が変わることで、価格が高くなることはなんとか避けて欲しいものです。

このことでAUDIO ANALOGUEの中古ヤフオク市場はどう影響を受けるでしょうか。

関連記事
スポンサーサイト




[ 2012/03/02 12:20 ] 業界ニュース | TB(0) | CM(0)
[Edit]

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://audioauction.blog3.fc2.com/tb.php/820-91f64328