FC2ブログ








オンキヨー、デジタル信号を直接入力できるスピーカーの開発に着手

進歩の遅い業界と言われるオーディオ業界も実は着実に進歩、というか未来化しているようです。

オンキヨーがデジタル信号を直接入力できるスピーカーの開発に着手するというニュースが入ってきました。

オンキヨーグループでOEM事業を担うオンキヨーディベロップメント&マニュファクチャリング(株)というところで、デジタル信号処理技術「Dnote」を採用したデジタルスピーカーシステムの開発をするという話。

デジタル信号を直接スピーカーに入力・再生する試みで、これは従来一般のオーディオでは実現していないもの。

以前からこうした試みをしようという動きはあっても技術的なものなのか、オーディオ愛好家の反発があるのか、なかなか前進しない印象でした。たしかシャープあたりがやろうとしていたはずですが、商売上の理由もあって頓挫した模様。

それでも、スピーカーをデジタルで直接駆動するのは明らかに効率の良さがあり、オーディオマニアックな音質観点ではなく、省エネや低価格化のメリットという一般的な必要性の点から望まれる技術でしょう。

最近はデジタルアンプの小型、安価、そして意外な音のよさにもマニアも驚くということもあり、この技術も単に一般向けの音は二の次とは違ういい音をもたらす可能性もあります。

食わず嫌いにならず期待したいです。

従来のパッシブスピーカーが用なしになるのは悲しいので、そこまでにはならないで欲しいですが。

参考元:http://www.phileweb.com/news/d-av/201203/07/30458.html
関連記事
スポンサーサイト




[ 2012/03/08 16:58 ] 業界ニュース | TB(0) | CM(0)
[Edit]

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://audioauction.blog3.fc2.com/tb.php/823-c459ca87