FC2ブログ








SHARP SM-SX100

シャープ SM-SX100 プリメインアンプ メーカー希望小売価格¥1,000,000(税別) 発売1999年

ピュアオーディオ界からは距離のあった当時のシャープが突如として発表した高級プリメインアンプ。

ただのアンプではなく、シャープが1ビットデジタル方式と呼ぶ、デジタルアンプ方式だったから驚き。いまでこそデジタルアンプと呼ばれるものがいっぱいありますが、当時は皆無。しかもデジタルといいながらもアナログの一種であるPWMでなく、真にデジタル方式といえるPDMデジタル方式。これは今日でもシャープとシャープの流れを汲むNmodeくらいしかものにしていないようです。

デザインも斬新。筐体もコストのかかった豪華なものですが、旧来のマニアにはあまり受けなかったようです。しかし一部マニアにはその音の良さが浸透し、今日のNmodeの存在につながっています。だからこれはまだ過去の遺物や失敗作などではないのです。

第一号機だけにどうしても後の機種よりサンプリング周波数など、技術的に劣る部分もありますが、価格的な物量のメリットはあるようで、価格が折り合えば今でも面白いかも。今のNmodeがこのクラスを出してくれれば…。

ユーザーの声として、デジタル入力よりアナログ入力のほうが良かったという意見は興味深いものです。SACDの1ビット出力を受ける専用端子を搭載していますが、シャープの専用端子。使うなら対応SACDプレーヤーとなります。豊富な入力端子も高級機らしく魅力。ピーコックグリーン、カクテルブルー、チタンシルバーの3種類のバリエーションがあり。リモコンはない模様。トンコン、ヘッドホンなどもなし。

ヤフオクでの実際の取引で相場を読む
211,000 円 45入札 12年3月11日 システム入れ替えの為出品致します、完動品で御座います、見た目もほとんど傷もなく美品だど思います、最近ではオークションでもほとんどでなくなりましたのでこの機会にいかがですか?今回格安より出させて頂きます、付属品はインシュレーター及び電源ケーブル及び元箱になります。



世界初の2.8MHzの高速サンプリング、7次デルタシグマ変調回路を搭載した1ビットデジタルアンプ。
高品質ボリュームを採用
銅メッキシャーシや金メッキ無酸素銅基板を採用
電源部には電流共振型ゼロ電源スイッチング方式のスイッチング電源を使用
バイワイヤリング対応スピーカー端子
入力端子:
ST光デジタル入力:1系統
BNC同軸デジタル入力:1系統
RCA同軸デジタル入力:1系統
角型光デジタル入力:1系統
RCAアナログ入力:2系統
XLRアナログ・バランス入力:1系統
出力端子:
角型光デジタル出力:1系統
RCAアナログ出力:1系統
定格消費電力 130W
最大外形寸法(つまみ・突起部含む/mm):幅472×高さ89×奥行462
質量:約18.5kg
関連記事
スポンサーサイト




[ 2012/04/09 16:44 ] ★アンプ | TB(0) | CM(0)
[Edit]

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://audioauction.blog3.fc2.com/tb.php/841-d67003ad