FC2ブログ








marantz SA-11S2

マランツ SA-11S2 SACDプレーヤー メーカー希望小売価格¥450,000(税別) 発売2007年

ステレオ専用SACD/CDプレーヤー。2007年に発売され、ながらく中級一体型の名機として君臨していましたが、2012年8月に後継機SA-11S3が発表され、惜しまれつつ販売完了。

フラグシップSA-7S1の技術やパーツ類を注ぎこみ、先代のSA-11S1とは大きく異なる内容とされていました。

ドライブメカはオリジナルのSACDM-1。DACにはNPC・SM5866ASを採用。DSPもSA-7S1の PEC777f2をそのまま搭載。アナログ回路は、全てフルバランス・ダブルディファレンシャル構成で、高速増幅モジュールHDAMも多用。

SA-7S1との違いは、アナログ回路とデジタル回路を電気的に絶縁するための絶縁素子「デジタルアイソレータ」が省かれていること。そして、電源部のトランスが120VAから80VAに小容量化していることくらいなので、CPの高さが魅力とされていました。

SA-11S3はメカ、DACも変わり、USBにも対応したDAC機能、ヘッドホンアンプもついたのが大きな違い。ステレオへダウンミックスはされるものの、SACDマルチチャンネルソースの再生も行えるようになったというのも。

新機能がいらないなら、本機の中古もいいかもしれません。

ヤフーオークション マランツのSACDプレーヤー



出力端子:アンバランス(RCA)、バランス(XLR)、光デジタル、同軸デジタル各1系統
消費電力:26W 
外形寸法:440W×127H×413Dmm 質量:16.5kg
関連記事
スポンサーサイト



[ 2012/08/08 12:17 ] ★CDデッキ Marantz CD | TB(0) | CM(0)
[Edit]

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://audioauction.blog3.fc2.com/tb.php/921-2b3e4999