FC2ブログ








ハイエンドショウトウキョウ2012が開催されました。

東京・有楽町の交通会館で10月5日(金)~7日(日)にかけて、恒例のオーディオ展示見本市、ハイエンドショウトウキョウ2012が開催されました。

国内外の様々なブランドが出展され、内容もハイエンドだけでなく、PCオーディオやアクセサリー関連に至るまでなかなかバラエティに富んだものだったようです。

http://www.phileweb.com/topic/index.php?id=710&p=1

小さいものではスタックスの新イヤホンから大きなものではTADの大型スピーカーまでと大きさだけ見てもこの幅広さ。

国内大手メーカーにとってはそうマニアック層にアピールできそうな要素は少ないかと思っていたら、オンキヨーはステレオパワーアンプ「M-5000R」を2台使い、アクティブコントロールGND接続し、BTL接続時の低インピーダンス駆動に不利な条件を回避するという実演を行っていたということで、本格マニアにも面白そうな内容だったのではないでしょうか?

真空管アンプの新製品だとか、オープンリールデッキの実演だとかの一方、最新USB-DACもあるという時代の幅広さも最近の特徴。

オーディオ界は元気になったのでしょうか?
関連記事
スポンサーサイト




[ 2012/10/08 12:51 ] 業界ニュース | TB(0) | CM(0)
[Edit]

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://audioauction.blog3.fc2.com/tb.php/973-ae2a3070