FC2ブログ








イヤホン関連新製品続々

オーディオ業界で元気なのは最近ではどうしてもイヤホン、ヘッドホン関連商品。

それを反映してか、それらの関連メーカーは元気で次々新製品を投入してきます。

また、イヤホン、ヘッドホン業界といっても、実際にはそう一括りにできるほどでもなく、イヤホンメインとか、高級ヘッドホンメインだとかの住み分けというか、メーカーによって製品のあるジャンル、ゾーンは違います。

しかし、業界全体が売れているためなのか、これまでは平和的に?住み分けていた業界にも変化が現れているようです。

この秋の新製品発表にそれが出ているようなのです。

まず、ヘッドホンばかりしか出していなかったドイツのウルトラゾーンが、初めてイヤホンを出すことになりました。

「IQ」「Tio」2機種を10月27日に販売開始。・「IQ」(アイキュー) ¥OPEN(予想実売価格76,000円前後)
・「Tio」(ティオ) ¥OPEN(予想実売価格44,000円前後)といきなりの高級ゾーンでの勝負。

また、ヘッドホン、というより、自分たちでは「イヤースピーカー」と呼ぶ、静電型のヘッドホンで有名な日本のスタックスも、これまではあまり力を入れていなかったイヤホンの新製品を発表。

イヤホン部「SR-002」とヘッドホンアンプ「SRM-002」のセットモデル,SRS-002 ¥47,250(税込)。

これまでにも似たような製品がありましたが、価格がかなり上がりました。その分性能は高まっっているようですが。

このように、どうもヘッドホンといっても、メーカーはイヤホン、それも高級なイヤホンに力を入れてきているのがわかります。

これが今、売れて儲かるオーディオ製品だということなのでしょう。

関連記事
スポンサーサイト




[ 2012/10/16 12:17 ] 業界ニュース | TB(0) | CM(0)
[Edit]

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://audioauction.blog3.fc2.com/tb.php/976-7798a48a